| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バラ講座

    今日は、今までにない冷え込みで朝の気温が
    −5℃まで下がり空気が凍るような冷たい朝を迎えました。
    日中は10℃まで上がりましたが、曇っていて空気が
    冷たく体感温度はかなり低い感じがしました。

    昨日の事ですが「県北コミュニティガーデナー養成講座
    の第五回目の講座が開催されたので参加して来ました。
    今日は、楽しみにしていた梶みゆき先生のバラ講座の日です。
    10:00~15:00までたっぷりと充実した講座です。 
バラ講座0001
    講座では、梶みゆき先生の秋の庭に咲いたバラの
    アレンジや庭に咲くバラたちの様子などを、スライドを
    使って説明していただきました。
    
    外作業は、ローズガーデンでの実践作業となりました。
    かみね公園に化学薬品に頼らないローズガーデンを
    作ろうという事で、昨年1月に梶みゆき先生のご指導で
    バラ園に苗を植え付けてから一年が経ちました。   
バラ講座ナエマ0001
    一年で大きく育ったレナエRenaeの様子です。
    梶先生は熱心にバラの様子を記録されていました。
    こんな風に記録を取る事から始めるのが大事なのですね。
    レナエRenae クライミングポリアンサ     
バラ講座ナエマ0001_2
    まずはバラの枝の様子が分かるように葉っぱを
    全部しごいて落としました。
バラ講座ナエマ0001_1
    バラの内側から古い枝と細い枝を切り落として行きました。
バラ講座レナエ0001
    ぐるぐると凄くごちゃごちゃした枝がスッキリと誘引されて
    気持ちが良いほどです。
バラ講座ラマルク0001
     お天気も良くスッキリと晴れてローズガーデンから
     太平洋の真っ青な海が見渡せます。
     沢山の葉っぱが付いているのはラマルクLamarque です。
     ラマルクLamarque ノアゼット
バラ講座ラマルク0001_1
     みんなで手分けして葉っぱをむしったらあっという間に
     スッキリしました。
     ラマルクは、黒星病に強く四季を通して良く咲いてくれる
     梶先生お薦めのバラで、年末までよく咲いてくれたそうです。
 
    ローズアンティークさんから取り寄せた挿し木苗(大苗)を
    植え付けました。
バラ講座植え付け0001
     植え付け用の穴を掘り、一番下に炭を入れます。
バラ講座植え付け0001_1
     腐葉土、馬糞、牡蠣殻、有機肥料などを入れ込み
     土とよく混ぜ合わせます。
バラ講座植え付け0001_2
     棒を渡して苗が地面より深くならないよう植えこみました。
     地面より深くなってしまうと水が溜まり苗の生育が
     著しく悪くなるそうです。
バラ講座植え付け0001_3
     植え付けた苗の周りに水鉢を作りました。
バラ講座植え付け0001_4
     バケツ3杯分のたっぷりの水を回しかけました。
     実践講座では、丁寧に一つ一つ説明されていたので、
     参加された皆さんも今までの疑問が随分解消されたのでは
     ないでしょうか。
     梶先生の講座は、何回聞いても新鮮なヒントがあり
     何回聞いても飽きない素敵な魅力がいっぱいです。
     
     ローズガーデンに新しく四本のバラ苗を植え付けました。
   Tea  アルシデュック・ジョセフ Archiduc Joseph
   Noisette プレゼント・ヒル・セマタリーPleasant Hill Cemetery
   Early Floribunda グルス・アン・アーヒェンGruss an Aachen
   Tea デュセス・デゥ・ブラバンDuchesse de Brabant
    
     こうして新しいバラが加わってさらにローズガーデンは賑やかに 
     なりました。
     春のバラシーズンが楽しみです。
     
          
スポンサーサイト

| 講座 | 19:49 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茨城県北学習センター

     今日は、最低気温が−3℃日中は10℃まで
     上がりましたがとても冷たい風が吹いて体感温度は
     かなり低く感じられました。

     昨日の事ですが、三回目の
     「県北コミュニティガーデナー養成講座」に参加して来ました。
     今回は、茨城大学小松崎先生に
     「土の力を高めて健康な作物を育てよう」と言うテーマで
     お話しをしていただきました。
講座0001_3
     豊かな土つくりという事で、土壌有機物を高める事により
     土が豊かになるというお話です。
     森林の土は、PHが低いのに植物が良く生育するのはなぜか?
     →有機物の量が断然違うという事でした。
     →有機物の豊かな土は不耕起栽培が可能になる。
     →有機物が多い=微生物や有用菌の多い環境     
講座0001
            腐葉土を作ろう 木枠の設置
     土壌有機物(腐植)を増やしていく事が植物の生育を
     良くするという事で、映像や実績のグラフなどを使って
     丁寧に説明してくださいました。
     土壌有機物の中で分解されやすい有機物は、土壌微生物
     によって分解され、作物にとって役立つ有効態窒素を含んで
     いるそうです。
講座0001_2
           里山やかみね公園から集められた落ち葉たち
      土壌では植物が呼吸する事によりCO2がどんどん
      放出されるのでそれを補うためにも土壌有機物が
      必要になるそうです。

      午前中、土つくりの重要性の話を聞いた後は、
      落ち葉の堆肥つくりの実践授業となりました。     
講座0001_1
      落ち葉に米ぬかを振りかけて水を掛け、足で
      踏み固めて行きます。
      これらの作業を何回か繰り返しミルフィーユ状に
      して行きます。
      落ち葉を踏むのが楽しくて、みんなから笑顔がこぼれて
      いました。
講座0001_4
      踏み固めた落ち葉は木枠だけで覆いはしませんでした。
      ゆっくりと60℃くらいまで発酵するそうです。
      好気性発酵なので、三か月毎に切り返しをして
      全体に空気を供給してあげるそうです。
      こうして1~2年かけてじっくりと落ち葉堆肥が
      出来上がっていくそうです。
     
      実際に米ぬかを入れたものと入れないものの実物を
      見せて頂きましたが、出来上がった腐葉土は米ぬかを
      入れた方の団粒化が、一目瞭然、全然違いました。
      震災で原発からのセシウムの話が出ましたが、米ぬかを
      投入する事によってセシウムの量も軽減できているそうです。
      また、植物の葉っぱや木の枝など病気になっているものを
      投入した結果、完熟した腐葉土では病気は認められなかった
      という事でした。
      これを聴くと安心して病気のバラの葉っぱも腐葉土にしてしまえば
      庭の残渣の有効利用になるのではないかと思いました。

      堆肥は、落ち葉だけでなく伐採された材木や枝や竹などを
      をチップにした物、野菜の残渣などでもつくれるという事でした。
      こうして、落葉堆肥や雑草の敷草を供給する事で、土壌有機物を
      向上させ土の中の生き物を増やすことによって、土壌養分を増加
      させる事で土が豊かになっていくという事でした。
      実践を交えた授業は、とても分かり易く、楽しい時間はアッと言う間に
      過ぎてしまいました。

      今日、やっとクリスマスローズの葉っぱを切りました。      
クリスマスローズ0001
クリスマスローズ0001_1
      クリスマスローズの小さな花芽を見つけて、
      嬉しくなってしまいました。
      
       明日は少し庭仕事出来るかな・
      

| 講座 | 20:58 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラ講習会

     今日は、気温が15℃までになりましたが、
     日差しはあるのに冷たい風が吹いて
     体感温度はもう少し低い気がしました。

     今日は、先日訪れたホーマック那珂花木センターで
     小山内健さんの「バラの育て方講習会」があると言うので
     出かけてきました。
講習会0001
     京阪園芸の和バラたちが沢山の花を咲かせて
     展示してありました。     
講習会0001_1
    バラは咲いていない時の手入れが大切だという事で
    主に冬に向けての手入れの仕方などを教えて頂きました。

    最近、世界的に特にヨーロッパでは昔に比べて病気に掛かりにくい
    強いバラが主流になってきているそうです。
    日本の傾向は、
    咲き始めから最後まで綺麗な状態で咲くバラ
    花つきが良く名前が覚えやすいバラ
    可愛らしく香りのよいバラ
    が好まれているそうです。

    バラは最高気温が5℃以下になると休眠期になるそうで、
    本当は休眠期に植え替えをするのが良いそうです。
    この辺りでは、この気温になる日が続くことはほんの数日
    しかないので、バラの顔色をうかがって作業をしなさい!
    ですって。
    ・枝の色が赤みを帯びてくる
    ・青々としていた葉っぱも赤みを帯びてくる
    ・急に黄色くなってくる枝は栄養が行き届いてないので切り取る
    
    寒くなるとバラの中のでんぷんが糖に変わって枝に糖を
    蓄えて株が太ってくるそうです。
    さらに充実させるために肥料をあげるのですが、
    特にカリ分(草木灰など)の多い肥料をあげると幹が固く
    充実した株になるそうです。

    講習会では、暫くの間鉢に入ったままで根詰まりをしている
    バラえを植え替えて実践してくださいました。    
    講習会0001_2
    根っ子がパンパンに詰まってさらに草まで生えています。
    さらに土もかちんかちんでした。
    特にカタバミはダニの住み家になるので注意がいるそうです。    
    講習会0001_3
     肩の所を土をむしり取るようにして土を崩します。
    講習会0001_4
     ハサミで縦に切り込みを入れながら土を崩します。
     表面に見える白い根は新しい土に植え替えると枯れるので
     根をほぐす時も特に注しなくて良いそうです。
     黄土色をした太い根は傷つけないように気つけながら
     作業をしてくださいとの事でした。
    講習会0001_5
    パンパンだった根っ子がこんなに良くほぐれました。    
    講習会0001_6
    鉢の中では空気を蓄えることが重要だそうで
    そのためには水が上手に流れるようにと
    こんなに沢山の穴が空いている鉢がお薦めと言っていました。
    こんな鉢では鉢底石を使わなくて良いそうです。

   講習会0001_8
    植え替えたばかりの鉢の土に一気に水を送り込むことによって
    土が落ち着き空気の層が出来るそうです。
    茶色の水(細かすぎでバラに不必要な土がでている)が出なくなって
    透明な水がでるまで必ずやる事が重要だそうです。
    この作業をすることによって鉢の中は、水はけの良い空気を
    たくさん含んだ状態になるそうです。
    本来バラは乾燥を好む植物なので、風の通り道を作ってあげると
    良いそうです。
    鉢の中は湿気を嫌うので乾燥気味に育てるのが良いそうです。     
講習会0001_7
    つるバラの扱いなども教えて頂きました。
    誘引する時は、先端の方を持って何度かしならせていると簡単に
    しなるようになるのでそれから誘引していくと良いそうです。

    短い講習時間の中で、よくもあんなに盛り沢山話せるものだと
    感心してしまいました。
    しかもピンポイントでおさえる所はきちんとお話しされているのも
    流石だと思いました。

    バラは、最近手抜き過ぎて忘れていたことがいっぱいありました。
    冬に向けて植え替えを頑張ろう!と言う気にしてくれたのは
    言う間でもありません。
    今日も沢山の刺激をいただきました。
    

| 講座 | 19:52 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茨城県北学習センター

   今日は、気温が28℃と爽やかな一日でした。

   庭にはお腹がぷっくりと膨らんだカマキリが出没しています。
   時折ブ〜ンと大きな羽音を立ててスズメバチが偵察に
   やって来ています。
   音を聞くだけで怖くなってしまいますが、ハチが活動時期
   入っているようです。ガーデナーの皆さんハチには十分
   気を付けましょう。

   先日の事ですが、ホリゾンかみね(かみね公園)で行われた
   茨城県北学習センター主催の
   「県北コミュニティガーデナー養成講座」に参加して来ました。
   県北と言ったら今NHKで放送中の「ひよっこ」の舞台です。
   主人公みね子ちゃん、どうやらこのかみね公園からの
   名前のようです。
   今年かみね公園にあるかみね動物園は還暦を迎えています。
   開園当初の像の名前がみねこだったそうです。
かみね公園0001_2
   かみね公園は太平洋を望む高台にあって動物園と桜の名所で
   市民の憩いの場になっています。
   ここに市民が憩えるバラ園を造ろうと、今年1月に梶みゆきさん
   にご指導いただき、化学薬品に頼らないバラ園造りが始動
   しています。
   地域の住民が中心になって公園を運営して地域のみんなが
   集える場を作って行こうという事で講座を開設したそうで、
   今回から月一回の一年間の講座という事でした。
   時間も10:00~15:00までと充実しています。
   無料の講座とあって沢山の方々が参加されていました。   
かみね公園0001

   第一回目は、ガーデナーの森 万里さんが日本や世界の
   庭の成り立ちなどを写真を使って説明して下さいました。
   そしてただいま稼働中のかみね公園のバラ園へ案内して頂きました。
   ボランティアの方々が丁寧にお世話されています。
   4月の様子はこちら
かみね公園0001_1
   1月に植え付けたバラの苗や4月に植え付けた草花たちが
   短い間に大きく成長していました。
   草取りから始まったバラ園ですが、少しずつ公園らしくなっています。
   これから講座ではガーデンの作り方や、土づくりなど盛りだくさんの
   カリキュラムが待っています。
   毎回参加するのが楽しみです。

   講座の後、森 万里さんのレストランへ案内して頂きました。
   梶みゆきさんのバラ講座の時に訪れたFORESTさんの庭の所に
   素敵なレストランが出来上がっていました。
NORD0001.jpg
    cucina NORD IBARAKI  クチーナ ノルドイバラキと言うイタリアンの
    レストランで近隣の茨城の食材をふんだんに使って
    いるそうです。    
NORD0001_1.jpg
NORD0001_2.jpg
NORD0001_3.jpg
    木造りのやさしい作りのレストランです。
    植栽は発展途上の状態でしょうか?
    ガーデナーの森さんとKさんがこれから素敵なガーデンを
    作り上げていくようです。
NORD0001_4.jpg
NORD0001_5.jpg
   お隣のガーデンにはモルタルの作品が飾ってありました。
   hiroroさんやssrgさんが作られているモルタルの作品を
   身近で見られて嬉しかったです。
   次回はこのレストランでゆっくりお食事をしたいと思います。
   
   次回の講座は水戸市植物公園への見学だそうです。
   普段見慣れないバックヤードなども見学できるそうで楽しみです。

| 講座 | 22:57 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かみね公園

    今日は、気温が16℃と少し低めで吹いている風が
    冷たく感じられる一日でした。

    かみね公園ローズガーデン(仮称)へボランティア作業に
    行って来ました。
    茨城県県北生涯学習センターが中心となり、梶みゆき先生の
    バラ講座受講者の方々がボランティアとして活動を開始
    したのが1月の事でした。
    1月には梶先生がセレクトしたバラを先生のご指導の下
    植え付けしました。
    私の所から少し遠いので中々参加出来ませんが、
    今日はバラの下草を植えると言うので
    お手伝いをさせて頂きました。
    
神峰公園0001
    爽やかに晴れ渡った今日は、青空と海がとても綺麗でした。
    かみね公園には動物園もレジャーランドもあって、
    ここからの太平洋の眺めは素晴らしかったです。
    矢印の所がローズガーデンです。
    八重桜がまだ咲いていてとても嬉しかったです。
    ローズガーデンには、動物園の動物のフンが堆肥として
    使われています。
    さらに化学薬品に頼らない環境にも人にもやさしい
    ローズガーデンになる予定です。
    植栽アドバイザーの森万里さんにご指導頂きながら
    作業をして来ました。
かみね公園0001_1
    先ずは、ガーデンに通路を作りました。
    本当に一から決めて行くのは大変な作業ですね。    
    苗を植える所を耕したり、雑草を抜いたりと草花を
    植える準備に結構時間が掛りました。
バラ0001_1
    伸びるバラには支柱を立てました。
バラ0001_2     
バラ0001_3
かみね公園0001
    篠を5本組み合わせて支柱を作り、
    銅線を巻き付けてバラを誘引します。
    海風が強いので、植えたばかりのバラが
    強風で傷つかないようにと言う事でした。
バラ0001
    こんな風に途中に輪っかを作っておくと
    誘引が楽になるそうです。
かみね公園0001_2
    無事苗の植え付けを終える事が出来ました。
    写真に撮って見ると、何処に植えたの?って
    言われそうですが、1ヶ月もしたら苗たちの存在感が
    現れるでしょう。
    バラにも花が咲きローズガーデンらしくなっているでしょう。
苗0001
苗0001_2苗0001_1
苗0001_3苗0001_4
   備忘録として
   今日植え付けた苗たちは、
   ジギタリスキャメロットクリーム エリンジューム・フルエラ
   アーティーチョーク  広葉マウンテンミント 
   ジャイアントキャットミント  アンジェリカ
   アルケミラモリス  セリンセ  オルレア
   ユーホルビア・地中海スパージウールフェニー
   ニゲラ  ヤグルマギク  スカビオサ
   レースフラワーなどなど・・・

   植物を植える時は3株・5株と言う様に奇数で
   植えると良いそうでです。
   三角形を作りながら並べるとつり合いが取れるそうです。
   そんなピンポイントのアドバイスも頂きました。
   楽しい時間はアッと言う間に過ぎてしまいました。
   かみね公園がこんな眺めの良い場所だと言うのも
   初めて知りました。
   また機会があったら参加したいと思います。
   また一つ楽しみが増えました♪
   

| 講座 | 21:07 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT