≫ EDIT

ローズトーキング

    今日は、朝の冷え込み気温はー5℃と寒い朝を迎えました。
    日中の気温は11℃まで上がり小春日和の穏やかな一日でした。

    月曜日の事になりますが、水戸市植物公園でローズトーキングが開催
    されると言うので出掛けて来ました。


     「ローズトーキングバラと宿根草の庭」
ローズトーキング0001
ローズトーキング0001_1
    デビッド・オースチン・ロージズ社 テクニカルエキスパート 平岡 誠氏と
    京成バラ園ヘッドガーデナー 村上 敏氏の話を伺いました。
ローズトーキング0001_2
        写真コンスタンススプライ つるバラの様に扱えるシュラブ
    今回は、主にバラを引き立てる草花の話などをして下さいました。
    バラの花柄摘みをするか?しないか?
    *イングリッシュローズは花びらが散る品種が多いので、花柄摘みを
      殆どしないそうです。
    *京成バラ園では、豆に花柄を摘んで手を掛けて綺麗に咲かせている
      との事でした。
      何故花柄を摘むのか?勿論綺麗に見せるためと・・
      ・花が散らないバラはカビが生えたり病気になるのを防ぐために      
      ・実がなって木を弱らせる品種は、実を付けさせないために  
ローズトーキング0001_5
      写真イングリッシュラベンダーとアリウムギンガチウム
     イングリッシュガーデン 
      広大な土地の中に城や池があったり、木々の中を散策出来たり
      形成式庭園があったり、花薗があったりと日本では考えられない
      位の広さがあるという事でした。
      ガーデナーの手によって、あたかも植物がそこに育っている
      ように見せているが、実は四季を通して植物を総入れ替えしていたり、
      全部が鉢植えで遠目には庭に見えたりと言う見せるガーデンも沢山
      あるという事でした。
      イギリスのイングリッシュガーデンと同じ植栽をするのは、
      日本の気候に合わない植物があるので難しいそうです。
      *日本の気候にあった植物を使うのが望ましいそうです。
ローズトーキング0001_3
     写真エリンジウムとフウロソウ
      テーマであるバラと宿根草の庭を作るために・・    
       *一番大事な事は、三年後にそれぞれの植物がどんな大きさに
         成長するのか?植物の性格を知る事が大事だという事でした。
       *バラと宿根草を共存させるには・・
         ・丈夫なバラを選ぶ事
         ・肥料は極控えめにする事
           宿根草がバラに勝ってしまうという事でした。
           宿根草が冬になって枯れてその枯れ草が土に還ってを
           循環させて環境を整える事。
       ローズトーキング0001_4
           バラは光が大好きなので、他の植物にバラが覆われない
           ようにする工夫も大事だそうです。
           バラに合う宿根草
             *ラミウム(オーレア系がお薦め)
             *アジュガチョコレートチップス
               (斑入りのアジュガは日陰だと緑になってしまうので×) 
             *ティアレラ
               (ヒューケラは形が崩れるのでお薦めできない) 
             *穂状に咲くもの
               (ベロニカ系・ガウラ・ミツバシモツケなど)
             *オーレア系のクリスマスローズ
               (花が無い時期でも一年中葉っぱが美しい)               
             *銅葉のアスチルベ
             *原種シクラメン(コームやヘデリフォリウム)
          バラとクレマチスは相性が悪いというお話も
             *バラもクラマチスも光が大好きな植物なので、
               一緒に植えてしまうと強い方が勝ってしまうそうです。
             *株元を離して植えてたま~に一緒になる部分を作るのが
               望ましいという事でした。
             *バラと植えるのは新枝咲きのクレマチスがより望ましい
               という事でした。
             *クレマチスは30~40cmまで育ってもそれ以降光が
              当たらないと枯れてしまうので、必ず上まで伸びるまで
              光を絶やさないのがコツだとか・・            

      ここは日本なんだ~!!
      日本に合った植物を使って無理のない色使いや質感を楽しみながら
      長~くバラや植物と付き合って行きましょう!
      と仰っていました。
      お二人のテンポの良いお話はとっても楽しく庭作りのヒントと沢山の
      刺激をもらいました。
              
クリスマスローズ0001
     植物園の会場のクリスマスローズ
     見事でしょう!!
スノードロップ0001
セツブンソウ0001
     スノードロップやセツブンソウが林の中に沢山咲いている
     姿がなんとも可愛らしいです。
     冬の植物公園はこれから地植えのクリスマスローズなどが次々に
     開花する気配です。
     
スポンサーサイト

| 七ツ洞公園 | 21:26 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

森の響&桃宴

    今日は、朝の気温が−3℃と寒い朝を迎えました。
    日中は13℃まで上がり、久しぶりにお天気の良い
    暖かい一日になりました。
    夜になり雨が降り出しました。
    久しぶりの雨で庭が潤ったのではないでしょうか。
    明日は気温が高くなりそうな気配です。

    昨日の事ですが、レース&花友と一緒に笠間方面へ
    プチ遠足に出かけて来ました。
    私の大好きな山野草&カフェギャラリー「森の響」さんへ
    久しぶりの訪問です。
森の響0001
    スッキリと晴れ渡った青空に冬枯れの木々の枝が
    映えるとても美しい光景です。
    お店の中からこの景色をのんびりと眺めるとホッとします。
森の響0001_2
    お店の入り口には素敵な寄せ植えや鉢が並んでいます。
    可愛らしい犬の張子が出迎えてくれました。
森の響0001_1
    店内は薪ストーブが焚かれていて店主のニコニコ笑顔と
    共に出迎えてくれました。
森の響0001_3
森の響0001_4森の響0001_8
森の響0001_5
   春を告げるスノードロップがこんな苔玉の寄せ植えに
   なっていました。
   コウヤボウキの綿毛がピンク色をしています。
   こんなシックなピンク色の綿毛も好いものです。
   家のは白かったのにこちらはピンク色をしています。
   ピンクになるのと白になるのがあるそうです。
   また雄木雌木もあるそうで葉っぱの形も違うそうな・・

   そして今日の楽しみは、予約をしておいたランチでした。   
森の響0001_6
森の響0001_7
    生まれて初めて食べたネギの根っ子の天ぷらが
    甘くてシャリシャリしてとっても美味しかったです。
    ネギの根っ子がこんなに美味しいとは思ってもいませんでした。
    そして春の香りがしっかり詰まった蕗の薹の美味しい事・・
    店主手作りの地の物を使った季節のお料理は体にほっこり
    染みわたる美味しさです。
    デザートのぜんざいも小豆の香りがして美味しくいただきました。
    自然の庭を眺めながらのおしゃべりが弾んだのは言うまでも
    ありません。

    お腹も一杯になって向かったのは
    笠間芸術の森公園内『笠間工芸の丘~クラフトヒルズ 笠間』です。
    笠間焼で出来た陶雛の展示をしていると言うので行って来ました。
    「桃宴」~3月4日(日)まで開催中
    近隣のお店でも色々なイベントを開催しているそうです。
陶雛0001
陶雛0001_1
陶雛0001_2
陶雛0001_4
陶雛0001_3
陶雛0001_5
陶雛0001_10
陶雛0001_9陶雛0001_8
陶雛0001_6
陶雛0001_11
陶雛0001_7
     色々な表情をしたお雛様たちが並んでいます。
     写真を撮り切れない程の陶のお雛様たちが展示即売
     されていました。
     お雛様の表情を見ているだけでほっこりあったかい
     春を感じる事が出来ました。
     期間中、陶芸の丘以外のお店にも出かけて見たくなりました。


| お出かけ笠間 | 21:12 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春~よ来い♪

    今日は、久しぶりに朝の気温が0℃と暖かい朝を迎えました。
    日中も10℃まで上がり小春日和の暖かい一日でした。
    
    今日は立春ですね。
    今日から春の始まり・・でも実は冬で一番寒い日にあたるそうです。
    日に日にお日様の時間が伸びて寒さが和らいでくるのでしょう。
    
    今日に庭は、お日様が当たって日差しが何となく春の日差しのような
    光で庭を照らしています。
    連日の寒さで庭の草花たちは、例年ならしっかり芽を伸ばして
    いる筈のものが居なくなってしまっているものがあります。
    そんな中春を告げる花たちに会うと嬉しくなってしまいます。
クリスマスローズ0001
    -8℃まで下がった日が何日かあったのにも関わらず、
    クリスマスローズの花が咲き始めました。
    小さなコロンとしたまあるい花弁の中は八重のようです。
    トルカータスの交配種でしょうか?
スノードロップ0001
    今年はスノードロップが出てこないなぁ?と半分諦めて
    いましたが、スノードロップ発見です。
    嬉しいな♪
    あっちに一輪こっちに一輪・・中々増えないなぁ。   
バイモユリ0001
    日差しが暖かそうでしょう?
    気が付けばバイモユリの芽がこんなに出ています。
モミジバフウロソウ0001
    モミジバフウロソウの葉っぱも生き生きしています。
ビオラ0001
    ビオラも何だか元気になって来ました。
    紫のビオラ好きなんです♪
‭ビオラ0001
    園芸店に寄ったらこんビオラを見つけました。
    もう終わりだからと半額にしてくれました~
アネモネ0001
    こんな素敵色のアネモネも見つけてしまいました。
    地植えのアネモネはまだまだ咲く気配はありませんが、
    園芸店ではアネモネが花盛りになっていました。
    寒くても園芸店に出かけると春を先取りした花が
    咲いています。        

    昨日、銀座に用事があったので娘たちと待ち合わせて
    出かけて来ました。
    たーくんも一緒です。
    歩行者天国になっていたので、たーくんは鳩を追いかけて
    嬉しそうにはしゃいでいました。
    バレンタインと言うのでデパートの特設会場も覗いてみました。
    日本初出店などと言うお店も沢山あって、色々なチョコレートを
    試食して来ましたよー(笑)
    そしてちょっぴりお買い物も。

    初GINZA SIX ギンザ シックスは時間が無かったので
    食いしん坊の私はFOODフロアへ(笑)        
タルトタタン0001
タルトタタン0001_1
   真っ先に目に入ったのがこのお菓子    
   PHILIPPE CONTICINI(フィリップ・コンティチーニ)」の
    「クイニータタン」を買って来ました。
   家に帰ってから知ったのですが、
   クイニーアマンとタルトタタンを掛け合わせたお菓子だとか。
   外は香ばしくてパリパリ中は甘酸っぱいりんごが入っていて
   超美味しかったです♡
  
 

| | 20:48 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第17回東京国際キルトフェスティバルⅡ

    今日は、最低気温が−5℃と寒い朝を迎えましたが
    日中は久し振りに10℃まで上がり暖かく感じる1日でした。

    今日は、スーパーブルーブラッドムーンという事で、
    くっきりと現れたお月様を見る事が出来ました。
    つい先日お正月だと思ったのに、今日で一月もで終わりです。

    キルト展の続きです。
キルト0001_43
キルト0001_44
    はずむ心
    キルトフェスティバルのポスターになった作品です。    

    特別企画 モラ    
キルト0001_12
キルト0001_13
    中山 富美子先生の作品です。
キルト0001_52
    モラらしい色使いの作品です。
    すご~く大きいです。
キルト0001_11
    創作部門一位の作品です。
キルト0001_50
キルト0001_51
    米永 真由美先生の作品です。
    ビーズをふんだんに使った龍のリアルさに驚きました。
キルト0001_45
キルト0001_46
     青い星の世界
     モノトーンの落ち着きのある作品です。
キルト0001_3
キルト0001_42
     自然をテーマにした作品です。
     色々なトケイソウが描かれていました。
キルト0001_35
キルト0001_36
      先日見て来た水族館を思い出しました。
      お魚たちが生き生きと泳いでいるように見えます。
キルト0001_33
キルト0001_34
     花ごよみ
     和布を使った作品は9年の歳月が掛かっているそうです。
キルト0001_17
キルト0001_18
     フェルトを使ったこんな賑やかな展示もありました。
     ミシンキルトです。
キルト0001_24
キルト0001_25
     風のネックレス
     この作品を見たら、どんな小さな布切れも捨てられない!
     と思う程沢山の布の切れ端が使われていました。
キルト0001_31
キルト0001_32
     望郷
     物語のような作品です。
キルト0001_47
キルト0001_48
キルト0001_49
     中学生の子供たちが作った作品です。 
     子供たちの自由な発想が布で表現されていました。

     年々進化するキルトの作品に沢山の刺激をもらいました。
     


| お出かけ東京 | 21:33 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第17回東京国際キルトフェスティバルⅠ

    今日は、朝起きたら一面銀世界でした。夜になって雨が
    降り出した記憶があるのですが、いつの間にか雪に
    なっていたようです。先日のような大雪では無かったので
    日中はかなりの勢いで溶けていました。
    最低気温が−3℃日中は5℃までしか上がらずかなり寒い
    空気の冷たい一日でした。

    今年も、妹からキルト展の招待券があるから行かない?と
    連絡があったので、日曜日に出かけて来ました。
    久しぶりの妹とのお出かけは嬉しく楽しかったです。

    第17回東京国際キルトフェスティバル
      ~2018年1月31日 
  
     特別企画展 若草物語をテーマにしたキルトたちの
     メインを鷲沢玲子先生が作られていました。  
キルト0001
キルト0001_1
キルト0001_2
キルト0001_40
     木の葉っぱや果物、食器や草花までみ~んなキルトの
     世界です。
     スライスのりんごやティポットもこんなものまで布?キルト?
     本当に繊細で素敵な作品です。
キルト0001_37
キルト0001_4
     鷲沢 玲子先生の作品は
     メグのウウェディングリングと言う題名が付いていました。

     そのお隣には、三浦百恵さんの作品です。
キルト0001_6
キルト0001_39
    私の人生~メグの場合~
    若草物語の四姉妹の長女メグをキルトで
    表現したそうです。
    旅先で出会った布やビンテージのリボンを使っているそうです。

    日本キルト大賞の作品です。
キルト0001_14
キルト0001_15
    眞田 雅子さんの作品です。
    華曼荼羅 古い着物や布団などの布地やビーズなどを
    あしらって華やかなキルトになっています。

    「はらぺこあおむし」で知られる絵本作家
    エリック・カールの額絵キルトたちです。
キルト0001_19
キルト0001_20
    福井暁子先生の立体的になっているキルトは
    前から見ても横から見ても楽しい作品です。
キルト0001_21
キルト0001_41
キルト0001_22
キルト0001_23
    色の表現を絵本と同じに表現されているのにも驚き、
    それぞれの作品の中に作家の方々の細やかな
    手法が使われていて、これが布?糸?驚くばかりです。
   
    つづく・・  

| お出かけ東京 | 21:37 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT