2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

米ぬか発酵堆肥を撒く

   今日は、風の冷たい良く晴れた一日でした。
   北海道や日本海側は、例年にない豪雪で多大な被害がでているようです。
   こうして雪もなく庭の地面が見えているだけで、有り難いと思います。

   生ゴミと米ぬかで作っている発酵堆肥が、ダンボール箱一杯になったので
   庭に撒いてあげました。
米ぬか醗酵堆肥0001
   ダンボール箱の中には、空からに乾いた生ゴミ発酵堆肥が。。
米ぬか醗酵堆肥0001_1
   庭にパラパラと撒いて見ました。
   冬は分解がゆっくりなのですが、春になる頃にはすっかり土に
   なっていると思います。
     
   アンシンエンシス0001
   クレマチスのアンスンエンシスが咲き始めました。
モミジバフウロ0001
   モミジバフウロソウは、赤く色をそめています。
ペンステモン0001
   ペンステモン・ハスカーレッドは、葉っぱが濃い紫色に変化しています。
   薄いピンクの花が咲く頃は、葉っぱは緑色をしています。
セリンセ0001
   セリンセは、この大きさだと寒さにあっても霜にあたっても元気にしています。
   これ以上大きかったり小さかったりすると、寒さで枯れてしまいます。  
宿根リナリア0001
   宿根リナリアは、色々なところから顔をだして元気にしています。
ジギタリス0001
ジギタリス0001_1
   ジギタリスは、色々な所に顔を出しています。
   何色が咲くのか分らないので、どんな色が咲くのか楽しみです。
エキウム・ブルベッター0001
    エキウム・ブルベッターは、随分株が大きくなったものです。
    手間いらずの植物は、嬉しい限りです。
アンリ・マルタン0001_4
    アンリ・マルタンの葉っぱが、深い紫色をしています。
アンリ・マルタン0001_1
    アンリ・マルタンの蕾です。
    黄緑色をした、可愛らしい蕾です。
アンリ・マルタン0001
アンリ・マルタン0001_2
    花は華やかで、沢山咲きます。
    花が散ったあとの蘂も美しいです。
アンリ・マルタン0001_3
    アンリ・マルタンの全体の様子です。
    こうして、バラが咲いている様子をみると、
    もう少し手をかけてあげなければならないですね。

スポンサーサイト

| | 21:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT