| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

七ツ洞公園

    今日は、気温が17℃まだ上がりポカポカの小春日和の
    お天気でした。

    土曜日の事ですが、MEGの活動がありました。
    冬のバラの手入れも4年目に入り、今回もまた
    イングリッシュローズの冬の手入れとして、
    デビッド・オースチンテクニカルスペシャリスト
    平岡誠さんの講座が午前と午後を通してありました。

    先ずは、シュラブローズのイングリッシュローズの手入れです。
    剪定は、春に綺麗な花を咲かせるために人間の都合で行う
    作業なので、自分の所では春に咲かせたい位置剪定すれば
    良いそうです。
    一番綺麗な位置に花を咲かせる?
    難しいなあ?
    四季を通しての記録が大切で、四季を通して同じ角度から
    写真を撮って自分のバラの性格知る事が第一歩だそうです。
    七ツ洞公園では膝の高さに剪定して行きました。
    
七ツ洞公園0001_2
    ワサワサと生い茂った葉っぱをむしり取る作業から、
七ツ洞公園0001
七ツ洞公園0001_1
    古い枝は根元から切り取ります。
    古い枝には花が付きにくくなるので、新しい枝に
    更新する事により沢山の花が咲いてくれます。
七ツ洞公園0001_3
    剪定を終えてスッキリしました。    
七ツ洞公園0001_4
    周りに穴を掘り肥料を入れて牛糞を混ぜて終了です。
    生育の悪いバラの応急処置(植物園のやり方=他の植物にも
    使えるそうです)、バラの根っ子より少し離れた所に
    培養土を入れ込み、そこまで根を伸ばすのを促すと言う
    やり方は結構効果ありだそうです。
    試してみる価値ありそうですね。    
七ツ洞公園0001_5
    惜しげもなくカットしたのはヘリデージ
    かわいらしい花束が出来ました♪
七ツ洞公園0001_6  七ツ洞公園0001_7
    つるバラも葉っぱをむしり取り、古い枝は根元から切り取り
    シュートから出ている枝は一芽残してカットしました。
    これだけで誘引がとっても楽になりました。
    枝の方向など全体を見ながら誘引して行きました。   
    つるバラの誘引は12月中にした方が枝が曲げやすい
    という事でした。   
七ツ洞公園0001_8
七ツ洞公園0001_9
    このボサボサはスノーグースです。
    野バラの血を引いているスノーグースは、他の
    つるバラより気を使わなくて良いそうです。
    葉っぱをむしり、横枝を剪定してアーチに縛り付けて
    いました。
七ツ洞公園0001_11
    こちらはまだ植えて一年目のつるバラです。
    横曲げでS字誘引しているものと、つるを伸ばす為に
    真直ぐに誘引しているものと混在させていました。
    成る程…
    余談です
    自然に自生している野イバラについて
    落葉樹の所に自生しているものが多く、古い枝は
    自然に枯れ込んでその後には新しいシュートを
    伸ばして生きているそうです。
    自然に古い枝と新しい枝の更新が出来ているのですね。    
七ツ洞公園0001_10
    MEGの会も4年目になると、バラの剪定は手慣れたもので
    サクサク作業が進みました。
    それでもバラの選定作業は一日かかってしまいました。
    こんなにすっきりしましたよ。
    MEGの会も3月まで冬休みです。
    お疲れ様でした。

    七つ銅公園 イベントのお知らせです。
    Xmas & New Year Party←クリックしてね
    2016年12月24日(土)
     七ツ洞公園芝生広場
    15:00~20:30 ※雨天中止。
    七ツ洞公園でクリスマスパーティーが開催されます。最後には花火が上がります。
スポンサーサイト

| 七ツ洞公園 | 21:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七ツ洞公園

   今日は、七ツ洞公園のAutumn Fair は秋晴れに
   恵まれ沢山の人々が集まって賑わっていました。

   MEGのメンバーが持ち寄った苗たちも、お陰様で
   11:30分頃には完売しました。   
   毎回楽しみに着てくださる方々も次第に増えて来て
   何だかとっても嬉しかったです。
   また、来て下さった沢山の植物好きさんたちとも
   お話し出来て楽しかったです。
   
   ひみつの花苑では秋バラが咲き始めています。
   まだまだ蕾がいっぱい付いているのでこれからが
   見ごろになるでしょう。  
七ツ洞公園0001_4
七ツ洞公園0001_5
   七ツ洞公園の秋のシンボルになりつつある
   サルビア・イエローマジェスティが年々大株になって咲いています。
七ツ洞公園0001
七ツ洞公園0001_2
   シックな赤いバラは、秋は一層深みを増しています。
七ツ洞公園0001_1
七ツ洞公園0001_3
  コロコロピンクのこんな可愛らしいバラも咲いています。
七ツ洞公園0001_6
  シックな花形をしているのはヘリテージです。
  イギリスからやって来たレンガの壁が一層バラを
  引き立てています。
  これからどんどん秋バラが咲いてきます。
  春の様には華やかではないけれど、深みのある秋バラを
  楽しんで頂けたらと思います。
  七ツ洞公園へ足を運んで見てください。
  

| 七ツ洞公園 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七つ洞公園で

    
      今年も秋バラが咲く七ツ洞公園で、秋のイベントが開催されます。

七ツ洞公園0001_8

    Autumn Fair in Nanatsudo

      <日程>
      10月23日(日) 10:00~16:00  ※小雨決行
      <場所>
      七ツ洞公園芝生広場
      <内容>
    ●パークヨガ
      秋の七ツ洞公園芝生広場でヨガの体験教室を行います。
      ※雨天時は近隣の農村研修館で行います。
      ・時間 11:00~12:00/14:00~15:00
      ・参加費 無料
    ●カフェタイム
      ガーデンテーブルで休憩しながら紅茶やハーブティーが楽しめます。
    ●Nanatsudoガーデンマーケット
      おしゃれな雑貨やおススメのお花などが購入できます。
      MEGも参加します。
      会員が持ち寄ったとっておきの苗を格安で販売します。
    ●寄せ植え教室
      ・時間 10:00~/13:00~
      ・参加費 1,000円
      ※予約不要
    ●秘密の花苑庭園ガイド
     秋バラが見頃の秘密の花苑をMEGの会員がご案内します。
     ・時間 11:00~12:00/13:00~14:00

     盛りだくさんの一日だけのイベントにお出かけください。

| 七ツ洞公園 | 08:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏剪定

   今日は、台風の影響で雨が降ったり止んだり
   晴れたりと不安定なお天気の一日でした。   
  
   土曜日に七ツ洞公園にてMEGの活動があり、平岡 誠さんの夏剪定の
   実践講座がありました。
   台風が近づいているせいで涼しく曇り空の作業日和になりました。
七ツ洞公園0001_15
七ツ洞公園0001_1
   夏の七ツ洞公園は、様々なジニアが咲き誇っていました。
   ジニアってこんなに色々な種類があったのですね。
   涼し気な色のサルビアや情熱の赤いアルビアなど
   夏の花々が咲いています。
七ツ洞公園0001
七ツ洞公園0001_4
   七ツ洞公園のバラたちは夏の暑さにも葉っぱを落とすことなく
   こんなに元気に育っています。
   防風林に囲まれた秘密の花薗はバラたちにとって
   居心地の良い場所のようです。
七ツ洞公園0001_3
七ツ洞公園0001_6
   夏季剪定は、バラのお世話をしている人の都合に合わせて
   剪定するのだそうです。
   剪定をして45日を目安にきちっと剪定する人、一株の苗で
   蕾を残したり剪定したり色々混ぜこぜにする人、剪定せずに
   そのまま自由に咲かせる人、秋バラはそれぞれの感性で
   咲かせれば良いそうですが、七ツ洞公園では10月に一斉に
   バラが咲くようにと、一気に気持ちよく剪定をしました。
   *深く剪定すると花が咲くまで時間がかかるそうで、
     早めに花を咲かせたい時は浅めに剪定すると良いそうです。
   *夏に葉っぱが少ない枝を、まったく葉っぱが無い所まで剪定
     してしまうと枯れ込みの原因になるので、出来るだけ葉っぱを
     残して剪定すると良いそうです。
   *イングリッシュローズ(シュラブローズ)は、全部の枝にハサミを入れて
     剪定すると花が咲き易くなるそうです。
七ツ洞公園0001_12
七ツ洞公園0001_13
七ツ洞公園0001_14
七ツ洞公園0001_20
     つるバラは蕾が付いた先っちょだけにハサミを入れ
     出来るだけシュートを伸ばしてあげるそうです。
     こんなにわさわさした枝は大まかに二つに分け
     二つの束にまとめて横に倒して紐で縛りました。
     この時期ある程度癖付けをすると、冬の誘引が
     し易くなるそうです。
七ツ洞公園0001_9
七ツ洞公園0001_10 
七ツ洞公園0001_11
    スタンダード仕立てのバラもこんなにさっぱりしました。
七ツ洞公園0001_7
七ツ洞公園0001_8
    パーゴラに誘引しているつるバラは、伸びた枝を
    なるべく横に伸びるよう紐で縛っています。
    横に倒すことによって、さらに横枝からのシュートを
    期待して花数が増える事を期待しているそうです。
七ツ洞公園0001_16
七ツ洞公園0001_18
七ツ洞公園0001_17
   スノーグースもこんなに大きく育ってきました。
   自由奔放に枝を伸ばしている枝を、アーチに沿って
   紐で縛りました。
   棘が少ないのでこんな作業がし易いのもスノーグース
   ならではないでしょうか?
   さっぱりしました。
七ツ洞公園0001_19
   トランクウィリティの清楚な花がしっとりと咲いていました。
   夏剪定の為に切りました。
   剪定された花たちは、植物公園に持ち帰ってバラのポプリに
   生まれ変わるそうです。
   午前中の実践講座は盛り沢山で、こうして実際のバラに
   惜しげもなくハサミを入れられるのはMEGならではないでしょうか?

   *調子の悪いもの、丸坊主になっているものなどは
    休眠期が必要だそうで蕾を撮る程度で剪定は控えた
    方が良いそうです。
    冬に土壌改良したり鉢に上げたりと、バラを生かすことに
    専念した方がバラの為には良さそうです。 
    自分の家のバラの生育を注意深く観察するのが
    大切なようですね。
   いよいよ8月も終わりです。

| 七ツ洞公園 | 22:21 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七ツ洞公園

     今日は、気温が31℃まで上がり湿度い曇りの
     一日でした。
 
     今日は、MEGの活動がありました。
     秘密の花苑では夏の草花が爽やかに咲いています。
     梅雨の合間の作業は各班に分かれて、枯れた草花の苗を
     抜て新しい苗に入れ替えや、徒長したノウゼンカズラや
     バラを剪定花柄摘みなどをしました。
七ツ洞公園0001
七ツ洞公園0001_2
     今年4年目になる赤や黄色のヘメロカリスが大きく育ち、
     後ろに植えられたアナベルも沢山の花を咲かせるように
     なりました。
     ヘメロカリスの色をアナベルの白が引き立てています。
七ツ洞公園0001_3
     アナベルは広い所にはお似合いですね。
     アナベルのサッカーボールのような花が小さく見えるのが
     不思議です。
七ツ洞公園0001_4
     黄色のアキレアと真っ赤なモルダナとの共演は
     ジメジメとした梅雨の空気を明るくしてくれます。
七ツ洞公園0001_5
    ダリアの黒蝶もポツポツと咲き出しました。
七ツ洞公園0001_6
    アジサイの後ろの方には、サルビアイエローマジェスティが
    大きく丈を延ばしています。
    そろそろサルビアたちが活躍してくるようです。
七ツ洞公園0001_8
七ツ洞公園0001_9
    銅葉のダリアやボックセージも咲き出しました。
七ツ洞公園0001_10
七ツ洞公園0001_11
七ツ洞公園0001_12
七ツ洞公園0001_13
     イングリッシュローズは沢山の蕾が上がって
    二番花が咲き始めています。
    どの株もみんな元気一杯にしています。
七ツ洞公園0001_14
     花苑へ続く小道にはクチナシが咲いていて
     クチナシの甘い香りを振りまいて花苑へと
     導いてくれています。
     梅雨の花苑も魅力的な花々が咲いています。
     梅雨の憂鬱な気分転換に七ツ洞公園へ出かけて見て下さい。
 
     
      

| 七ツ洞公園 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT