2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

餅つき

   今日は、最低気温が-4℃と今年最低の気温になりました。
   昼間はお天気も良く穏やかな一日でした。

   今年も実家での恒例の餅つきの声がかかりました。
   お天気も良く、庭で餅をつくには最適の餅つき日和と
   なりました。
餅つき0001_5
   高齢の父は今年手術をしたので、餅つきはしないと思っていましたが、
   28日は休み?餅つきをするから…やっぱり餅つきするんだ!
   父にとって餅つきは欠かせない年中行事なのでしょう。
   この餅を楽しみに待っている人たちがいるのも励みになるのでしょう。
   父から声が掛るうちは出来るだけ手伝って行こうと思います。
水仙0001
   陽だまりでは水仙が咲いていました。      
餅つき0001_1
   お日様のもと、庭で蒸篭にもち米を入れて蒸しあげます。
   空気は冷たくても窯の周りは火が起きているので
   あったかです。
餅つき0001
   ほかほかの湯気を見ているだけでも、ほんわか
   あったかです。
餅つき0001_2
   長年の経験が物語っている父の手にかかると
   美味しいお餅ができあがります。
餅つき0001_3
   まんまるのお供え用のお餅は母の手仕事です。
   こちらも手慣れたもんで、あっという間にまんまるお餅の
   出来上がりです。
餅つき0001_4
   数年前までは餅とり粉をまぶして餅を伸していましたが、
   ここ数年は粉を使わず袋の中に入れて餅を伸しています。
   粉を使わないのでカビが生えにくくなるようです。
   こんな筋のついた袋も市販されていました。
   餅を均等に四角く切るための線が描かれています。
   上手く均等に袋に入れ込むのは結構難しく、
   毎年苦労しています。
   餅つきの行事で久しぶりに姉弟が集まりました。
   出来立ての餅を外で味わうのは、美味しい餅がさらに
   美味しく感じられる瞬間でした。

   畑には、有機無農薬で育てられた野菜が元気に育っています。
   父が一人でコツコツと拘りの野菜作りをしています。
畑0001
   ネギを育てるのに機械を使わず深く掘り下げるのは
   大変な作業だと思いますが、手作業で掘り下げています。   
畑0001_1
   白菜も寒くなり綺麗に巻いてきました。
   鍋にすると甘くて美味しいです。
畑0001_3 
   大根も順調に育っています。
畑0001_2
   良く見るとキャベツには虫に食べられた穴が
   随分空いています。
   虫が食べるほど美味しいんだそうで、これから寒さに
   当たって良い感じに丸まってくるようです。
   こんなに沢山の野菜たちのお世話は大変だと思いますが、
   この野菜たちをもらって笑顔になる人が沢山いるようです。
   そんな人たちに喜んでもらえるのも父の励みになって
   いるようです。
   こうして実家から最高の贅沢の品々をもらって帰ってきました。
   良い年を迎えられそうです。

   大掃除もお節もこれからです。
   頑張らないとタイムリミットになりそうです。
   頑張らないと…

   

スポンサーサイト

| 実家 | 22:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT