| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

軽井沢レイクガーデン

     今日は、七ツ洞MEGの日帰り視察研修
     「軽井沢のバラを訪ねて」という事で
     軽井沢レイクガーデンへ出かけて来ました。

     天気予報ではなんとか曇りの予報で安心していましたが、
     途中横川あたりから雨降りになり碓氷峠あたりでは霧が立ち込め
     やっと霧を抜けだしたと思ったら雨降りではありませんか。
     がっかりしましたが、レイクガーデンに着いて暫くすると
     雨があがって曇りになりました。
レイクガーデン0001_16
     レイクガーデンへの入り口です。
レイクガーデン0001_14
レイクガーデン0001_15
    バラはいくらか盛りを過ぎた感じはしましたが、まだまだ
    沢山のバラが咲いていました。
レイクガーデン0001_1
    めがね橋を臨んだ所です。
    右側の方ではラベンダーが咲き誇っています。
レイクガーデン0001_6
レイクガーデン0001_7
    右側にフランチローズガーデン 
    左側にイングリッシュローズガーデンがあります。
レイクガーデン0001
レイクガーデン20001_2
    ボビージェームスとプリンセスチャールズが
    良い感じに咲いています。
レイクガーデン0001_2
    ホテル前のプライベイトガーデンです。    
レイクガーデン0001_3
    ウッドランド 宿根草と樹木のエリアです。
    葉っぱの組み合わせが素敵です。
レイクガーデン0001_4
    ガゼホにはポールズヒマラヤンムスクが絡んで
    風景の中にとけ込んでいます。
レイクガーデン0001_19
レイクガーデン0001_18
レイクガーデン0001_20
レイクガーデン0001_22
レイクガーデン0001_23
   木々の中に様々な宿根草が植えられていて、なんとも
   自然な感じで癒されました。
   雨降りの後はしっとりと落ち着いていて、何時までも
   佇んでいたい場所でした。
レイクガーデン0001_21
   フレグランスのバラの小径にはバラの香りが
   漂っていました。   
レイクガーデン0001_8
レイクガーデン0001_10
   ラビリンスローズガーデンにはバラと宿根草が
   競演するように咲いていました。
レイクガーデン0001_9
   こんな彩も素敵です。
レイクガーデン0001_11
レイクガーデン0001_12
    バラと宿根草の組み合わせが絶妙です。 
レイクガーデン0001_5
    事務所の前の植栽も素敵です。
    こちらも沢山のバラが咲き誇っていました。
レイクガーデン0001_17
レイクガーデン30001
レイクガーデン40001
     日帰りのバス旅だったので、レイクガーデン滞在は
     2時間とあまり時間が無かったので駆け足になって
     しまいました。
     ホントは一日中いられたらいいのにネ!
     この後誘惑いっぱいの「おぎはら植物園」へ行きました。
     植物好きにはたまらない楽しい一日でした。
     土曜日は七ツ洞でのMEGの作業が待っています。
    
     いい加減庭の手入れをしなければ・・・ 
スポンサーサイト

| お出かけ長野 | 23:03 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信州バラ庭めぐりⅢ

    今日は、気温が24℃でしたが昨日の雨の影響か
    ムシムシとした湿度の高い一日でした。

    信州バラ庭めぐりもいよいよ最終章となりました。
    朝からの雨が嘘のように晴れ渡り真夏のような暑さに
    なりました。
    次に案内していただいたのは、高山村の牧場M邸です。
にゃん0001
     人懐こいにゃんがお出迎えをしてくれました。
小麦0001
     バラ庭へ向かう途中の麦畑です。
     自家用に栽培されていて、今年はパン用の強力粉種の
     小麦だそうでその年によって植える品種をかえるのだとか。
     なんて贅沢なのでしょう。
子牛0001
     牧場には生まれたばかりの子牛たちが、人懐こい
     子牛たちがが柵に近づくとやっています。
     可愛いい澄んだ目をしてこちらを見つめています。
牧場0001
      牛たちはのんびり日向ぼっこをしていました。
      こんな牧場を通り抜けて行くとバラ庭があります。
M邸0001
      沢山のバラが出迎えてくれました。
      バラを植えてまだ数年しかたっていないそうですが、
      それはそれは延び延びと育っていました。
      牛さんの牛糞堆肥がたっぷりとすき込んであるようです。
M邸0001_1
M邸0001_5
      バラの足元にはペインテットセージが元気一杯に
      咲いています。
      バラの肥料を存分に吸い取っているようです。
M邸0001_6
M邸0001_7
M邸0001_2
M邸0001_3
M邸0001_4
    どのバラも元気一杯にたわわに咲いていました。
    これからどんな風に庭が変化して行くのか楽しみです。

    それぞれの庭主さんによって好きなバラも草花もそれぞれで、
    庭主さんたちとのバラ談義はとても楽しくアッと言う間に時間は
    過ぎてしまいました。
    KさんNさんMさん快く庭を見せて下さってありがとうございました。    

    次は、須坂にあるガーデンソイルへ案内していただきました。
ガーデンソイル0001
ガーデンソイル0001_7
ガーデンソイル0001_1
     ガーデングッズや小物や苗などが所狭しと並んでいます。
     お店には誘惑がいっぱいで、欲しい欲しい病が再発しそうです。
ガーデンソイル0001_2
     手作りのアーチにはポールズヒマラヤンムスクが見頃を
     迎えていました。
     遅咲きのポールズですが、今年は他のバラと一緒に咲いています。
ガーデンソイル0001_3
ガーデンソイル0001_4
ガーデンソイル0001_5
ガーデンソイル0001_6
ガーデンソイル0001_8
ガーデンソイル0001_10
ガーデンソイル0001_9
       木々と草花とバラと、何時までも見飽きない光景
       足元には真っ赤に熟したイチゴが・・・
       さりげない植栽が目に飛び込んできます。              
       何度訪れても素敵!がいっぱい詰まったガーデンソイルです。

       

| お出かけ長野 | 23:27 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信州バラ庭めぐりⅡ

    今日は、朝から雨降り日中の気温も19℃と肌寒い
    一日でした。
    もう梅雨入りしたのではないか?と思えるようでした。

    信州バラ庭めぐり2日目は、アンジェラさんに素敵な
    バラ庭へ案内していただきました。
    天気予報では9:00には雨が上がる予報でしたが、
    アンジェラ邸に到着したころは生憎まだ雨降りでした。                                                                                    
A庭0001
     良い具合に咲き出したバラたちが出迎えてくれました。
     バラも沢山植えているアンジェラ邸ですが、下草の組み合わせも
     目が離せません。
A庭0001_1
     シックな花色が庭を引き締めています。
     こんなテクニックは見習いたいものですね。
A庭0001_2
A庭0001_7
     バフビューティやクレパスキュールがこんなに見事に
     咲いている場面に出会えるなんて嬉しいです。
A庭0001_8
A庭0001_9
A庭0001_10
     バラの咲き加減と緑のバランスが良い感じです。
A庭0001_11
     スモークツリーがこんなにモコモコに。
     剪定が難しいと思っていましたが、強剪定でも
     こんなにスモークするものなのですね。
     真似してみたいです。
      A庭0001_6
A庭0001_3A庭0001_4
     色々な所でスウィートピーがアクセントに使われて
     いました。
     バラの甘い香りとスウィートピーの香が入り混じって
     やさしい雰囲気を醸し出していました。
     バラの数が沢山あるのにうるさく感じないのは、沢山の下草を
     植えこんでバランスをとっているからなのでしょう。
     上級の植え込みは、まねっこしたい所が沢山ありました。

     次に案内して頂いたのは、歩いて数分の所にあるK邸です。
     K邸に着く頃はすっかり雨が上がっていました。
     雨あがりはバラの香が一層引き立っています。
K庭0001
     マニントンモーブランブラーでしょうか?
     上品に誘引されていて見事な咲き方です。
     葉っぱとのバランスも素晴らしいですね。
K庭0001_4
k庭0001
      つるアイスバーグが塀沿いに誘引されています。
      白のアイスバーグは白波が立っているように見えます。
      塀やパーゴラなど全てがご主人の手作りだそうです。
      それぞれのバラに合わせた奥様からのオーダーメイドの手作り品が
      一層バラを引き立てているようです。 
      白バラの下の小さな小花は夢乙女。
      心憎い演出です。
K庭0001_1
K庭0001_2
K庭0001_3
K庭0001_6
     どの場面を切り取っても絵になる所ばかりです。
K庭0001_5
     モン ジャルダン エ マ メゾン Mon Jardin et ma Maison
     咲き方がとっても素敵なバラで、Kさんの広い庭だから
     この美しさが発揮できるのだと思います。
     苗を頂きました。
     大事に育てたいと思います。

      K庭0001_9
K庭0001_7K庭0001_8      
      K庭0001_10
     バラだけでなくやっぱり下草も素敵に植栽されていているので
     庭を落ち着いて見る事ができるのでしょう。
     アンジェラさんの影響大ですね
     小さなりんごの実がなっていました。
     庭に沢山のりんごの木も長野ならではですね。
     
    そして、お隣のN邸へ案内して頂きました。
N庭0001
    まず出迎えてくれたのは、たわわに実ったジューンベリー
    です。
    一段低くなった所に植えてあるので、庭の入り口から手を伸ばすと
    直ぐに食べられるのが良いですね。
    緑の中にこの赤い実が可愛らしいです。 
  
N庭0001_1
    アイスバーグに見事に花がさいています。
    白バラっていいですね。
N庭0001_2
N庭0001_4
N庭0001_3
    軒下にフランソワ・ジュランビルが上手に誘引されています。
    他のバラたちとの組み合わせも素敵です。
N庭0001_5
N庭0001_6
    一重モッコウバラノルマリスが咲き終わった後の葉っぱの
    柔らかな細葉がファンタン・ラトゥールをやさしく包み込んで
    自然でやさしげな雰囲気をだしています。
    おおらかなバラ育ては、何年も歳月をかけて作りこんで来たのでしょう。    
N庭0001_7
    バラの色合わせと下草の合わせ方が素敵です。
N庭0001_9
N庭0001_10
    3~4メートルもあるでしょうか?頭上から降り注ぐ
    ポールズ・ヒマラヤンムスクには驚きでした。
    手間いらずと言えばそうなのでしょうが、こんな仕立てが
    出来るなんて、羨ましい限りです。
N庭0001_8
      こんな近くに素晴らしいバラ友さんがいるなんて
      なんて羨ましいのでしょう。
      ご自分の庭を知り尽くした庭主さんたちが、居心地の良い
      バラ庭作りをしています。
      他人に見せる庭ではなくご自分が楽しむための庭、そんな
      庭を見に来てくれる人がいて、それを喜んでくれる人がいる
      幸せを存分に見せて頂きました。
      朝からテンション上がりっぱなしなのは、みなさんお判りでしょう。

      次へ小布施へ栗三昧
栗あん0001
      小布施堂の栗あんくずきり
      栗あんだけの贅沢な味覚に大満足♪
      5月~10月までの限定だそうです。

      こんな素敵なバラ庭めぐり
     信州バラ庭めぐりはつづきます。

| お出かけ長野 | 21:58 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信州バラ庭めぐりⅠ

    先週26日27日の2日間、信州バラ庭めぐりと称して
    IさんTさんの三人でバラ三昧の旅へ出かけてきました。
    
    バラシーズン超多忙なoldroseさんとアンジェラさんに時間を
    作って頂き、素敵!がいっぱい詰まったお二人の庭を案内
    していただきました。
        
    一日目はoldroseさんの庭へ
    なんと気温が32℃まで上がり快晴の素晴らしいバラ日和になりました。    
N庭0001
    小屋はバラで覆われてとてもいい感じになっていました。
 N庭0001_8
   小屋の中にはこんな素敵が
N庭0001_4
   バラや草花、木々などが大きく延び延びと育った景色は
   羨ましい限りです。
   好きなものばかりを集めた庭は、宝物がいっぱいです。
N庭0001_5
   庭からのこんな景色にも目を奪われます。
N庭0001_2
   テ-ブルや椅子もおしゃれ~
N庭0001_10
   後ろは樹木が沢山!それらの樹木もoldroseさん
   セレクトの美しい樹木たち
   それらの前のバラたちの素敵な事。。
N庭0001_3
   オルレアの白にブルーの取り合わせが素敵です。
   後ろの方に真っ赤な原種のバラが光っています。
N庭0001_1
    野バラもこんなにふっさりゆったりと。。
N庭0001_6
N庭0001_7
   赤いバラがアクセントになっています。     
N庭0001_9
   こんな清楚な白バラも良いものです。
    バラ0001_2
バラ0001バラ0001_1
    バラはいったい何種類入っているのでしょうか?足元に
    植えられた植物は、珍しいものもそれは沢山植えてあるのに
    ちゃんとバラとマッチしていてoldroseさんのセンスの良さに
    脱帽です。
    草花との色合わせも素敵です。
    
    ご近所のHさんの庭にも連れて行って頂きました。
    Hさんの庭もoldroseさんと同じ位の広さがあります。
H庭0001_2
H庭0001
H庭0001_1
    自由に延び延びとバラが咲いていました。
    庭一面に広がった真っ白なオルレアの.海も
    素敵でした。
駅0001
駅0001_1
   レトロな駅舎と鉄道娘がアンマッチ
   
   oldroseさんの庭へ在来線と新幹線を乗り継いで行きました。
   実は、常磐線が水戸駅出発の頃は10分遅れでしたが、
   車両故障の列車の影響で特急の筈が各駅停車のように
   なり、上野に着いたのは1時間40分もの遅れとなりました。
   予定の新幹線には到底乗れず、楽しみにしていたランチは
   駅弁となり、oldroseさん庭の到着はとっても遅くなって
   しまいました。
   お忙しく次の時間が迫っている中お付き合い下さった
   oldroseさんには大変お世話になりました。
   ありがとうございました。

   オープンガーデンをされるそうです。    
   6月1日(水)~3日(金)9:00~10:30 14:30~16:00
   朝早い時間お薦めです。
   
   信州バラ庭めぐり  つづく・・・   





  

 

| お出かけ長野 | 23:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恵泉蓼科ガーデンの夏

   今日は、気温32℃まで上がりましたが、曇り空のため
   それ程暑さを感じませんでした。
   
   昨日の事です。
   MEGの日帰り視察研修があり、恵泉蓼科ガーデンを訪ねてきました。
   教育施設のため一般公開されていないという事でしたが、研修では
   素晴らしい英国風ガーデンを­見せて頂くことが出来ました。
   
リンデwンバーム0001
リンデンバーム0001
  広い芝の真ん中に、シンボルツリーのリンデンバーム
  (西洋菩提樹/西洋シナノキ)が、あたり一面
  甘い香りを漂わせていました。
  リンデンバームは、消化促進作用があるので
  お茶として利用されるそうです。
ボーダー0001
   ヘッドガーデナーの小澤文子さんに、
   宿根草ボーダーガ­ーデンやハーブガーデン、ローズガーデンなどを
   丁寧に案内していただきました。
ボーダー0001_12
  ボーダーガーデンは、ブルー・ホワイト・イエロー・ピンクの
  4つのテーマカラーに分かれていて、植物の花や色の組み合わせ
  など計算されて植えられているそうです。
  お二人のガーデナーの手によって維持管理されているので、
  植替えのない宿根草中心のボーダーガーデンになっているそうです。
  多肉0001
  ボーダーガーデンのシンボルともいえる多肉は、一年中水やり
  は一切しなくてもこんなにこんもりと育っているそうです。
ボーダー0001_2
  カライトソウが大きく育ちピンクガーデンにさらに
  彩を添えていました。
ボーダー0001_5
ボーダー0001_6
  さすが信州。暖地では中々大きくならないアストランティも
  こんなに沢山咲いていました。
ボーダー0001_4
ボーダー0001_7
  ピンクの花のチダケサシは、日本に自生しているアスチルベで
  淡い色合いや葉っぱなど魅かれるものがありました。
  日本本来の植物を取り入れているのが良いですね。
  苗の販売をしていたので買い求めてしまいました。  
ボーダー0001_8
  ボーダーの色々な場面で活躍していたのが、西洋アジサイの
  アナベルです。
  花の大きさが少し小さめに感じましたが、聞いてみると、
  根元から剪定してしまうと大きな花が咲いてしまうそうで、
  高めの剪定すると枝が分岐して小さめに咲いてくれるそうです。
  今年は、真似してみようと思います。
ボーダー0001_10
ボーダー0001_9
  入口からは淡い色合いの植物が多く、とても優しい雰囲気の
  ガーデンが続いていました。
ボーダー0001_3
ボーダー0001_11
  赤い色が目に飛び込んできました。
  クロコスミアの赤色品種です。
  クロコスミアのオレンジは良く見かけますが、この赤は
  シックでとても良いアクセントになっていました。
  背丈がとても高くて驚きました。
ボーダー_0001
  ルドベキアが沢山混植されいました。
  大小さまざまで、花の色もこんなに沢山あるのですね。.
  色の組み合わせも素敵です。

  ボーダーガーデンを細かく見ようとしたら一日では見きれない
  程の植物が植栽されていました。
  全体を見てもとても美しく、植物がみんな自分の居場所が
  あるのでしょう。
  のびのびと気持ちよく育っています。
グラス0001
  ススキなどグラスだけで表現されたガーデンです。
  グラスだけでも十分見ごたえがありました。
ハーブ0001
ムスクマロウ0001オレガノ0001
   ハーブガーデンでは、様々なハーブが繁っていました。
   オフィスナリス(officinalis)には薬効 のある、薬用のなどの
   意味があろそうで、ハーブには、~・オフィスナリスと言う
   名前がついたものが多いそうです。
みどり0001
   緑と白を基調にしたフォンテンガーデンでは泉はないけれど、
   木々の色合いや葉っぱや枝の質感だけでもこんなに素敵に
   表現されていました。 
百瀬メモリアルガーデン0001
   この素敵なアイアンのドアを入ると、百瀬メモリアルガーデンへと
   導かれていきます。
百瀬メモリアルガーデン0001
ヨロコビ0001_1
ニュードーン0001
  バラも少し咲いていました。
  淡い小さなバラは、 鈴木省三氏作出のヨロコビです。
  それとニュードーンが清楚に咲いていました。
ロックガーデン0001_2
ハス0001_3
  地元産の石を使ったロックガーデンは、日ごろの管理が
  し易い様に土にこだわっているそうです。
  高山植物が自生している環境を熟知した、小澤さんならではの
  ガーデンではないでしょうか。
ハマナス0001 
箱根サンショウ0001
  ハナマスや箱根サンショウバラには、こんな実が沢山
  ついていました。

  夏の庭という事で期待していなかったのですが、とんでもない
  間違いでした。
  ボーダーガーデンは、7月になると本領を発揮して宿根草が
  本格的に咲き出し見ごたえのあるガーデンになっていました。
  こんな素晴らしい時期に見学できたのは幸せです。
  MEGのお楽しみ、8月は夏の剪定講習会へとつづきます。
  

| お出かけ長野 | 21:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT