2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

次のバラは。。

   今日は、昨日の寒さと違って汗ばむような一日でした。

   ムタビリスに続き、次はやっぱりカナリーバードとモッコウバラでした。
カナリー・バード0001
カナリー・バード0001_1
   カナリー・バードがゆっくりと開き始めました。
   このバラが咲き始めるといよいよバラシーズンの幕開けです。
モッコウバラ0001
   黄モッコウバラも咲いていました。
   北側に植えてあるのに、沢山の蕾でいっぱいです。

   オダマキ色々
オダマキ0001_1
オダマキ0001
オダマキ0001
オダマキ0001_3
オダマキ0001_4
オダマキ0001_5
   またまたオダマキです。
   こぼれ種からのオダマキは、庭のあちこちに出没しています。
   何が咲くか?分らないのですが、咲いて見ると回りの草花と
   意外にシックリと合っているから不思議です。
   自分で好きな場所に種を飛ばしているのかも知れません。
クロバナフウロ0001
クロバナフウロ_0001
   クロバナフロソウが咲き出しました。
   以前はもっと黒い色をしていた筈なのに、随分色が薄くなりました。
   土のせいなのでしょうか?だんだん元の色に成っていくのでしょうか?
   植物の不思議ですね。
丁子草0001
   宿根の丁子草も花が咲きそうです。
   ほったらかしでも、季節になるとちゃんと出てきてくれます。
   花の咲く前の濃い目のブルーグレーの葉っぱが好きです。
セリンセ0001
   こぼれ種からのセリンセはさらに大株になってきました。
   沢山の花を咲かせています。
   花の少ないこの時期、存在感ありです。
キャットミント0001
   やわかな色合いのキャットミントも沢山咲いてきました。
   黄緑色の葉っぱとこの薄紫の組み合わせが、いかにも春らしい感じです。
キャンピオン0001
   宿根した薄いピンクのキャンピオンです。
   マダム・プランティエが咲く頃まで咲いてくれると嬉しいのですが…
ゴ^ルデンシモツケ0001
   ゴールデンシモツケの芽だしは美しいですね。
 ホウチャクソウ0001ホウチャクソウ0001
   ホウチャクソウって、芽が出て来たときから花を蓄えているのですね。   
姫ウツギ0001
   姫ウツギも咲いています。
   みどりだらけだった庭に少しずつ色が入ってきました。
   ファンタン・ラ・トゥールの葉っぱの展開があまりにゆっくりなので
   気になって根っこを見てみたら、一本の根っこの様子が変なのです。
   削って見るといるではありませんか!カミキリムシの幼虫が…
   捕殺したのでこれで元気になってくれるでしょう!
   昨年庭植えのバラは殆どにカミキリが入ってしまったので、
   今年のバラはどうなる事やら心配でしたが今の所順調のようです。
   バラが爆発する前のこの時期は、ゆっくり庭を眺められます。
   今日は、チュウレンバチを見かけました。
   虫も一斉に動き出したようです。
   益々庭から目が離せません。。。



スポンサーサイト

| バラ | 23:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT