| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

茨城県北学習センター遠足

    今日は、日中の気温が30℃まで上がり汗ばむ
    真夏のような暑い一日でした。

    今日は、コミュニティガーデナー養成講座の遠足
    がありました。
    前々からず~っと行って見たいと思っていた場所へ
    遠足なので朝からワクワク気分、家を6:00に
    出発しました。

    午前中は、世田谷にある世田谷フラワーランド
    正式名称:世田谷区立瀬田農業公園
世田谷フラワーランド0001_5
世田谷フラワーランド0001_6
    都会のど真ん中に、なんと水車小屋のある公園がありました。
    世田谷区民が植物に親しみ地域のまちづくりの一環
    として作られた公園だそうです。
世田谷フラワーランド0001_3
    無農薬で栽培されたバラたちがのびのびと咲いていました。
世田谷フラワーランド0001_1
世田谷フラワーランド0001_2
    無農薬のバラ栽培の講師として梶みゆき先生が
    ご指導をされているので、この日は一日梶みゆき先生とご
    一緒させていただきました。
世田谷フラワーランド0001_4
世田谷フラワーランド0001
   沢山のバラの咲き乱れる公園では沢山のボランティアの
   方々がお仕事をされていました。
世田谷フラワーランド0001_7
   苗の育種なども公園内でされているとのことです。
   地域のみんなが集まって参加する、参加型の公園活動など
   今学んでいる事を実践している場所を見学出来た事は
   とても勉強になりました。
   梶みゆき先生の案内と職員の方の説明が加わって
   とても楽しく分かり易いお話をしていただきました。

   午後に向かったのは、
   茨城県常総市にある坂野ガーデンです。坂野家0001
坂野家0001_1
    重要文化財に指定されている坂野家住宅は
    テレビの撮影などにも登場している所です。
    落ち着きのある佇まいを通り抜けると
    坂野ガーデンにたどり着きます。
坂野ローズガーデン0001
    約700品種が植えられている森のガーデンが
    ありました。
坂野ローズガーデン0001_1
    アイスバーグと野バラが自然のアーチを
    作りあげています。
坂野ローズガーデン0001_3
     つるアジサイが木の天辺まで登っています。
     こんな様を見るのは初めてでした。
     驚きの風景です。
坂野ガーデン0001_1
    野バラが群生していました。
坂野ガーデン0001
    森の中が迷路のようになっていて、バラが咲く小道を
    散策して歩くのは良いものです。
    真夏の様に暑い日でしたが、森の中は涼風が吹いて
    心地よかったです。     
坂野ローズガーデン0001_2
    川沿いへ下って行くと、突然華やかな光景が
    目に入ります。
    沢山の花たちが咲いていました。
坂野ガーデン0001_4
坂野ガーデン0001_2
坂野ガーデン0001_5
坂野ガーデン0001_6
坂野ガーデン0001_3
    ゆっくりと自由散策をして、バラの香りを胸いっぱい
    吸いこんで大満足の一日でした。
    坂野ガーデンはまだ5分咲き位でしたから、まだまだ
    バラシーズンを楽しめそうです。
   
    またまた留守をしている間に、庭のバラたちがさらに
    咲き進んでいました。
スポンサーサイト

| 講座 | 20:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラ講習会

     今日は、気温が15℃までになりましたが、
     日差しはあるのに冷たい風が吹いて
     体感温度はもう少し低い気がしました。

     今日は、先日訪れたホーマック那珂花木センターで
     小山内健さんの「バラの育て方講習会」があると言うので
     出かけてきました。
講習会0001
     京阪園芸の和バラたちが沢山の花を咲かせて
     展示してありました。     
講習会0001_1
    バラは咲いていない時の手入れが大切だという事で
    主に冬に向けての手入れの仕方などを教えて頂きました。

    最近、世界的に特にヨーロッパでは昔に比べて病気に掛かりにくい
    強いバラが主流になってきているそうです。
    日本の傾向は、
    咲き始めから最後まで綺麗な状態で咲くバラ
    花つきが良く名前が覚えやすいバラ
    可愛らしく香りのよいバラ
    が好まれているそうです。

    バラは最高気温が5℃以下になると休眠期になるそうで、
    本当は休眠期に植え替えをするのが良いそうです。
    この辺りでは、この気温になる日が続くことはほんの数日
    しかないので、バラの顔色をうかがって作業をしなさい!
    ですって。
    ・枝の色が赤みを帯びてくる
    ・青々としていた葉っぱも赤みを帯びてくる
    ・急に黄色くなってくる枝は栄養が行き届いてないので切り取る
    
    寒くなるとバラの中のでんぷんが糖に変わって枝に糖を
    蓄えて株が太ってくるそうです。
    さらに充実させるために肥料をあげるのですが、
    特にカリ分(草木灰など)の多い肥料をあげると幹が固く
    充実した株になるそうです。

    講習会では、暫くの間鉢に入ったままで根詰まりをしている
    バラえを植え替えて実践してくださいました。    
    講習会0001_2
    根っ子がパンパンに詰まってさらに草まで生えています。
    さらに土もかちんかちんでした。
    特にカタバミはダニの住み家になるので注意がいるそうです。    
    講習会0001_3
     肩の所を土をむしり取るようにして土を崩します。
    講習会0001_4
     ハサミで縦に切り込みを入れながら土を崩します。
     表面に見える白い根は新しい土に植え替えると枯れるので
     根をほぐす時も特に注しなくて良いそうです。
     黄土色をした太い根は傷つけないように気つけながら
     作業をしてくださいとの事でした。
    講習会0001_5
    パンパンだった根っ子がこんなに良くほぐれました。    
    講習会0001_6
    鉢の中では空気を蓄えることが重要だそうで
    そのためには水が上手に流れるようにと
    こんなに沢山の穴が空いている鉢がお薦めと言っていました。
    こんな鉢では鉢底石を使わなくて良いそうです。

   講習会0001_8
    植え替えたばかりの鉢の土に一気に水を送り込むことによって
    土が落ち着き空気の層が出来るそうです。
    茶色の水(細かすぎでバラに不必要な土がでている)が出なくなって
    透明な水がでるまで必ずやる事が重要だそうです。
    この作業をすることによって鉢の中は、水はけの良い空気を
    たくさん含んだ状態になるそうです。
    本来バラは乾燥を好む植物なので、風の通り道を作ってあげると
    良いそうです。
    鉢の中は湿気を嫌うので乾燥気味に育てるのが良いそうです。     
講習会0001_7
    つるバラの扱いなども教えて頂きました。
    誘引する時は、先端の方を持って何度かしならせていると簡単に
    しなるようになるのでそれから誘引していくと良いそうです。

    短い講習時間の中で、よくもあんなに盛り沢山話せるものだと
    感心してしまいました。
    しかもピンポイントでおさえる所はきちんとお話しされているのも
    流石だと思いました。

    バラは、最近手抜き過ぎて忘れていたことがいっぱいありました。
    冬に向けて植え替えを頑張ろう!と言う気にしてくれたのは
    言う間でもありません。
    今日も沢山の刺激をいただきました。
    

| 講座 | 19:52 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラ講座

   今日は、気温が24℃で雨が降ったり止んだりという一日でした。
   最大級という台風が発生しているので進路が気がかりです。
 
   土曜日に、日立かみね動物園・遊園地にある
   “日立市ホリゾンかみね”で開催された
   “梶みゆきのバラ講座”へ出かけて来ました。   

   無農薬でバラを育てるためのバラ選びや栽培方法などを
   教えて頂きました。
バラ講座0001_1
    スライドなどを使っておすすめのバラが咲いている様子や
    バラの下草の話などをしていただきました。
    梶みゆきさんが無農薬でバラを育てる指導をしている
    コミュニティガーデン世田谷の様子です。
    無農薬で育てて16年になるそうですが、こんなに沢山の
    花を咲かせています。
   ◎ 強いバラを選ぶ
     下草を合わせられるよう枝がしなやかで四季を通して
    沢山咲いて丈夫なバラを選ぶことが大事だそうです。

    ノアゼットやハイブリットモスカータなどがお薦めだそうです。
     🌹バフビューティ・ラマルク・ペネローペ・アリスターステラグレイ・
       バブルバスなど    
   
   ◎バラを植えこむ場所を選ぶ
     風通しが良く、午前中太陽が当たる場所
     土に病気がない場所
     除草剤などを使っていない場所
     バラが植えられていない場所など
     水の溜まり易い場所は避ける
     バラに適した場所を選んで植えこんであげると、無農薬で
     バラが気持ちよく育つそうです。
   ◎バラの系譜を学ぶ事は、バラを育てるのに大事な事なので
     是非学んで欲しいという事でした。
   ◎日々の観察が大事
     カメムシ・コガネムシ・カミキリムシ・ゾウムシなど
     日々の観察で見つけて捕殺するのが大事だそうです。 
   
    バラで風景を作るように下草も重要との事でした。
    下草と合わせられるバラを選ぶ事も庭作りのポイントなんだ
    そうです。

    鉢植えの土
バラ講座0001_2
    馬糞 マルチングにもそのまま使えて軽くて使いやすい
    もみ殻くん炭 水分や栄養分を蓄える働きがある
    かき殻     土のPH調節とミネラルなどの補給
             バラの枝が固く締まって来るのが
             実感できるそうですよ。
    赤玉土小
    鉢底用軽石は水切りネットに入れて使用
    これらを混ぜ合わせた土にバラ苗を植えこむ様子を
    実践してくださいました。

    カミキリ虫対策
バラ講座0001_3
   材料:黒の水切りネット・銅の針金
   使い方:水切りネットを折り返し、針金で
        縫物をするようにネットに差し込みます。
        出来上がったネットをバラの足元に針金を
        使って巻き付けます。
   効果バツグンだとか!
     
バラ講座0001_4
   受講生には梶みゆきさんが選んでくださった
   苗の配布がありました。
   Hybrid Perpetual Rose エリザ・ボエル Elisa Boelle
   Hybrid Musk Rose エクセレンツ・フォン・シューベルト
                      Excellenz Von Schubert
   Tea Roseペルフェクシオン・ドゥ・モンプレージュ
                      Perfection de Montplaisir   
         マダム・ジョゼフ・シュヴァルツ Mme Joseph Schwartz
   Damaskマダム・ゾイットマンMadame Zoetmans
   Bourbonマダム・アルフレッド・ ドゥ・ルージュモン
                      Mme. Alfred de Rougemont
   香りがよく四季を通して良く咲くバラたちが配られていました。
   どんな風に咲いてくれるのか?楽しみです。
   ちなみに私は、エリザ・ボエルを頂きました。
   
   講座の後のお楽しみ♪
山文魚0001
   久しぶりに魚の美味しいお店“山文魚”へ行きました。
   雰囲気のある店構えに心魅かれます。
山文魚0001_1
魚0001魚0001_1
魚0001_2魚0001_3
魚0001_4
    当日捕れたての新鮮な魚を調理してくれるので
    何を食べても、魚ってこんなに美味しかったの♪
    カサゴの唐揚げはカリカリふっくらとメヒカリがぷっくりと
    柔らかなのに骨までしっかり揚がっているし、海老フライの
    プリプリ感は何とも言えません。
    金目鯛の煮つけは目玉までしゃぶりついてしまいました。
    美味しくっておしゃべりも楽しく弾みました。
    
  大好きなバラの話は何回聞いても奥が深いです。
  梶みゆきさん 森さん Rちゃん 大変お世話になりました。
  明日は、荒れ放題の庭の手入をしましょうか!!  

| 講座 | 21:53 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラ講座のお知らせ

   
   バラ講座のお知らせです。
 
   オールドローズの火付け役でもあり、不可能と言われた農薬を使わない
   栽培を可能にしたバラ研究家であり、私が無農薬栽培へのきっかけを
   作って下さった、私の大好きな 梶みゆきさん のバラ講座が、
   またまた催されます。

山の庭0001_1
                       今年初夏 梶みゆきさんの山の庭
            
    2016年10月01日(土)13:30~16:00 

     バラの基本から宿根草・園芸にまつわる様々な事を、
     ホットな情報まじえてお話ししてくれるそうです。    
      受講料2160円
      教材費2800円(ローズアンティークの嬉しい苗のお持ち帰りがあります)
      梶みゆきさんが厳選されたバラ苗だそうです。
      募集 50名
      会場:ホリゾンかみね(かみね公園隣接)

      参加申し込み・お問い合わせは
      茨城県県北生涯学習センター
      TEL:0294-39-0012

      ホームページからの申し込みもできます。
      
      
      
           

| 講座 | 02:32 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラ講座

   今日は、気温25℃と過ごし易い気温ですが
   梅雨空のどんよりとした湿気の多い一日でした。

   土曜日の事ですが、茨城県北生涯学習センター主催の
   梶みゆきさんの講座があると言うので、出かけてきました。

   当日は、梅雨の晴れ間で気温が30℃近くまで上がり
   カンカン照りのとても暑い日でした。
   会場は、常陸多賀にあるスタジオインパクトで開催されました。
  
講座0001
講座0001_1
  前半は、梶先生のご自宅や山の庭、また梶先生が化学薬品を
  使わないで指導されている世田谷のフラワーランドの写真
  などを交えてお話ししていただきました。
  バラと下草の色合わせなどとても参考になりました。

  後半は、炎天下での課外授業となりました。

講座0001_2
  講座0001_2

  マダム・アルフレット・キャリエール、モッコウバラ、アルベヌティーヌなど
  花が終わった後にビュンビュン伸びるシュートや古くなった枝をどのように
  剪定したら良いかを実践していただきました。
  夏の剪定はとても重要だという事を改めて実感しました。
  特に一季咲きのバラは、花後の剪定が大事だと仰っていました。

講座0001_3
講座0001_4
  不要な枝を惜しげもなく剪定する様子を見て、
  受講された方々は、剪定する勇気をもらったのではないでしょうか。

  バラの季節が過ぎホッとして、バラの手入れをつい怠りがちでした。
  花後の手入れ次第で、冬の手入れがどれだけ楽になるかという事を
  実感した講座でした。

  実は、スタジオインパクトの庭はFOREST+さんのプライベートガーデン
  でもあります。
  化学薬品に頼らない庭作りを実践されているFOREST+さんのバラは
  みんな元気いっぱい素敵なガーデンでした。
  
FOREST+0001
FOREST+0001_1
  チーゼルがこんなに大きく育っています。
FOREST+0001_3
FOREST+0001_4

   殆どのバラは終わっていましたが、イブ・ピアッチェが満開を
   迎えていました。
   香り豊かなバラの香が漂っていました。
   食用のバラとして温室でも栽培されていました。

FOREST+0001_5
   室内から左手に見えるのが大谷石で作られたピザ窯です。
   この窯で焼いたピザは絶品だそうです。
FOREST+0001_6
   雑木林には色々な種類の木々が植えられていました。
   
   講座後のお楽しみはやっぱりご飯です。
   とても暑かったので、生ビールが格別に美味しかったです。
   地元の素材を使った美味しい料理を堪能できました。
一光0001一光0001_1
   一光0001_2
   メバルの塩焼きがとても美味しくて、骨以外の隅々まで
   食べつくしてしまいました。
一光0001_3一光0001_4
   一光0001_5
   
   またまた頭も体もお腹もとっても満たされた一日でした。
   お付き合いくださったTさんKさんお世話になりました。
   梶先生、FORESTさん、生涯学習センターのみなさま 
   本当にお世話になりました。   


| 講座 | 23:28 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT