≫ EDIT

漫遊号

     今日は、気温が16℃まで上がりポカポカ陽気の
     穏やかな一日でした。

    いよいよ偕楽園の梅まつりもピークを迎えています。
    梅まつり期間中昔なつかしいボンネットバスが運行
    していると言うので娘とたーくんと三人で乗車して来ました。
    地元にいるのにプチ旅行気分でです。
    なんとも嬉しい無料循環バスなのです。 
    お陰様でたーくんも7ヶ月になりお座りが出来るようになりました。
    こちらのいう事に面白い位反応して良く笑ってくれます。 
ボンネットバス0001
ボンネットバス0001_1
ボンネットバス0001_4
ボンネットバス0001_2ボンネットバス0001_3
     昭和41年製造のボンネットバスは、山形交通が
     新庄から肘折温泉まで“ぎんれい号”として運行
     していたものだそうでボンネットバスとしては最終
     のものだそうです。
     バスの床が木の床になっているのを見て、娘が
     「そう言えば小学校に通っている頃はバスは木の
     床だったよね!」
     なつかしさがいっぱい詰まっていました。
     兎に角ゆれるゆれる♬
     しっかり舗装している道なのに驚きの揺れ具合です。
     昔の砂利道だったらどんなに大揺れだったのでしょう?
     バス酔いするのも分かる気がします。 

     偕楽園公園を出発して向かったのは徳川ミュージアム
     ですがここはパスして水戸市植物公園まで乗車して
     途中下車です。

     水戸市植物公園に“水戸養命酒薬用ハーブ園”が
     4月29日にオープンするそうでハーブ園の入口に
     ドライ・ストーン・ヲーリングが作成されていると言うので見て来ました。
     国際バラとガーデニングショーなどでお目にかかっていた
     あのイギリスのコッツウォールズで有名なハニーストーンを
     使ったものでした。
大賞0001
     ガーデニングショーで大賞を撮った時の作品です。
石積み0001_9
     その時この作品を手がけた神谷造園の神谷輝紀さんが
     ドライ・ストーン・ウォーリングの説明をして下さいました。
     神谷さんは英国の石積ライセンス保持者でもあるそうです。
     英国伝統石の空積みの事を“Dry Stone Walling“”
     と言い、接着材を使わないで石だけで積み上げて行く手法だそうで
     あの3.11でも倒壊しなかったそうです。
     接着剤を使っていないので、それを崩して半永久的に再利用
     できるそうで、100%天然物なので植物や動物などと自然に
     共存する事が出来るそうです。
     正にエコそのものですね。    
石積み0001
石積み0001_1
    道具は主にハンマーと石ノミだけで一石づつ積んで
    いくそうですが、すべて計算された上での作業だそうです。
    カンカンと石を叩く音が響いて、石を叩いているこの姿が
    とても素敵でした。
石積み0001_2
    ただ並べているだけでなく、石積みは厚みがあって重いもの
    から積んでいくそうで、こうして縦に並べると厚みが一目瞭然で
    分かるそうです。
石積み0001_5
    石積みの様子は見ていて飽きない作業です。
    どんな風に出来上がっているのか?後日見学に
    行きたいと思います。
キハダ0001
    薬用ハーブ園入り口にはもう一つ、シンボルツリーが
    お目見えしていました。
    植物園が開園して4月で30周年になるそうです。
    開園当時植えられた木がこんなに成長してシンボルツリーとして
    育っていました。
    シンボルツリー“キハダ”だそうです。
    ベルベリンを含む抗菌作用があり、強い苦みと健胃整腸作用
    があるそうです。
    ハーブ園が開園するのも楽しみです。
石積み0001_6
石積み0001_7
石積み0001_8
    こんな話を伺ったら、植物公園にもありました。
    日本の伝統である石積みです。
    こちらも接着剤を使わず、それこそ手でコツコツと切り出した
    石を積んで作られたものでやはり3.11にはびくともしませんでした。
    日本の技術の方が本当は勝っているのかも知れません。
    
クリスマスローズ0001
クリスマスローズ0001_1
クリスマスローズ0001_2
クリスマスローズ0001_3
クリスマスローズ0001_5
クリスマスローズ0001_4
     植物公園には無数のクリスマスローズが植えられています。
     今年4月で30周年ですから長い年月をかけて植えられてきた
     クリスマスローズが一斉に開花している様子は見ごたえがあります。
     鉢植えのクリスマスローズたちも素敵に咲いていました。
水仙0001
     水仙が群生して咲く姿も良いものです。
アイリスレチクラタ0001
アイリスレチクラタ0001_1
    アイリスレチクラタも素敵に咲いていました。
    広~いところで自然な感じで咲く姿は美しいですね。
    お昼は植物公園で薬膳ランチを食べました。
    体にやさしいランチは1000円で飲み物とデザート付き
    でとても美味しかったです。
    美味しくてペロリと平らげたら写真を撮り忘れました@@

    植物公園を後にして漫遊号は美術館を経由して
    偕楽園へ戻って来ました。
偕楽園0001
    連休の梅まつりは沢山の人で賑わっていました。
    満開の梅林を通り抜けると梅のやさしい香りが体を
    包み込んでくれます。
    梅林を抜けて好文亭から吐玉泉を抜けて下の出口から
    直ぐの所にhanatokoがあります。
    プチ旅行のあとはhanatokoで休憩です。
お茶0001_2お茶0001_3
    娘は梅蜜ソーダ、私はローズヒップとりんごのハーブティ
    にしました。
    歩き疲れたあとのお茶の美味しい事♬
    ゆっくりと時間が流れた一日でした。
    たーくんも一日上機嫌で、久しぶりに娘ともゆっくりおしゃべり
    出来て楽しい一日になりました。

    ブルーつながりで
    我が家のプルモナリアも沢山開花していました。
プルモナリア0001
プルモナリア0001_1
スポンサーサイト

| 偕楽園公園 | 22:17 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜・梅・祭

今日は、気温が12℃と肌寒く雨が降ったり止んだりの
   一日でした。

   3月11日(土)の事ですが、梅まつり(~3月31日まで)が
   開催されている偕楽園で“夜・梅・祭”があると言うので
   出かけて来ました。   
梅・夜・祭0001_9
   お天気に恵まれ夜にも関わらず沢山の人出で賑わっていました。
   年々人出が多くなっている気がします。
梅・夜・祭0001
   自宅から歩いて行くと暗闇に写し出された梅林がライトアップ
   されて現れました。
夜・梅・祭0001_3
   梅の木の間からお月様が覗いています。
梅・夜・祭0001_1
   池に写し出された梅も美しいものです。  
梅・夜・祭0001_2
梅・夜・祭0001_6
梅・夜・祭0001_7
梅・夜・祭0001_12
   ライトに写し出された梅も美しいものです。
梅・夜・祭0001
   竹林もライトアップされていました。
梅・夜・祭0001_5
   好文亭横の門を通り抜けて行くと吐玉泉(とぎょくせん)が
   あります。
梅・夜・祭0001_15
   眼病に効くと言われていた湧水は、茶室何陋庵の
    茶の湯に供用されました。
    今は、O157以来残念ながら飲み水には利用できないそうです。

   偕楽園の庭園には無数のキャンドルで照らし出されていました。   
梅・夜・祭0001_8
   好文亭もライトアップされています。
梅・夜・祭0001_2
梅・夜・祭0001_4
梅・夜・祭0001_13
   西の内和紙(茨城の手すき和紙)を使用したキャンドルが
   園内を照らしています。
   偕楽園の孟宗竹を使用した「竹ドーム」が出現していました。
   後方には梅林が見えています。
梅・夜・祭0001_6
梅・夜・祭0001_7
   能楽堂も開放されていて、能舞台にはお雛様が飾ってありました。
梅・夜・祭0001_11
梅・夜・祭0001_9
梅・夜・祭0001_8
梅・夜・祭0001_10
    フィナーレでは美しい花火が打ち上げられました。
    “夜・梅・祭”を満喫して来ました。
    
    偕楽園の梅は100種類3000本もあるのでまだまだ楽しめそうです。
    

    
    

| 偕楽園公園 | 23:29 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

味噌を仕込みました。

    今日は、気温が13℃までしか上がらず冷たい風が
    吹いていました。

    今日は、あの震災から6年がたちました。
    また愛犬ルイスが亡くなって1年、ルイスの命日でもあります。
    もう6年も経つのに未だに余震が終息しないまま時が過ぎています。
    そんな中、植物たちの芽吹きに勇気付けられました。
    庭の植物たちに、どれだけ元気をもらったか分りません。
    今日も庭仕事が出来る幸せを感じています。
    今日は、味噌づくり&庭仕事&夜は偕楽園の夜祭へ
    盛りだくさんの一日です。

    日に日に暖かくなり寄せ植えも1ヶ月もたつともりもりして来ました。
    寄せ植え0001
    ビバーナム・ティヌス ビオラ ハボタン 
    クローバー プリムラ 斑入りネモフィラなど   
寄せ植え0001_1
寄せ植え0001_2
寄せ植え0001_3
    ビバーナムは初めてなのですが、これから白い花が
    咲いて来るそうです。
    ビオラたちも益々もりもりしてくるでしょう。
    この時期の寄せ植えは長く楽しめて嬉しいです。
    ネモフィラの花色がちょっと合わなかったかも?
    でもこの色好きですねぇ♪
   
    平成元年から始めた味噌づくりも29回目を迎えました。
    今年は糀やさんへの注文が遅れて今頃になってしまいました。
味噌0001_12
    出来立てほやほやの糀菌たっぷりのほわほわ感が
    なんとも言えません。
    糀菌が生きてる!!って感じです。
味噌0001
    一晩水の浸した豆がぷっくりと3倍ほどに膨らんだ姿も
    良いものです。
味噌0001_1
味噌0001_2
    火にかけると見る見るうちにこんなクリーミーな泡になって
    ホイップした生クリームみたいです。
    実はこれは灰汁、灰汁を丁寧に取ってあげると
    吹きこぼれしなくなるので、
    あとはじっくり柔らかくなるまで火にかけるだけです。
    味噌づくりはこちら
    今年は、普通の大豆と黒豆で味噌を仕込みました。
    これで秋まで美味しい味噌が出来上がるのを待つばかりです。

    庭は、春の日差しを浴びて賑やかになって来ました。
水仙0001
    前回蕾だった水仙が咲き出しました。
    蕊が黄色い色をしていますが日が経つにつれ
    私好みのクリーミーホワイトへと変化して行きます。
水仙0001_1
水仙0001_2
    毎年ビタミンカラーで咲いてくれる小さな水仙はティタティタ
    こちらはいつの間にか咲いていました。
    毎年ながら小さくてかわいいな♪    
プルモナリア0001
    寒さに首を縮めて咲き出したプルモナリアも
    大きく首を伸ばし咲いています。
    この色合い好きですねぇ。
ヒヤシンス0001
   植えた覚えのないヒヤシンスも毎年数を増やして
   咲いてくれます。
   なんにもしないでも咲いてくれるのは嬉しいですね。
プリムラ0001
   一昨年寄せ植えで使ったプリムラが咲いていました。
   意外に手を掛けない方が元気に育つのかも知れません(笑)
   今年購入したラナンキュラスラス ラックスシリーズ ヘナは
   こんな感じで咲いています。
ナンキュラス0001
ラナンキュラス0001
   背丈があるので結構華やかな感じで咲いています。
   咲き始めから色が退色して行く様がとっても良い感じです。
   本当に地植えにして大丈夫?
   でも地植えにしてみたいと思います。

   今日は庭仕事と言いながら庭に芽吹いた草花たちを眺めて
   終わってしまった気がします。
   庭植えのバラたちの手入れはすんだのですが、鉢植えのバラたちが
   残っています。
   葉っぱが動き出したので急いで手入れしてあげようと思います。
   偕楽園 夜・梅・祭へつづく


| 暮らし | 22:19 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日に日に春

      今日は、朝のうち暖かいと感じられたのですが気温は
      12℃までしか上がらず、昨日が暖かすぎたせいか
      とても寒く感じられる一日でした。

      庭の草花たちは庭のあちこちに芽を出して小さな花を咲かせ
      始めました。
梅0001
      昨年から数輪咲き始めた梅は今年になって沢山の花を
      咲かせてくれました。
      例年より随分早い開花となりました。
      過ぎて見れば今年は暖冬だとか?
プルモナリア0001
プルモナリア0001_1
プルモナリア0001_2
プルモナリア0001_3
     プルモナリアが好きで、庭のあちこちに植えています。
     この小さな花たちに出会えると、いよいよ春の足音が
     急速に近づいてきた気がします。
     最近は色々な種類があってブルーやピンクや葉っぱの
     色合いなど様々で、色の変化を見るのも楽しいです。
     土の中から突然現れたようなぷくぷくの蕾が可愛らしいです。
コレオプシジュウム0001
    零れ種からどこに出没するか分からないです。
コリダス0001
    毎年枯らしてしまっていたコリダスでしたが、昨年花後の手入れを
    教えて頂いて無事夏越しが出来ました。
    こんなに沢山の葉っぱが出て来ました。
    無事開花してくれるでしょうか?
    楽しみです♪
原種シクラメン0001
     原種シクラメンも咲いてきました。
水仙0001
    先日まで葉っぱだけだった水仙にも蕾が見えて来ました。

    庭のバラたちは、何とか2月中になんとか剪定施肥などが
    間に合いました。
    気が付けばもう気の早いバラは葉っぱが展開して来ています。 
銀河0001
チャイナの銀河は赤い葉っぱをしています。
群舞0001
    黄緑色の美味しそうな葉っぱは群舞
野バラ0001
    野バラも小さな葉っぱを覗かせています。
    今年のバラの開花は例年より早くなりそうな気配です。

    クリスマスローズも次々に花を咲かせています。
クリスマスローズ0001_1
クリスマスローズ0001
クリスマスローズ0001_3
クリスマスローズ0001_2
クリスマスローズ0001_4
    庭には小さな愉しみがいっぱいです。
    

| | 21:49 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

段々に春

      今日は、気温が17℃まで上がり春のようなポカポカ
      陽気で偕楽園の梅が一気に咲き出していました。
      夕方になって雨が降り出し春の嵐のような風が
      吹いていました。
      三寒四温と言いますが、日に日に春めいてきました。

      庭の草花たちも春に向かって芽を出してきました。       
スノードロップ0001
      絶えたと思っていたスノードロップが咲き始めました。
      今年もこの可愛らしい姿に出会えて嬉しいです。
スイセン0001
      バルボコジューム・モノフィラスもいつの間にか咲いていました。
      原種の水仙ですが中々増えてくれません。
バイモユリ0001
      気が付けばバイモユリがこんなにもりもり芽を
      出していました。
      毎年どんどん増えて沢山の花を咲かせてくれるバイモユリ
      は、春の足音をいち早く伝えてくれる気がします。
クリスマスローズ0001
クリスマスローズ0001_1
クリスマスローズ0001_2
    クリスマスローズたちも次々に開花しています。
    少ない花数でも咲き始めると存在感がある気がします。

    庭にいる時間が少ないので鳥さんたちに中々出会えません。
シジュウカラ0001
    そんな中、シジュウカラがピーナッツを食べに来てくれました。
スズメ0001
    スズメもやって来ました。
    スズメはとっても敏感で、カメラのシャッターの音を聞いただけで
    直ぐに逃げてしまいます。
    小鳥たちのピーナッツを啄んでいる姿は可愛いですね。
ジョウビタキ0001_2
ジョウビタキ0001_1
ジョウビタキ0001
    ジョウビビタキが水浴びをしていました。
    今年も、巣箱にシジュウカラが巣営してくれると嬉しいな♪

    先日の園芸店での全品三割引きセールでは、普段手を
    出せないお値段の植物も割引だったので買ってしまいました。
ラナンキュラス0001
    ラナンキュラスラス ラックスシリーズ ヘナ
    昨年、ブルーグレーガーデンへ行った時切り花として
    沢山生け込してあって素敵だなぁ!と思っていたシリーズでした。
    hiroroさんのブログでも紹介されていたシリーズです。
    昨年は、園芸店でも鉢物はとってもお高くて手が出ませんでした。    
    今年は値段もかなり下がっていてさらに三割引きだったので
    しっかり手が伸びてしまいました。   
    お店の方のよれば、来年はもっと大株になるそうです。
    ホントかなぁ?咲いてくれたらお安いかも?    
シュクレ0001
    そしてこんなバラも買ってしまいました。
    こちらも普段手を出せませんが、割引の力には負けてしまいました。
    河本さんのバラシリーズのシュクレです。
    気難しいバラだという事ですが、丁寧にお世話してあげれば
    上手く咲いてくれるのではないかと期待しています。
    兎に角セールという言葉にはとっても弱いのです(笑)

    
        
    

| | 20:39 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT