| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

江ノ島へ

    今日は、気温が19℃ととても過ごし易い一日でした。

    木曜日の事になりますが、江ノ島へ行ってきました。
    今まで江の島に全く興味が無かったのですが、
    娘の、「江ノ島っていい所だよ!是非行ってみて!」
    の言葉に後押しされて、主人と二人で出掛けてきました。      

江ノ島0001_2
     東海道線で藤沢駅から小田急に乗り換えて江の島へ
     駅から長い弁天橋を渡り鳥居をくぐると参道が始まります。
     参道脇には土産物屋や飲食店などがあり、見ているだけで
     も飽きません。
     平日なのに、こんなに沢山の観光客がいるのにも驚きでした。
江の島0001_3
     参道の先にある辺津宮、石段を上がった先の中津宮
     そのさらに奥にある奥津宮を総称して、江島神社と
     言っているそうです。
江島神社0001
江島神社中津宮0001
江島神社中津宮0001_1
江島神社0001_2
     江ノ島の頂上まで行くには階段を254段分上らないと
    行けないのでかなりの健脚コースです。
    下調べもしないでパンプスなんかで出かけてしまった
    ものですから、足への負担は相当なものです。
    分かっていれば運動靴をはいて行ったのに…
    遅咲きの八重桜や枝垂れ桜が満開でした。    
モミジ0001_1
     もみじの新緑が目にしみるように美しかったです。
      シャガ0001
     満開のシャガも出迎えてくれました。
江ノ島0001
江ノ島0001_1
江の島海0001
江の島岩屋0001_4
江の島岩屋0001
     展望灯台の江の島シーキャンドルがあり
     360℃景色を眺めることが出来るのです。
     生憎の花曇りで富士山は見えませんでしたが、
     何時までも眺めていたい景色が目に映ります。
     表から見た静の海と後ろから見た動の海が
     見られるのも嬉しいです。
江の島岩屋0001。
     江の島岩屋0001_1
     江の島岩屋は江ノ島の海に突き出た側にある、
     波の侵食によってできた自然の洞窟です。
     富士山にまで続いているという伝承があります。
     こうしてロウソクの明かりを頼りに散策するのも
     楽しいものです。    

ねこ0001
ねこ0001_1
    江ノ島のもう一つの楽しみは猫ウォッチングだと
    聞いたのですが、残念ながら2匹にしか出会えませんでした。
    多くの人が近づいても全く動じません@@
フランチトースト0001_1フレンチトースト0001
    有名なフレンチトーストだとか。
    とっても美味しかったのですが、暑さで
    アイスクリームの溶けるのが早い事…
    フォークで食べるのに苦労しました。
しらす丼0001
    江ノ島に行ったら“しらす丼”しょ!
    生しらす、あります!の文字に誘われて
    生しらす丼!って注文したのですが、入荷が少ないそうな。
    残念!でもでも生しらす単品なら注文出来ました。
    どちらも食べられたので、大満足です。
    “しらす丼”がこんなに美味しい!とは思ってもいませんでした。

    夕暮れの江ノ島も良いそうです。
    こんなに見どころ満載な場所だとは思ってもいませんでした。
    とっても良い所だったので、ブログもつい長くなって
    しまいました。
    階段も多く多分6キロは歩いたでしょうか?
    勿論エスカーなるもので簡単に上れるようですが、
    周りを見ながらブラブラ歩くのがおすすめです。
    本当にいい運動になりました。
    今度出掛ける時は、運動靴で出かけようと思います。
    
ホットケーキ0001
    最後のお楽しみ♪
    以前、鎌倉を訪れた時改装中で食べられなかった
    ホットケーキ
    川端康成や大仏次郎なども足繁く訪れた喫茶の老舗
    である“イワタ珈琲店”のホットケーキを食べようと
    途中下車。
    念願のホットケーキを食べられて大満足です。
    


    
スポンサーサイト

| お出かけ神奈川 | 23:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MEGU遠足

   今日は、鈍よりとした曇り空の一日でした。

   七ツ洞公園でボランティアをしているメンバー=通称MEGUと
   秋の遠足 横浜イングリッシュガーデンと生田緑地ばら苑へ
   バスで出かけてきました。
   このボランティアに参加して、40年ぶりに再会した同級生Kさん
   も一緒だったのでとても楽しい遠足になりました。

   横浜イングリッシュガーデン
   850品種、1,500本以上のバラや横浜の風土にあった草花が
   植栽されたガーデンで4人のガーデナーの方が管理をされているそうです。
横浜イングリッシュガーデン0001
横浜イングリッシュガーデン0001_1
   アルバンティーンの緑のトンネルが奥深く続いています。
   夏剪定は最小限にとどめていて、秋は自由にバラを咲かせているそうです。
横浜イングリッシュガーデン0001_4
横浜イングリッシュガーデン0001_3
   今が一番の見頃だそうで、見事にバラが咲いていました。
横浜イングリッシュガーデン0001_5
   バラだけではなく四季折々楽しめるようにと、宿根草や一年草などが
   センス良く植えられていていました。
横浜イングリッシュガーデン0001_6
横浜イングリッシュガーデン0001_7
   バラと一緒に色々な種類のコスモスも満開になっていました。
    横浜イングリッシュガーデン0001_10
     名前を忘れてしまいましたが、印象に残ったバラです。
横浜イングリッシュガーデン0001_2
横浜イングリッシュガーデン0001_9横浜イングリッシュガーデン0001_8
   ハーローウィンの飾りがいたるところにあり、見ているだけで
   こちらまで楽しくなってしまいます。

   次に向かったのが、昔の向ヶ丘遊園である生田緑地ばら苑です。
   小田急向ヶ丘遊園の閉園に伴い、バラ苑を川崎市が引き継いだものです。   
生田緑地ばら苑0001_6
   ビジターセンターでは、緑地内の色々な情報を教えてくれるので
   最初に立ち寄ると良いかも知れません。
生田緑地ばら苑0001_3
   こんなモダンな植栽もありました。
生田緑地ばら苑0001
生田緑地ばら苑0001_1
生田緑地ばら苑0001_2
   ハイブリットティやフロリバンダ、ツルバラなどが中心のばら苑です。
   今が一番の見頃のようです。
生田緑地ばら苑0001_5生田緑地ばら苑0001_4
   ローズヒップもありました。
   以前あったオールドローズは随分縮小されていました。

   入園が閉園ギリギリになってしまったので、ゆっくり見学する事が
   出来なくて残念でした。
   ビジターセンターからばら苑までかなりの健脚コースになっているので
   履きなれた靴で出かけた方が良さそうです。

   バラ苑にはそれは沢山のバラが咲き誇っていました。
   家のバラはなんてショボショボなのでしょうか?
   ポツポツでも家のバラは好きですねぇ(笑) 
  パット・オースチン0001
   深みをました秋色のパット・オースチンです。
  オールド・ブラッシュ0001
   オールド・ブラッシュもいい感じです。
   葉っぱがハキリバチに見事にまあるく切り取られています。
  ペニーレイン0001
   ペニー・レインも咲いてきました。
  野バラの実0001
   野バラの実は、これからゆっくり色づいてくるのでしょうか。
  秋明菊0001
   秋明菊もやっと咲き出しました。
   今週はお楽しみがいっぱいです。
   台風の進路が心配です。




   

| お出かけ神奈川 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は薔薇三昧

   今日は、日中は陽射しは暑いうえ風が強く吹いていました。
   それでも、夕方にはすっかり涼しくなって肌寒い感じがしました。

   今日は、midorinosizukuさん yukikoさん kadononekoさんの
   庭を見せていただけると言うので、ホイホイと出かけてきました。

   薔薇三昧の始まりは、平塚にある花菜(かな)ガーデンからです。
   神奈川県立 花と緑のふれあいセンター
   花菜ガーデンには、バラ園・薔薇の轍(わだち)と言う
   1,100品種ものバラを、バラの品種改良の歴史に沿って
   系統・分類ごとに見られる“歴史園”になっているそうで
   興味津々・ワクワクドキドキ・楽しみに出かけました。
   日曜日の花の満開と重なって、人人人・車車車・またまた凄かったです。
バラの海0001
   園内は、薔薇の海と言った感じです。
   どうやったらこんなに咲くの?と言う位沢山の薔薇が咲いていました。
フェアリー・ウィング0001
   フェアリー・ウィングは、黄色の蘂に葉っぱの色を合わせたのでしょうか?
   園内は、薔薇に会う木々や草花などを上手に組み合わせて、
   薔薇が引き立つよう、至る所で工夫がされていました。   
マダム・ルグラド・サンジェルマン0001
   真っ白な薔薇は、マダム・ルグラド・サンジェルマン。
   我が家のマダム・プランティエは、この名前のタグが付いていて
   品種違いでした。
   サンジェルマンは、花も蕾も真っ白です。
レダ0001
   レダの花付を見てください!凄~い!
ロサ・ムンディ0001
   ロサ・ムンディもこんなに華やかに咲いていました。
   お日様の光が透けて美しかったです。
グラハム0001
   グラハム・トーマスとクレマチス蝋口の黄色と紫のコラボです。
クレマチス0001
クレマチス0001
   薔薇とクレマチス 色々な場面の組み合わせを楽しむ事が出来ます。
   それにしても、薔薇もクレマチスどちらも見事な咲きっぷりです。
グレッチャー0001
   グレッチャー
小輪バラ0001
   小輪の薔薇を集めたコーナーです。
花畑0001
花畑0001_1
   お花畑も素晴しかったです。
   1時間ほどの駈足で回ったので、一つ一つの薔薇をゆっくり見る事が
   出来なかったのが残念です。
   それでも、沢山のオールドローズが満開の時期に重なって
   普段目にすることの出来ない薔薇たちに会えて、嬉しかったです。
   ガーデンめぐりへ続く 

| お出かけ神奈川 | 23:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりに家族旅行

  今日は、10月にしては気温が高めなどんよりとした曇りの一日でした。

  金曜日、土曜日と1泊2日で箱根へ出かけてきました。
  最近、家族が全員そろうことがめっきり少なくなりました。
  箱根湯本に11に時集合し、全員そろったところでレンタカーを借りました。
  まず、向かったたところは、食いしん坊家族のことランチで腹ごしらえでした。
ランチ0001ランチ0001_1
       ランチ0001_2
   富士屋ホテルのカレーが美味しいと聞いて、早速カレーを注文しました。
   長女は、辛いのが苦手なのでハンバーガーを注文、あまりの大きさに
   食べるのに苦労していました。
   お腹いっぱいです。
大涌谷0001_1
大涌谷0001
大涌谷0001_2
   大涌谷の山は、うっすらと紅葉が始まっていました。
   曇っていたので、富士山が見えなかったのは残念です。
   湯気がもくもくと上がっていて、硫黄の臭いが立ち込めていました。
   まさに地獄を思わせる感じがしました。
   湯は乳白色が青みががかって、ボコボコと煮立っていました。
黒たまご0001黒たまご0001_1
   大涌谷名物、黒たまごを食べました。
   卵の白身と黄身が、凝縮されたような濃い味がしていました。
   茹でたては、美味しいです。   
猫0001猫0001_1
猫0001_2
   ↑ボコボコと煮立っている直脇で、猫がまったりとしていました。
   こっちをむいて~!に、いきなり二人?二匹揃ってカメラ目線です。
   写真を撮り終えると、また再びまったり…
   湯気にあたって毛はしっとりと…熱くないのでしょうか?
   ラリック美術館0001
   ラリック美術館0001_2
   ラリック美術館0001_1
   ラリック美術館の館内は、写真撮影禁止なので庭園を撮ってきました。
   木々もうっすらと色づき始め、とても落ち着いた空間です。
   クラシックカーなのに、ピッカピッカでした。

   目的の旅館には、早めのチェックインです。
   折角温泉にきたのですから、温泉を楽しまなくちゃ…ですね。
   今回の旅館は、料理が評判の“強羅天翠”です。
宿0001
   宿足湯0001
    ウェルカム・ドリンクは、足湯カフェでおもてなしです。
    足湯にゆっくり浸かって、好きな飲み物(アルコールもOK)を
     ゆっくりといただくと、疲れが一気に吹き飛ぶ感じがします。
    嬉しいおもてなしです。
    カウンターからの眺めも、最高です。
   宿部屋0001
    部屋には、こんな可愛らしいおもてなしがありました。

    楽しみにしていた夕食です。
宿夕食0001夕食0001
宿夕食0001_1宿夕食0001_2
宿夕食0001_3
    季節を感じられる食事は、見た目で食欲をそそられます。
    器を眺めて、蓋を開ける時のワクワク感は、なんとも言えません。
    味は勿論ですが、器も素敵でした。
宿夕食0001_4宿夕食0001_5
宿夕食0001_6宿夕食0001_7
   宿夕食0001_8
   早めの到着で、夕食前は温泉につかってノンビリです。
   貸切露天風呂は、空いていれば自由に利用できノンビリ湯につかれます。
   岩盤浴は予約制ですが、予約をすれば貸切で楽しむことが出来ます。
   温泉は、早めの到着がお薦めです。
           つづく


  

| お出かけ神奈川 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |