| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伊豆へつづき

   今日は、気温17℃とぽかぽか暖かい一日でした。

   つづきです。。
   私の住んでいるところからは富士山が見えません。
   せっかく伊豆に来たのですから、世界遺産に登録された富士山を
   眺めたいと西伊豆方面へ足を延ばしました。
   とてもお天気の良い日でしたので、雪の帽子を被った富士山が
   スッキリと美しい姿を見せてくれました。
昭和の森0001
   先ずは、紅葉が見頃だという昭和の森へ立ちよりました。
黄金崎1
   西伊豆の海岸にくればすぐに富士山が見えると思っていたのですが、
   そう簡単には富士山が見えるものではなかったのです。
   やっと黄金崎近くになって富士山が見え隠れするようになりました。
   黄金崎の海はこんなに深い青い色をしていました。
   黄金崎のプロピライト
   風化した安山岩が黄褐色に変化したもので昭和63年には、
   静岡県の天然記念物に指定されたそうです。
黄金崎
   三島駅からは随分近く大きく見えた富士山がこんな感じに見えました。
恋人岬0001
   恋人岬の駐車場からの眺めです。

   黄金崎へ向かう途中気になったお店があったので、帰り道
   立ち寄ってみました。   
          あしたば0001
あしたば0001_1あしたば0001_2
    お店の中はこんな感じです。
    コーヒーと紅茶しか置いていない模様?
    紅茶も入れられるけど?コーヒーが美味しいよ!!
    コーヒーを頼まなければならない雰囲気に、コーヒーを…   
あしたば0001_4
    窓の外をみてみると、富士山が…南アルプスが…駿河湾が…
    道路からは見えない景色が、絶景です!
あしたば0001_3
あしたば0001_5
    こうして、ゆっくりと富士山を眺めながら本当に(お世辞じゃありません)
    美味しいコーヒーはさらに美味しく感じました。
    富士山に魅かれて、値段を聞かないで注文したコーヒーは700円@@
    入場料と思えば、まっ!いいか?
    毎日この景色を眺められるオーナーは幸せですね。
    きっといい事ありそうな、必ずいい事ありそうな、
    そんな気分で帰路につく事が出来ました。
    帰ってから、娘は宝くじを買ってお釣りがきたそうです(笑)



    
    
スポンサーサイト

| お出かけ静岡 | 21:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伊豆へ

   今日は、日中はとても暖かく過ごし易い一日でした。
  
   11月20日、21日と伊豆へ出かけてきました。
   主人と娘と三人とも休みが取れることになり急に思い立って出かけてきました。
   今回の旅の目的は、温泉にゆっくりつかって美味しい料理に舌鼓、
   ゆっくりのんびりと癒しを求めての旅になりました。
   三島駅で待ち合わせをして、2日間レンタカーを借りての出発です。
三島駅0001
   三島駅で出迎えてくれたのは、雄大な富士山です。
   新幹線ホームから。
浄蓮の滝0001
   宿のチェックインの時間まで少し時間があったので、宿の近く
   湯ヶ島にある浄蓮の滝へ立ち寄りました。
嵯峨沢館0001_1
   今回の宿泊は“嵯峨沢館
   11ヶ所の湯処があり、温泉も料理もサーピスも評判の湯宿です。
   ゆっくりと温泉につかりたかったので、14:30と早めのチェックインです。
   温泉旅館に宿泊する時は、早めにチェックインするのをお薦めします。
   早い時間は、お客様も少ないのでゆっくり温泉を楽しめるのです。
嵯峨沢館0001
嵯峨沢館0001_2
嵯峨沢館0001_1
嵯峨沢館0001_3
   部屋からの眺めです。
   丁度紅葉が始まってお天気も良く、とてもいい眺めです。
      料理0001
   ゆっくりとお茶をいただきながら景色をながめるのはいいものです。
嵯峨沢館0001_4
   お部屋もゆったりとしていて気持ちがいい空間です。
嵯峨沢館0001_5
   部屋のお風呂は24時間かけ流しだそうです。
   ゆっくりと時間が流れている感じがします。

      食事は食事処でいただきます。   
      料理0001_2
料理0001_1料理0001_5
    秋の味覚を表現した季節感満載の食事に大満足です。
    名産のわさびのなんと甘くて美味しいこと。。。
    山盛りあったわさびのすりおろしが、食を進ませてアッと言う間に
    無くなってしまいました。
料理0001_3料理0001_4
         料理0001_6
      料理0001_7
      料理0001_8
食事処0001
     食事処の部屋からこんな名月を眺める事が出来ました。
嵯峨沢館0001
     こうして、温泉三昧、味三昧の一日は終わりました。
     何回でも訪れたい宿がまた一つ増えました。
     つづく…



| お出かけ静岡 | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本の宿 器と料理

   今日は、気温19℃と汗ばむような一日でした。
   日中偕楽園の脇を通り掛ったのですが、平日だと言うのに
   凄い混雑でした。
   やっと満開になった梅を愛でる人の波に驚きました。
   平日、こんなに混んでいるのを見たのは初めてかもしれません。

   先日(もう二週間も前になってしまいましたが)女三人の旅行で宿泊した宿
   “柳生の庄”のおもてなし、一番の楽しみである宿の食事です。
   東京芝白金で料亭「柳生」をしていたことに始まり、
   京懐石を礎とする本格割烹を原点としていると言うだけあって
   全てにおいて隅々まで配慮された料理と器は、舌で味わい目で味わえる
   とても奥の深い料理の楽しめる宿でした。
竹0001
   竹林と数奇屋造りの宿は、まさに日本の宿に相応しい佇まいをしています。
   
おもてなし0001
菓子0001菓子0001_1
   3月にちなんで、桜餅とお抹茶のとても相性の良いおもてなしです。
   甘すぎることのない桜餅に、梅酢につけられた桜がのっていて
   とても上品な桜餅でした。おいしかった~@@

      器0001
    食前酒は、朱塗りの漆の器に濁り酒です。
    とても口当たりの良い器です。
料理0001_1
器0001_2料理0001_1
器0001_1料理0001_2
器0001_3料理0001_2
    温かい物は温かく、冷たいものは冷たく、懐石の醍醐味です。
    美味しいのは勿論ですが、器の美しさに目を奪われます。
    器にもまして料理もとても美しく、食べるのがもったいないくらいです。
器0001_1
料理0001
    筍の木の芽和えです。
    木の芽の香りと筍の香りが、口いっぱいに広がります。
    器の蓋を開ける瞬間のワクワクドキドキ感も、楽しみの一つです。
器0001_4料理0001_3
    3月のおひな祭りにちなんで、ちらし寿司がでました。
    手作りのでんぶは、ふんわり淡雪のように口の中でほどけます。
    錦糸玉子は、どうしたらこんなに細くできるのだろう???と
    思うほど繊細です。
    とても上品なおもてなしに、心までほんわりあったかです。
    ちょこんと、可愛いつくしんぼが乗っていましたよ。
器0001_2料理0001_3
お櫃0001
    お櫃もこの通り、抱えてしまいたくなるような丸みをしています。
器0001_1器0001
器0001_2器0001_3
   とても贅沢な時間を味わうことが出来ました。
   女同士の旅に、食べることは外せないですねぇ。
   日本の奥ゆかしさと美を携えた、とても落ち着ける宿でした。
   四季折々、何度でも足を運びたくなってしまいます。
   





| お出かけ静岡 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春爛漫

   今日は、河津桜を見てきました。
   ダブルTさんと女三人、今年は河津桜の開花が遅れていて
   桜が満開だと言うので、昨日今日と1泊2日で出かけてきました。
河津桜0001。
河津桜0001_1。
   4キロにわたって、桜並木が続いているそうです。
   私たちは、修善寺側から浄蓮の滝経由のバスで行って来ました。
   河津駅の少し手前のバス停峰温泉でおりてから、川沿いをゆっくりと歩きました。
   峰温泉から駅まで、1キロ強の桜並木です。
   満開の桜・桜・桜・
河津桜0001_1
河津桜0001_2。
   正に春爛漫
   本当は、3月10日までの桜まつりは、今年の開花の大幅な遅れで、
   18日まで延期になっています。
   今週末まで満開を満喫できると思います。
   みなさん、是非出かけてみてください。
河津桜0001
   桜のトンネルは、沢山の人で賑っていました。
   今日は、春の日ざしがいっぱいで、
   お花見にはとても良いお天気に恵まれました(実は晴れ女)
河津桜0001_2
河津桜0001_3
河津桜0001_4
河津桜0001_5
   桜って、ほんとうにいいですねぇ♪

   河津桜の由来
 1974年に「カワヅザクラ(河津桜)」と命名され、1975年に河津町の木に指定された。
 現在も原木は河津町に存在していて、川沿いに桜を植えてから50~60年になるそうです。
 桜には、それぞれ手入れをされている方なのでしょうか?名前がついていました。
 これだけ長い並木を保つのは、大変な努力がされているのだと思います。
   

| お出かけ静岡 | 22:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伊豆アニマルキンギダム

   今日は、昨日の春のような暖かさから一転して冬に逆もでり
   寒い一日でした。

   先日訪れた伊豆旅行の続きです。

   ホワイトタイガーがやって来たと言う“伊豆アニマルキングダム
   へ行って来ました。
   こんな寒い冬に、動物園?と思うかもしれません。
   初めは私もそう思いましたが、当日は以外に温かかったので、
   ホント!!もしかしたら、十数年前に行ったきりかもしれない
   動物園に行ってきました。
   アニマルキングダム0001
   入口には、こんな可愛らしいバスが止まっていました。
   思わず童心に帰っての、園内散策です。
アニマルキングダム0001_16
   入口を入って直のところで、鳥たちのお出迎えです。
   フラミンゴの一本足、とってもスマートな出で立ちです。
   フラミンゴの赤い羽根は、フラミンゴの餌に含まれる
   赤い色素から色がついているそうです。
   大人になってから訪れる動物園は、新しい発見が一杯です。
アニマルキングダム0001_1アニマルキングダム0001_18
       アニマルキングダム0001_2
アニマルキングダム0001_3アニマルキングダム0001_4
    それぞれが、思い思いの動きをしていています。
    カモの泳いでいる池には、半分くらい氷がはっていました。
    寒くても、元気元気
アニマルキングダム0001_5
     アニマルキングダム0001_6
     アニマルキングダム0001_7
    キリンの目の愛らしいこと!!
    キリンの舌が、こんなになが~~いのには、驚きです@@
    とても人懐っこいキリンです。
アニマルキングダム0001_15
    ふれあい広場にいるカピバラです。
    体に触ってみると、ハリネズミみたいにとっても硬い毛をしていて
    手が痛かったです。
    見た目は、やわらかそうなのにね。。
    寒いせいか、ピッタリとくっつていました。
    ふれあい広場と言えば、小さな子どもたちのため…と思っていましたが、
    私たち以外にも、結構大人が喜んで色々な動物にさわったり、
    だっこしたりしていました。
    広場の動物たちには、いい迷惑だったかも知れませんね。
アニマルキングダム0001_8
     アニマルキングダム0001_9
     アニマルキングダム0001_17
    サイって、こんなに大きかったのですね。
    角と角を突き合わせて、力比べをしているように見えました。
    怒っているような様子は見えませんでしたよ。
    傍らでは、マイペースに寝そべっているサイがいました。
    本当に眠たそうな表情をしています。

アニマルキングダム0001_11
アニマルキングダム0001_12
アニマルキングダム0001_13
アニマルキングダム0001_14
    お目当てのホワイトタイガーは、カッコイイ!!感じです。
    寝ている姿は、可愛いです。
    人の背丈より大きいのに、肉球はとっても可愛かったです。

    娘に誘われるがままに行った動物園でしたが、
    ゆっくりのんびり回ってみると、動物たちの姿に思わずニッコリです。
    本当は、自然の中にいるのが幸せなのかもしれませんが、
    動物園の中では、動物たちもゆったりと過ごしているように見えました。
    普段落ち着きのない生活をしていると、こんな空間にも癒される気がします。
    
    
 
 

| お出かけ静岡 | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT