2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

少しだけ庭の手入

  今日は、秋を感じられるこの頃でしたが真夏に逆戻りしたように
  蒸暑い一日でした。 
  それでも夕方には、秋の気配を感じられるくらい涼しくなっていました。

  今頃になって蝉の大合唱です。
  朝からヒグラシが、木にとまって大きな声で鳴いていたかと思うと
  次にミンミンゼミが、アブラゼミが…暑いのにさらに暑さが増す
  感じです。
  暑い!暑い!ばかりも言っていられません。
  夏中ほったらかしにしておいた庭をそろそろ手入してあげないと
  大変なことになりそうです。
  と、いう訳で少しだけ庭仕事をしました。

  バラがポツポツ咲いています。
  そろそろ剪定の時期になりましたので、花芽が無いのや実がなっている
  枝から剪定を始めました。
  オールドローズは来年まで花が咲かないので、枯れた枝を切ったり
  多すぎる枝を間引いたりして風通しを良くしてあげました。
セリーヌ・フォレスティエ0001
   セリーヌ・フォレスティエ
   花びらが細く短くポンポン咲きのような雰囲気で咲いています。
スノー・ドン0001
   スノー・ドンは、相変わらず純白の薄い花びらをしています。
   薄い花びらには夏の日差しが可愛そうな感じがします。
   葉っぱは病気知らずで生き生きとしています。 
シャンプニー・ピンク・クラスター0001
   シャンプニー・ピンク・クラスターがまた咲き始めました。
   蕾を蓄えている枝は剪定しないで、このまま咲かせて
   あげようと思います。
パット・オースチン0001
   パット・オースチンの花は真夏より随分大きくなってきました。
   それでも春よりずっと小さいです。
ユーパトリウム0001
   ユーパトリウム(西洋フジバカマ)が沢山咲いてきました。
   気を許すとどんどん増えてしまいます。
   黄緑色の葉っぱと薄紫色の花が涼しげです。
野菊0001
   クミンさんにいただいた野菊が咲きだしました。
   草花たちは、しっかり秋を感じているのですね。
   秋名菊にも蕾があがって来ています。
草花0001
   名前が分らなくなってしまいました?   
蝋口0001 
プリンセス・ダイアナ0001
    蝋口とプリンセス・ダイアナはとてもよく咲いています。
   アナベル0001
    真っ白なアナベルはこんなに緑色になっています。
        ジギタリス0001
        
セリンセ0001
    気がつくと、ジギタリスやセリンセのこぼれ種から
    沢山の芽がでていて、お浸しになりそうな感じです。
    こんなに沢山あるセリンセは、どれだけ越冬してくれるでしょうか?
    ジギタリスは、庭に移植してあげようと思います。

    夜には秋の虫たちの大合唱も聞こえています。
    昨年も見かけたオニヤンマは、今年もやってきました。
    蝶々たちもやってきて賑やかな庭です。         
  ヤマトシジミ0001
    小さなヤマトシジミ
ヒョウモンチョウ0001ヒョウモンチョウ0001_1
    ツバグロヒョウモンチョウ雌
ヒョウモンチョウ0001_2ヒョウモンチョウ0001_3
    ツバグロヒョウモンチョウ雄
トマト0001
    今頃ですが、トマトです。
    こぼれ種?生ゴミから?のトマトに実がなって来ました。
    バラ庭の筈が、、、トマトの庭?
    まっ!!いいか!!
    肥料もあげていませんが、順調に育っているようです。
    まだまだ暑そうなので真赤に熟してくれるでしょう
スポンサーサイト

| | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT