| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

七つ洞公園

   今日は、朝方突然の雷と雨に驚いた日でしたが
   曇り空で気温が25℃ととても過ごし一日でした。

   土曜、日曜と七ツ洞公園で開催されたKUNITA  DE LOHAS 
   のイベントの中でMEGの活動に参加してきました。
   9:00に到着しましたが既に沢山の人出賑わっていました。
   会員が持ち寄った苗の販売のため、土曜日は値札付けの
   予定でしたが、苗を販売して欲しいと言うお客様が多くて
   急きょ一時間だけ苗の販売をしました。
   大盛況で持ち寄った苗の半分以上が無くなってしまいました。
   会員の方々には日曜日にも苗を追加してもらいましたが、
   これまた大反響で、11:00には完売となり嬉しい結果と
   なりました。
七ツ洞公園0001
七ツ洞公園0001_11
   秘密の花苑は5周年を迎え、MEGの苗を目当てに来て
   下さるお客様も随分増えました。
   苗の販売を通して、植物好きの方たちとお話しするのは
   とても楽しかったです。
七ツ洞公園0001_4
   秘密の花苑のバラたちはさらに咲き進み、
   この日のイベントの合わせたように満開になってくれました。
七ツ洞公園0001_3
七ツ洞公園0001_1
七ツ洞公園0001_5
七ツ洞公園0001_2
七ツ洞公園0001_6
七ツ洞公園0001_7
七ツ洞公園0001_8
    5年目になるとバラも随分充実して良い花を
    咲かせてくれるようになりました。
    更地から腐葉土や牛糞や炭などを混ぜ込んで土作りから
    始まったのが嘘のように花苑に変身しました。
七ツ洞公園0001_9
    日曜日は、NHK趣味園ナビゲーターの三上真史さんが
    秘密の花苑を案内して下さり、最後に秘密の花苑に
    咲いた花々でタッジーマッジーを作って一人に
    プレゼントと言うサプライズもあり大いに盛り上がって
    いました。
七ツ洞公園0001_10
   コンサートなどもあり園内は素敵な音楽が流れていて
   お天気の良い素敵な二日間になりました。

   そろそろ庭の手入れをしなくては・・

      


スポンサーサイト

| 七ツ洞公園 | 23:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七ツ洞公園

    今日は、気温が24℃まであがりお天気の良い
    爽やかな一日でした。

    七ツ洞公園の「秘密の花苑」のバラが満開を迎えて
    いると言うので出かけて来ました。
七ツ洞公園0001
七ツ洞公園0001
     木漏れ日の林の中は涼風が吹きわたりとても
     爽やかです。
     青紅葉がとても美しい風景にホッ!
七ツ洞公園0001_1
    コゲラでしょうか?まあるい穴が空いていました。
七ツ洞公園0001_1
    白いバラが大きな木に登って、上から降り注ぐように
    咲いていました。   
七つ洞公園0001_1
七つ洞公園0001
    昨年まで大不調のグラハムトーマスでしたが、
    今年は大きなアーチに上って見事に咲いていました。
七ツ洞公園0001_2
七ツ洞公園0001_10
七ツ洞公園0001_11
七ツ洞公園0001_12
七つ洞公園0001
    2012年に植えられた記念植樹エリアのバラたちも
    見事に咲いていました。
    今年は冬が寒くて休眠期が長かったせいか
    特に綺麗に咲いている気がします。
七ツ洞公園0001_2
七ツ洞公園0001_5
七ツ洞公園0001_9
    ホワイトガーデンのコーナーもスノーグースなど
    白い花が沢山咲いていました。
七ツ洞公園0001_4
七ツ洞公園0001_6
七ツ洞公園0001_3
七ツ洞公園0001_7
七ツ洞公園0001_5
七ツ洞公園0001_6
七ツ洞公園0001_8
    まだまだ沢山の蕾が付いているので、暫く
    バラを楽しめそうです。
    林の中に囲まれたバラの苑は今が一番輝いています。
   
    「秘密の花苑」は5年目のバラシーズンを迎えています。
    イベントのお知らせ
    KUNITA  DE LOHAS←クリック
     5/26(土)~5/27(日) 10:00~16:00 入場無料
    七ツ洞公園秘密の花苑再生5周年記念
    「イングリッシュローズ&ハーブフェア」←クリック
     MEGは26日(土)秘密の花苑の花案内
          27日(日)草花の苗のフリーマーケット(売り切れ次第終)
              MEGの会員が持ち寄ったレアなものも
              あるかも知れません。              
              三上 真史も来園します。
      27日のフリマでお待ちしています。

      バラシーズンは忙しい♪♪

| 七ツ洞公園 | 23:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七ツ洞公園

     今日は、日中の気温が18℃まで上がりましたが、
     風が冷たく感じられる一日でした。

     土曜日のことですが、七ツ洞公園“秘密の花苑”で,
     ボランテアMEGの活動が今年度始めてありました。
     雨予報でしたがなんとか曇りの一日となりました。
     午前中は公園での実習作業、午後からは総会が
     あり今年の会員は80名でのスタートです。

     七ツ洞公園では鶯の声が心地好く鳴り響き、鳥たちの
     さえずりを聞きながらの楽しい作作業になりました。     
秘密の花薗0001_4
     新緑の季節を迎えた木々たちに囲まれた“秘密の花苑”では
     春の花たちが沢山咲いていました。   
秘密の花薗0001_3
     今日の作業は、各班に分かれてABCDエリアそれぞれを
     手入れしました。
     ・バラの根元を耕作(鎌でホジホジ)してバラの根元を常に
     ふかふかな状態を保つ作業
     ・バラのエリアに進出してきている植物たちの切り戻しや撤去
     ・冬の間枯れ込んだ葉っぱや増えすぎた植物の間引き
     ・バラの時期に咲く植物の植え込み
     などなど沢山ありましたが、沢山の参加があったのでサクサク
     作業が進みました。
     “秘密の花苑”には春の花たちやチューリップなど沢山の花々が
     咲いていました。   
秘密の花苑0001
秘密の花苑0001_1
      ホワイトガーデンではスノーグースがアーチを
      覆いつくして青々と繁ってきました。
秘密の花苑0001_2
      バラたちは新芽を伸ばし沢山の蕾が見えていました。
      今年のバラの開花は早そうな気配です。
秘密の花苑0001_5
      ゴールデンシモツケの黄金色の芽吹きがとても美しいです。
      合わせた黄色のチューリップも・・ね。
秘密の花苑0001_6
      バラの根元に植えられたリシマキアがバラを引き立てています。

      作業が終わってから七ツ洞公園を少し散策しました。
桜0001_5
      萌木色に染まった木々が水面に映った姿がなんとも
      美しい光景でした。

      遅咲きの桜たちが美しい姿を見せていました。
桜0001
桜0001_1
     ギョイコウ
桜0001_2
     ウコン
桜0001_3
     楊貴妃  
桜0001_4
     MEGに参加して5年目になりますが、こうして七ツ洞公園で
     遅咲きの桜を見たのは初めてかも知れません。
     緑色の桜や八重咲の桜が沢山咲いていて見ごろを迎えていました。
     ソメイヨシノのやさしい桜色に浮かれて過ぎた後のこんな落ち着いた
     桜を愛でるのも良いかも知れません。
桜0001_6
     シャクナゲも見ごろを迎えていました。
     木々たちが目覚め木々たちが笑っているような風景を見られるのは
     この時期ではないでしょうか。
     森林浴を楽しんだ後は“秘密の花苑”でゆっくり花を眺めて一休み・・
     お出かけして見てください。

| 七ツ洞公園 | 22:31 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ローズトーキング

    今日は、朝の冷え込み気温はー5℃と寒い朝を迎えました。
    日中の気温は11℃まで上がり小春日和の穏やかな一日でした。

    月曜日の事になりますが、水戸市植物公園でローズトーキングが開催
    されると言うので出掛けて来ました。


     「ローズトーキングバラと宿根草の庭」
ローズトーキング0001
ローズトーキング0001_1
    デビッド・オースチン・ロージズ社 テクニカルエキスパート 平岡 誠氏と
    京成バラ園ヘッドガーデナー 村上 敏氏の話を伺いました。
ローズトーキング0001_2
        写真コンスタンススプライ つるバラの様に扱えるシュラブ
    今回は、主にバラを引き立てる草花の話などをして下さいました。
    バラの花柄摘みをするか?しないか?
    *イングリッシュローズは花びらが散る品種が多いので、花柄摘みを
      殆どしないそうです。
    *京成バラ園では、豆に花柄を摘んで手を掛けて綺麗に咲かせている
      との事でした。
      何故花柄を摘むのか?勿論綺麗に見せるためと・・
      ・花が散らないバラはカビが生えたり病気になるのを防ぐために      
      ・実がなって木を弱らせる品種は、実を付けさせないために  
ローズトーキング0001_5
      写真イングリッシュラベンダーとアリウムギンガチウム
     イングリッシュガーデン 
      広大な土地の中に城や池があったり、木々の中を散策出来たり
      形成式庭園があったり、花薗があったりと日本では考えられない
      位の広さがあるという事でした。
      ガーデナーの手によって、あたかも植物がそこに育っている
      ように見せているが、実は四季を通して植物を総入れ替えしていたり、
      全部が鉢植えで遠目には庭に見えたりと言う見せるガーデンも沢山
      あるという事でした。
      イギリスのイングリッシュガーデンと同じ植栽をするのは、
      日本の気候に合わない植物があるので難しいそうです。
      *日本の気候にあった植物を使うのが望ましいそうです。
ローズトーキング0001_3
     写真エリンジウムとフウロソウ
      テーマであるバラと宿根草の庭を作るために・・    
       *一番大事な事は、三年後にそれぞれの植物がどんな大きさに
         成長するのか?植物の性格を知る事が大事だという事でした。
       *バラと宿根草を共存させるには・・
         ・丈夫なバラを選ぶ事
         ・肥料は極控えめにする事
           宿根草がバラに勝ってしまうという事でした。
           宿根草が冬になって枯れてその枯れ草が土に還ってを
           循環させて環境を整える事。
       ローズトーキング0001_4
           バラは光が大好きなので、他の植物にバラが覆われない
           ようにする工夫も大事だそうです。
           バラに合う宿根草
             *ラミウム(オーレア系がお薦め)
             *アジュガチョコレートチップス
               (斑入りのアジュガは日陰だと緑になってしまうので×) 
             *ティアレラ
               (ヒューケラは形が崩れるのでお薦めできない) 
             *穂状に咲くもの
               (ベロニカ系・ガウラ・ミツバシモツケなど)
             *オーレア系のクリスマスローズ
               (花が無い時期でも一年中葉っぱが美しい)               
             *銅葉のアスチルベ
             *原種シクラメン(コームやヘデリフォリウム)
          バラとクレマチスは相性が悪いというお話も
             *バラもクラマチスも光が大好きな植物なので、
               一緒に植えてしまうと強い方が勝ってしまうそうです。
             *株元を離して植えてたま~に一緒になる部分を作るのが
               望ましいという事でした。
             *バラと植えるのは新枝咲きのクレマチスがより望ましい
               という事でした。
             *クレマチスは30~40cmまで育ってもそれ以降光が
              当たらないと枯れてしまうので、必ず上まで伸びるまで
              光を絶やさないのがコツだとか・・            

      ここは日本なんだ~!!
      日本に合った植物を使って無理のない色使いや質感を楽しみながら
      長~くバラや植物と付き合って行きましょう!
      と仰っていました。
      お二人のテンポの良いお話はとっても楽しく庭作りのヒントと沢山の
      刺激をもらいました。
              
クリスマスローズ0001
     植物園の会場のクリスマスローズ
     見事でしょう!!
スノードロップ0001
セツブンソウ0001
     スノードロップやセツブンソウが林の中に沢山咲いている
     姿がなんとも可愛らしいです。
     冬の植物公園はこれから地植えのクリスマスローズなどが次々に
     開花する気配です。
     

| 七ツ洞公園 | 21:26 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七ツ洞公園

   今日は、気温は10℃までしか上がりませんでしたが、
   お日様がぽかぽか照らしてくれたので、とても暖かく
   感じられる一日でした。

   今日は、MEGの活動日でした。
   デビッド・オースチンテクニカルスペシャリスト・
   平岡誠さんによるバラの冬剪定と誘引の指導がありました。
   一日講習ですが、なんと美味しいランチ付なのです。
   午前はシュラブローズの剪定をして寒肥をあげる
   作業をしました。
七ツ洞公園0001_3
   秘密の花苑のバラの剪定も5年目になると、サクサクと
   作業が進んでアッと言う間に作業が進みます。

   バラは間違って切ってしまってもやり直しが出来るから
   安心して切って下さい!
   肌が荒れて潤いが無くなった古い枝は切って下さい!
   平岡さんのなんて分かり易い剪定方法なんでしょう!
   思わず笑みがこぼれます♪♪

   午後は大物つるバラの誘引でした。
七ツ洞公園0001
   葉っぱがワサワサ茂っています。
   まずは葉っぱをむしります。
   葉っぱをむしる
   早めの休眠を促すためと、
   一番の目的は、誘引するのあたって枝を見やすくする
   ためだそうです。
七ツ洞公園0001_2
   こんなにスッキリ枝が見やすくなりました。
   先ずは新しいシュートを中心に誘引します。
   肌荒れした古い枝は、新しい枝の行き先が決まるまで
   一番外で待機してもらいます。
   新しい枝の行き先が決まった後、古い枝の居場所があれば
   誘引して無ければ根元から切り取ります。
七ツ洞公園0001_4
   壁面のつるバラも沢山のシュートを伸ばしていました。
   枝が見やすいように葉っぱをむしります。
   シュートの脇枝は、一芽残して切り取りスッキリとさせます。
七ツ洞公園0001_5
    ここは壁面を覆うのが目的ですので、出来るだけ横に
    倒して沢山の花を見られるように誘引しました。
    均等な幅で誘引するとこんなに綺麗な仕立てになるのですね。
    ほれぼれしてしまいました。

    公園をひと回りしてスッキリと整えられたバラを見るのは
    気持ちの良いものです。
    今年もMEGの活動はこれで終わりになりました。
    来年の三月まで休眠期に入ります。

    やさしい庭のつるバラの剪定誘引なんとか12月中には
    やりたいと思います。

    

| 七ツ洞公園 | 21:07 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT