| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第17回東京国際キルトフェスティバルⅡ

    今日は、最低気温が−5℃と寒い朝を迎えましたが
    日中は久し振りに10℃まで上がり暖かく感じる1日でした。

    今日は、スーパーブルーブラッドムーンという事で、
    くっきりと現れたお月様を見る事が出来ました。
    つい先日お正月だと思ったのに、今日で一月もで終わりです。

    キルト展の続きです。
キルト0001_43
キルト0001_44
    はずむ心
    キルトフェスティバルのポスターになった作品です。    

    特別企画 モラ    
キルト0001_12
キルト0001_13
    中山 富美子先生の作品です。
キルト0001_52
    モラらしい色使いの作品です。
    すご~く大きいです。
キルト0001_11
    創作部門一位の作品です。
キルト0001_50
キルト0001_51
    米永 真由美先生の作品です。
    ビーズをふんだんに使った龍のリアルさに驚きました。
キルト0001_45
キルト0001_46
     青い星の世界
     モノトーンの落ち着きのある作品です。
キルト0001_3
キルト0001_42
     自然をテーマにした作品です。
     色々なトケイソウが描かれていました。
キルト0001_35
キルト0001_36
      先日見て来た水族館を思い出しました。
      お魚たちが生き生きと泳いでいるように見えます。
キルト0001_33
キルト0001_34
     花ごよみ
     和布を使った作品は9年の歳月が掛かっているそうです。
キルト0001_17
キルト0001_18
     フェルトを使ったこんな賑やかな展示もありました。
     ミシンキルトです。
キルト0001_24
キルト0001_25
     風のネックレス
     この作品を見たら、どんな小さな布切れも捨てられない!
     と思う程沢山の布の切れ端が使われていました。
キルト0001_31
キルト0001_32
     望郷
     物語のような作品です。
キルト0001_47
キルト0001_48
キルト0001_49
     中学生の子供たちが作った作品です。 
     子供たちの自由な発想が布で表現されていました。

     年々進化するキルトの作品に沢山の刺激をもらいました。
     


スポンサーサイト

| お出かけ東京 | 21:33 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第17回東京国際キルトフェスティバルⅠ

    今日は、朝起きたら一面銀世界でした。夜になって雨が
    降り出した記憶があるのですが、いつの間にか雪に
    なっていたようです。先日のような大雪では無かったので
    日中はかなりの勢いで溶けていました。
    最低気温が−3℃日中は5℃までしか上がらずかなり寒い
    空気の冷たい一日でした。

    今年も、妹からキルト展の招待券があるから行かない?と
    連絡があったので、日曜日に出かけて来ました。
    久しぶりの妹とのお出かけは嬉しく楽しかったです。

    第17回東京国際キルトフェスティバル
      ~2018年1月31日 
  
     特別企画展 若草物語をテーマにしたキルトたちの
     メインを鷲沢玲子先生が作られていました。  
キルト0001
キルト0001_1
キルト0001_2
キルト0001_40
     木の葉っぱや果物、食器や草花までみ~んなキルトの
     世界です。
     スライスのりんごやティポットもこんなものまで布?キルト?
     本当に繊細で素敵な作品です。
キルト0001_37
キルト0001_4
     鷲沢 玲子先生の作品は
     メグのウウェディングリングと言う題名が付いていました。

     そのお隣には、三浦百恵さんの作品です。
キルト0001_6
キルト0001_39
    私の人生~メグの場合~
    若草物語の四姉妹の長女メグをキルトで
    表現したそうです。
    旅先で出会った布やビンテージのリボンを使っているそうです。

    日本キルト大賞の作品です。
キルト0001_14
キルト0001_15
    眞田 雅子さんの作品です。
    華曼荼羅 古い着物や布団などの布地やビーズなどを
    あしらって華やかなキルトになっています。

    「はらぺこあおむし」で知られる絵本作家
    エリック・カールの額絵キルトたちです。
キルト0001_19
キルト0001_20
    福井暁子先生の立体的になっているキルトは
    前から見ても横から見ても楽しい作品です。
キルト0001_21
キルト0001_41
キルト0001_22
キルト0001_23
    色の表現を絵本と同じに表現されているのにも驚き、
    それぞれの作品の中に作家の方々の細やかな
    手法が使われていて、これが布?糸?驚くばかりです。
   
    つづく・・  

| お出かけ東京 | 21:37 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MINIATURE LIFE展

  今日は、気温が28℃まであがり久しぶりに秋晴れの   
  爽やかな一日でした。
  すっきりとした青空を見たのは何日ぶりだろう?

  昨日の事ですが、娘二人とたーくんと新宿高島屋で待ち合わせて、
  ひよっこ(朝ドラ)のオープニングミニチュアの田中達也さんの展示会
  を見て来ました。
  「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての 世界
    新宿髙島屋(東京・新宿)11階特設会場
    開催期間は2017年9 月1日(金)~9月12日(火)。

   いよいよひよっこも最終章に突入です。
   茨城が舞台なので毎日楽しみに欠かさず見ています。
   毎朝見ているオープニングの場面。
   実際に間近で見られると言うので出かけてきました。
展示会0001
   高島屋らしく お入口➡からの入場になりました。   
展示会0001_3
展示会0001_4
   身近なブラシにミニチュアの人形が仕事をしています。
   ひよっこの中の世界が目の前にあらわれて感激です。
展示会0001_1
   ノートがこんなに高~く感じられる程小さな人形たちです。
展示会0001_2
   ポテトチップスの上にも・・
展示会0001_8
    フランスパン型の電車がミニチュアの線路を実際に走る「新パン線
    朝の見慣れた光景です。
    とても楽しい展示は100を超える作品が並んでいて
    見ごたえのある展示でした。

    平日にも関わらず結構混んでいました。
    写真撮影OK“SNSで展覧会の様子をシェアしよう!
    だったので写真を撮る方が多かったのと、
    年配の方(私を含めて)が多かったので、この小さな人形を見るのに
    中々ピントが合わないのも一因でしょうか?見学の列が中々
    進まないので混んでいるように見えたのかも知れません。

    久しぶりの娘たちとのお出かけもいっぱいおしゃべり出来て
    とっても楽しかったです。
    たーくんも久しぶりのお出かけに大満足だったようです。
    ベビーカーでの往復電車の移動中はぐっすり寝ていてくれたので
    とっても助かりました。
   たーくん0001_2
    たーくんも1歳1ヶ月になりました。
    あんよもゆっくりですが少しずつバランスを取りながら
    歩き始めています。
    おしゃべりは、一番に言えたのはやっぱりママでした。
    次におっぱい。ごはんでした。
    食べるの大好き♪た-くんらしいでしょう(笑)
    1歳の記念に写真スタジオで撮った一枚です。

    展示会は12日(火)まで開催しています。

| お出かけ東京 | 23:48 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

屋上のクリスマスローズ

     今日は、気温は9℃まで上がりましたが、昨日の雪の影響
     でしょうか?木枯らしが吹き荒れた凄く寒い一日でした。

     記事が前後しますが、週初めから娘の所へ孫の子守に
     行っていました。
     お陰様でたーくんは6ヶ月になりました。
     コロコロト寝返り始めてて、寝返りをする度に
     私の方をみてどや顔ヽ(^o^)丿を見せてにっこり笑います。
     この仕草が何とも可愛らしくなりました。

     水曜日の事ですが、娘を誘って、日本橋三越本店の
     チェルシーガーデンでクリスマスローズ展をしている
     と言うので出かけて来ました。
     クリスマスローズ展は~28日まで開催
     屋上は、春の草花が咲き揃って春爛漫と言った装いを
     していました。
クリスマスローズ0001_6
     まず目に付いたのは、展示会場に飾られた
     ハンギングバスケットです。
     白い花だけを使った清楚な色使いがとっても素敵
     でした。
     
クリスマスローズ0001
     ピンクのダブルのクリスマスローズが鉢から溢れんばかりに
     咲いていました。
     毎年大株に育っている有島さんのクリスマスローズは見事です。
クリスマスローズ0001_4
     会員の方々が丹精込めて育てたクリスマスローズたちは
     それは見事に咲き誇っていました。
クリスマスローズ0001_2
     リバーシブルなのでしょうか?
     コロコロとした沢山の蕾も可愛らしいです。
クリスマスローズ0001_5
     桜の花色を思わせるやさし気な花は、チベタヌスの
     交配でしょうか?
クリスマスローズ0001_1
    原種系の交配種でしょうか?
    小さなグレープ色をしたシックなクリスマスローズです。
クリスマスローズ0001_3
    イエローのダブルもこんなに沢山咲いていました。
    見慣れた顔や始めましても沢山あってとても見ごたえがありました。
    屋上にはクリマスローズの苗も沢山販売されていましたが、
    流石三越、お高くてちょっと手が出ませんでした。

    家に帰って見ると、ほったらかしで手抜きのクリスマスローズが
    咲き出していました。
クリスマスローズ0001
    今年の第一号は一重のピコティでした。
    こうして花が咲いてくれるととっても嬉しいですね。
    今年はちゃんと手入れをしてあげようと心に誓いました(笑)
     
    

| お出かけ東京 | 21:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第16回東京国際キルトフェスティバルⅡ

    今日は、最低気温が-4℃最高気温も7℃までしか
    上がらず今年一番の寒さになりました。

    つづきです。

    キャシー中島さんのわたしの布遊び『花』のコーナーです。
キルト展0001_22
キルト展0001_24
キルト展0001_23
   ハワイアンキルトもこんな素敵な表現になっていました。
   素敵な色使いと大好きな薔薇が沢山使われていました。

   happy roseと名付けられたキルトです。
キルト展0001_40
キルト展0001_41
   世界中で愛されている薔薇を沢山散りばめ、
   水色のグランデーションの中に真っ白な雲が
   浮かんでいます。
   やさしさに溢れた作品です。

    春を彩る花ミモザがあふれるように降り注ぐ
    渋いグリーンの下地に黄色が映えています。
キルト展0001_27
キルト展0001_28
キルト展0001_29
    ミモザの刺繍だけでも気が遠くなりそうです。
    素敵な作品です。

    「奨励賞」
キルト展0001_35
キルト展0001_36
    こころに咲く桜
    風に舞う一瞬の桜を表現したそうです。
    桜の季節 桜色に染まった桜の暖かさが
    伝わって来るようです。

キルト展0001_37
キルト展0001_39
    まるで絵画をみているような作品です。
    布で水の透明感を表現できるのですね。    
キルト展0001_32
キルト展0001_33
    落ち着いた色合いの中に可愛らしいパターンが
    いくつも並んでいます。
    いったいどれだけのパーツを切り取ったのでしょうか?
キルト展0001_20
キルト展0001_21
    中学生が家庭クラブで作り上げた作品です。
    中学生のレベルも大人顔負けです。
    大人にはない色使いと発想は素晴らしいですね。
キルト展0001_44
    6歳の子の作品もありました。
    水族館へ行った時の思い出をキルトにしたそうです。
    針をもたせるなんて・・危ないなぁ・・なんてとんでもない
    ですね。
    どんなに小さくてもやってみればなんでも出来るものなんですね。

   技法もデザインも素材も様々、色々なものが使われていて
   年々レベルアップしている気がします。
   目も耳も頭もフル回転していた気がします。
   出かけたのが午後になってしまったので、朝から出かけて一日
   ゆっくり見れば良かったと思いました。
   いっぱいいっぱい刺激をもらって帰ってきました。
   歩きまわって、足が疲れた~
   
    
    

| お出かけ東京 | 21:41 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT