2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

刺繍展&キルト展

   今日は、雪マークでかなり寒いと覚悟していましたが、
   比較的暖かで穏やかな一日でした。

   27日(木)に刺繍展とキルトフェスティバルに行って来ました。

  スカイツリー0001
   
   26日(水)は、レースの教室でした。
   レースの教室(9階)からのスカイツリーです。
   こんなに高い所までできていました。


    土橋幸さんの刺しゅう展
       Original Embroidery
          暮らしに夢を…          
 
  刺繍展0001

     こんな素敵な招待状をいただきました。
     残念ながら、この展示会は終わってしまいましたが、
     ほんの少しですが、土橋さんの作品を紹介したいと思います。
     相模原でアンティークのショップをされているのですが、
     そこで刺繍の教室をされています。
     グループY教室 相模原市南区相模台1-17-8
     アンティークに囲まれた中で、刺繍を習えるなんて羨ましい限りです。 
   
       刺繍へ招待0001

     Welcome刺繍でお出迎えです。
     一針一針丁寧に刺された刺繍が、お客様をお迎えしていました。

  刺繍籠10001

    籠の蓋が、シックな紫の刺繍で覆われていました。
     蓋の上には、きこさんが作って下さったという、
     これまた素敵な布の花が飾ってありました。     

    刺繍額10001
    刺繍額20001

     土橋さんの刺繍は、それぞれの刺繍糸を一本一本色を変えながら、
     自然に色が見えるように、工夫をしているそうです。
     このシックな色使いが、とても好きなのです。

    刺繍0001

     こちらは、すみれの作品です。
     小さな作品ですが、この小さな布の中に刺してある刺繍の細かさに、
     思わず見入ってしまいました。
     すみれの色と、額の色がとても素敵な組み合わせになっています。

 刺繍クロス0001
 刺繍クロス10001

     大きなテーブルクロスとナプキンに刺してある、野の草花を思わせる
     自然な色合いの素敵な作品です。
     テーブルコーディネイトも勉強されていて、こちらのセッティングも素晴らしかった
     のですが、写真を撮り忘れてしまいました。

    刺繍椅子0001

     クッションと椅子に刺繍された作品は、とても手が込んでいて、
     出来上がるまでに、いったいどれくらいの時間がかかったのでしょうか?
     土橋さんの作品をみていると、とてもあたたかい感じがします。
     お人柄が、そのまま作品にあらわれているのでしょう。


    東京キルトフェスティバルへも行って来ました。

キルトフェスティバル0001キルトフェスティバル0001_1

     こちらは、キルト作家でタレントのキャシイー中島さんの作品が、
     ポスターになっていました。
     バラをモチーフにしたハワイアンキルトの生の作品を見る事が出来ました。
     キルトフェスティバルは初めて出かけたのですが、沢山の刺激を受けました。

  合同キルト0001

     一つ一つ、違う作家さんの共同作業の作品です。
     こんな作品が、沢山ありました。

  キルト0001
  キルト0001_1
アーミッシュキルト0001

    アーミッシュキルトの実演をしていました。
    おしゃべりをしているのに、手はちゃんと動いているのです。
    こんな細かい手作業なのに、いくら慣れているとは言っても不思議です。
    みんなで集まって楽しくキルトをするのが、昔の楽しみだったのでしょう。

    一日で、沢山の刺激を受けました。
    私の習っているレースも、地味な作業の連続ですが、
    手仕事って好きだなぁ♪を実感しています。   
  
スポンサーサイト

| お出かけ | 22:04 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT