| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ローズトーキング

    今日は、朝の冷え込み気温はー5℃と寒い朝を迎えました。
    日中の気温は11℃まで上がり小春日和の穏やかな一日でした。

    月曜日の事になりますが、水戸市植物公園でローズトーキングが開催
    されると言うので出掛けて来ました。


     「ローズトーキングバラと宿根草の庭」
ローズトーキング0001
ローズトーキング0001_1
    デビッド・オースチン・ロージズ社 テクニカルエキスパート 平岡 誠氏と
    京成バラ園ヘッドガーデナー 村上 敏氏の話を伺いました。
ローズトーキング0001_2
        写真コンスタンススプライ つるバラの様に扱えるシュラブ
    今回は、主にバラを引き立てる草花の話などをして下さいました。
    バラの花柄摘みをするか?しないか?
    *イングリッシュローズは花びらが散る品種が多いので、花柄摘みを
      殆どしないそうです。
    *京成バラ園では、豆に花柄を摘んで手を掛けて綺麗に咲かせている
      との事でした。
      何故花柄を摘むのか?勿論綺麗に見せるためと・・
      ・花が散らないバラはカビが生えたり病気になるのを防ぐために      
      ・実がなって木を弱らせる品種は、実を付けさせないために  
ローズトーキング0001_5
      写真イングリッシュラベンダーとアリウムギンガチウム
     イングリッシュガーデン 
      広大な土地の中に城や池があったり、木々の中を散策出来たり
      形成式庭園があったり、花薗があったりと日本では考えられない
      位の広さがあるという事でした。
      ガーデナーの手によって、あたかも植物がそこに育っている
      ように見せているが、実は四季を通して植物を総入れ替えしていたり、
      全部が鉢植えで遠目には庭に見えたりと言う見せるガーデンも沢山
      あるという事でした。
      イギリスのイングリッシュガーデンと同じ植栽をするのは、
      日本の気候に合わない植物があるので難しいそうです。
      *日本の気候にあった植物を使うのが望ましいそうです。
ローズトーキング0001_3
     写真エリンジウムとフウロソウ
      テーマであるバラと宿根草の庭を作るために・・    
       *一番大事な事は、三年後にそれぞれの植物がどんな大きさに
         成長するのか?植物の性格を知る事が大事だという事でした。
       *バラと宿根草を共存させるには・・
         ・丈夫なバラを選ぶ事
         ・肥料は極控えめにする事
           宿根草がバラに勝ってしまうという事でした。
           宿根草が冬になって枯れてその枯れ草が土に還ってを
           循環させて環境を整える事。
       ローズトーキング0001_4
           バラは光が大好きなので、他の植物にバラが覆われない
           ようにする工夫も大事だそうです。
           バラに合う宿根草
             *ラミウム(オーレア系がお薦め)
             *アジュガチョコレートチップス
               (斑入りのアジュガは日陰だと緑になってしまうので×) 
             *ティアレラ
               (ヒューケラは形が崩れるのでお薦めできない) 
             *穂状に咲くもの
               (ベロニカ系・ガウラ・ミツバシモツケなど)
             *オーレア系のクリスマスローズ
               (花が無い時期でも一年中葉っぱが美しい)               
             *銅葉のアスチルベ
             *原種シクラメン(コームやヘデリフォリウム)
          バラとクレマチスは相性が悪いというお話も
             *バラもクラマチスも光が大好きな植物なので、
               一緒に植えてしまうと強い方が勝ってしまうそうです。
             *株元を離して植えてたま~に一緒になる部分を作るのが
               望ましいという事でした。
             *バラと植えるのは新枝咲きのクレマチスがより望ましい
               という事でした。
             *クレマチスは30~40cmまで育ってもそれ以降光が
              当たらないと枯れてしまうので、必ず上まで伸びるまで
              光を絶やさないのがコツだとか・・            

      ここは日本なんだ~!!
      日本に合った植物を使って無理のない色使いや質感を楽しみながら
      長~くバラや植物と付き合って行きましょう!
      と仰っていました。
      お二人のテンポの良いお話はとっても楽しく庭作りのヒントと沢山の
      刺激をもらいました。
              
クリスマスローズ0001
     植物園の会場のクリスマスローズ
     見事でしょう!!
スノードロップ0001
セツブンソウ0001
     スノードロップやセツブンソウが林の中に沢山咲いている
     姿がなんとも可愛らしいです。
     冬の植物公園はこれから地植えのクリスマスローズなどが次々に
     開花する気配です。
     
スポンサーサイト

| 七ツ洞公園 | 21:26 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七ツ洞公園

   今日は、気温は10℃までしか上がりませんでしたが、
   お日様がぽかぽか照らしてくれたので、とても暖かく
   感じられる一日でした。

   今日は、MEGの活動日でした。
   デビッド・オースチンテクニカルスペシャリスト・
   平岡誠さんによるバラの冬剪定と誘引の指導がありました。
   一日講習ですが、なんと美味しいランチ付なのです。
   午前はシュラブローズの剪定をして寒肥をあげる
   作業をしました。
七ツ洞公園0001_3
   秘密の花苑のバラの剪定も5年目になると、サクサクと
   作業が進んでアッと言う間に作業が進みます。

   バラは間違って切ってしまってもやり直しが出来るから
   安心して切って下さい!
   肌が荒れて潤いが無くなった古い枝は切って下さい!
   平岡さんのなんて分かり易い剪定方法なんでしょう!
   思わず笑みがこぼれます♪♪

   午後は大物つるバラの誘引でした。
七ツ洞公園0001
   葉っぱがワサワサ茂っています。
   まずは葉っぱをむしります。
   葉っぱをむしる
   早めの休眠を促すためと、
   一番の目的は、誘引するのあたって枝を見やすくする
   ためだそうです。
七ツ洞公園0001_2
   こんなにスッキリ枝が見やすくなりました。
   先ずは新しいシュートを中心に誘引します。
   肌荒れした古い枝は、新しい枝の行き先が決まるまで
   一番外で待機してもらいます。
   新しい枝の行き先が決まった後、古い枝の居場所があれば
   誘引して無ければ根元から切り取ります。
七ツ洞公園0001_4
   壁面のつるバラも沢山のシュートを伸ばしていました。
   枝が見やすいように葉っぱをむしります。
   シュートの脇枝は、一芽残して切り取りスッキリとさせます。
七ツ洞公園0001_5
    ここは壁面を覆うのが目的ですので、出来るだけ横に
    倒して沢山の花を見られるように誘引しました。
    均等な幅で誘引するとこんなに綺麗な仕立てになるのですね。
    ほれぼれしてしまいました。

    公園をひと回りしてスッキリと整えられたバラを見るのは
    気持ちの良いものです。
    今年もMEGの活動はこれで終わりになりました。
    来年の三月まで休眠期に入ります。

    やさしい庭のつるバラの剪定誘引なんとか12月中には
    やりたいと思います。

    

| 七ツ洞公園 | 21:07 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七ツ洞公園

    今日は、気温は21℃と少し高めの気温でしたが
    お天気が不安定で、晴れたり雨が降ったり止んだりと
    目まぐるしい一日でした。

    今日は、七ツ洞公園でMEGの作業がありました。
    夜中に雨が降っていたのですが心配した雨もあがり
    作業中は汗ばむようなお天気でした。
七ツ洞公園0001_2
    英国式風景庭園の公園は木々が少しずつ色づき
    秋の装いが始まりました。
七ツ洞公園0001
    秘密の花苑ではサルビア・イエローマジェスティの
    黄色の花穂がとても美しくお日様に輝いていました。   
     Salvia madrensis'Yerrow Mjesty 別名 : サルビア マドレンシス
七ツ洞公園0001_1
    葉っぱにパイナップルの香りがする
    パイナップルセージゴールデンデリシャスの
    黄金色の葉っぱに赤い花穂が上がり、
    群植する様がとても美しかったです。    
    Salvia elegans ' Golden Delicious
七ツ洞公園0001_3
    秋バラは終盤を迎えていました。    
七ツ洞公園0001_4
七ツ洞公園0001_5
    冬咲きクレマチス・シルホサ・ジングルベルが、前回訪れた
    時は枯れ枝の様になっていたのにこんなに沢山の花を
    咲かせていました。
    上の方ではスノーグースの赤い実が沢山付いていました。
    七ツ洞公園では木々が色付き紅葉が進んで、散策するのに
    楽しい季節を迎えています。

    今日のMEGの作業は、バラの花柄摘み・咲き終わった一年草の
    撤去・クリスマスローズの植替え・ビオラやアリウムなどの植え付け
    などの作業をしました。
    会長さんが柚子を沢山持ってきて会員の方の配って下さいました。
    嬉しい贈り物です。
    汗をかいた後は、西川園長の梅蜜ジュースで喉を潤しました。
    二時間の楽しい作業はアッと言う間に終わってしまいました。
    午後はレース展へ出かけて来ました。
    

| 七ツ洞公園 | 23:25 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七ツ洞公園

    今日は、気温が28℃しか上がらなかったのでとても
    過ごし易い一日でした。

    昨日の事ですが、七ツ洞公園でMEGの会がありました。
    イングリッシュローズの夏剪定の時期になりましたので、
    デビッド・オースチンテクニカルスペシャリスト・
    平岡誠さんの実践講座がありました。
七ツ洞公園0001
七ツ洞公園0001_19
    七ツ洞公園のバラたちは葉っぱを落とすことなく
    沢山のバラが咲き誇っていました。
七ツ洞公園0001_1
    夏剪定は、人間の都合で剪定すると言うのが前提のようです。
    剪定することなく咲きたい時に咲かせて、その都度花柄摘み程度に
    剪定するのもOKだそうです。
    自分の咲かせたい時期に一斉に咲かせたい時は、剪定をする必要が
    あるという事でした。
    七ツ洞公園では10月中旬位に一斉に咲いてほしいという事で剪定を
    しました。
    バラは剪定してから40日~45日位で花が咲くそうです。
    一番大事なのは、育てているバラの性格を知る事だそうです。
七ツ洞公園0001_14
七ツ洞公園0001_13
    草花もバラもこんなに沢山咲いていました。
七ツ洞公園0001_7
七ツ洞公園0001_8
    高さを決めたら、同じ高さに惜しげもなく枝を剪定しています。
    イングリッシュローズ(シュラブローズ)は、すべての枝にハサミ
    を入れる事によってそれぞれの枝に花が咲くそうです。
    同じ高さに揃えると、若い枝は早目の開花で古い枝は遅めの
    開花となり若い枝と古い枝では開花時期が一週間位ずれる
    そうです。
    こうして同じ株で長い時期花を楽しむには、若い枝と古い枝を
    混在させると良いそうです。
七ツ洞公園0001_9
    ハサミを入れる時は、目の上1センチ~5ミリの所を斜めに
    剪定すると良いそうです。
七ツ洞公園0001_18
    一斉に咲かせたい時はこんな新芽は切り取ってしまうそうです。

    スタンダード仕立ての剪定
七ツ洞公園0001_2
七ツ洞公園0001_3
    生育旺盛なバラはこんなに短く剪定していました。
七ツ洞公園0001_4
七ツ洞公園0001_5
    生育の悪いバラは5枚葉の上で揃えるくらいにした方が
    良いそうです。

    つるの様に伸びるバラ
モーティマー・サックラー0001
    このバラはモーティマー・サックラー. Mortimer Sackler
    ビュンビュンシュートが出ています。
    冬に新しい枝と古い枝を入れ替えるために、つるバラの様に
    伸びるので伸びているシュートは出来るだけ真直ぐに伸ばして、
    12月に新旧枝を更新してから誘引するそうです。
    細い枝や枯れ込んだ枝などは切り取った方が良いそうです。
アリスターステラグレイ0001
    こちらはアリスターステラ グレイ lister Stella Gray
    自由奔放に細めの枝がが伸びるのですが、こちらは低い位置に
    誘引しているのでそのまま伸ばしたままにするそうです。
    やはり枯れ込んだ枝などはきちんと切り取った方が良いそうです。
七ツ洞公園0001_6
    このバラはスノー グース Snow Goose
    ランブラーローズで四季を通してよく咲くしヒップも楽しめる
    バラです。
    柱に紐で縛って出来るだけ上に伸ばしてあげると良いそうです。
七ツ洞公園0001_16
    剪定された沢山のバラたちです。
七ツ洞公園0001_12
    MEGの会員の方々は手慣れたもので、平岡さんの説明が終わると
    サクサク剪定をするのでアッと言う間に終わってしまいます。
    きれいさっぱり散髪が終わったバラたちは、10月になったらまた
    美しい花を咲かせてくれるでしょう。
    施肥は冬に一度だけで良いそうで、追肥を上げたい方は
    花後すぐに上げた方が良いそうです。
    夏剪定時、肥料切れの株があった時は薄めの液肥が良いそうです。
    何回聞いても成る程・・がいっぱいでとっても楽しい講習会でした。
七ツ洞公園0001_11
七ツ洞公園0001_10
七ツ洞公園0001_15
    七ツ洞公園にはバラ以外の花も沢山咲いていました。
    これから涼しくなるとサルビア類が咲いて来るので、
    また違った雰囲気の公園を楽しめると思います。


    

| 七ツ洞公園 | 22:33 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七ツ洞公園

   今日は、最高気温が28℃と連日の30℃超えから
   解放されてかなり涼しく感じられる一日でした。

   今日はMEGの活動があり七ツ洞公園へ出かけて来ました。
   秘密の花苑での楽しい作業が待っていました。
   花苑は華やかなバラの苑から夏に咲く草花たちに
   バトンタッチされ涼し気な中にパンチの効いた花色が
   添えられて夏らしい花苑へと素敵に変身していました。   
     
七ツ洞公園0001
   作業は、バラ班、草花班に分かれての作業でした。
   バラ班は咲き終わった花柄を摘むのが主な作業でした。
   バラの足元の下草をカットしたりしました。
   バラが大好きなコガネムシがいたり、おまけにカミキリムシの
   幼虫まで見つけてしまいました。
   早期発見で良かった良かった・・
七ツ洞公園0001_3
    草花班は、草花の花柄摘み、花壇の草取り、サルビア類や
    フヨウなど伸びすぎて倒れ込んだものに支柱をし紐で抑えるたり、
    クレマチスの茶色く痛んだ葉っぱを取り除いたりと
    盛りだくさんの作業でした。
七ツ洞公園0001_1
   アーチにはノウゼンカズラやハニサックルの赤く熟した実が
   降り注ぐように枝垂れていました。
   人の小さいのが分かるでしょうか?
七ツ洞公園0001_7
   西洋ニンジンボクは春先に剪定しているので
   こんなに素敵にこんもりと咲いていました。
七ツ洞公園0001_5
   黄色いノコギリソウに真っ赤なダリアを合わせて
   いましたが、夏~!って言う感じです。
七ツ洞公園0001_6
   真っ白に咲いていたアナベルは緑色になり、代わって
   真っ白なフロックスが咲いていました。
   こんな組み合わせも涼し気で良いものですね。
七ツ洞公園0001_2
   銅葉にシックなピンク色のダリアも満開です。
   後ろにはブルーや紫のサルビアたちが控えています。   
七ツ洞公園0001_4
   作業の合間にこんな景色を見るのも良いものです。
   暑い中バラたちも元気に咲いていてビックリしました。   
   また、作業の合間に西川園長手作りの柚子蜜のジュースと
   会員の方自家採りのキュウリの漬物が、作業の疲れを癒して
   くれました。
   会員の方たちとの植物の会話も楽しくて二時間の作業は
   アッと言う間に終わってしまいました。
   
    夏の七ツ洞公園は木々の間から涼風が吹きわたり
    秘密の花苑は夏の花やバラが花盛りです。
    涼を求めて七ツ洞公園へお出かけください。

| 七ツ洞公園 | 22:08 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT