2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バラは終盤

   今日は、気温が25℃と過ごし易いお天気でした。

   庭のバラもいよいよ終盤になりました。
   一気に咲き誇っていたバラに変わって、遅咲きのバラが
   咲き始めました。
   今年は一気にバラが咲き進んでしまったので、落ち着いて
   バラを眺める余裕がありませんでした。
   庭の草花たちも種を蓄えるものや、やっと咲き出した草花など
   庭の表情が変わっています。
ベイシーズ・パープルローズ0001_1
   ベイシーズ・パープルローズの赤が庭の表情を
  ガラッと変えてくれます。
  下草もシックな色のラークスパー・アールグレイに
  彩られています。
  こぼれ種で増えてくれる優れものです。
  アルバ・マキシマ0001
   ホワイトガーデンでは、シックな矢車草が
  色を添えてくれています。
アルバ・マキシマ0001_2
   アルバ・マキシマ
庭0001_2
  ミセス・ドリイン・パイクの周りでは、小さな可愛らしい
  花たちが取り囲んでいます。
ミセス・ドリイン・パイク0001
  ミセス・ドリイン・パイク
ラベンダー・ラッシー0001
ラベンダー・ラッシー0001_1
   ラベンダー・ラッシーが良い香りを振りまいています。
ファイルフェン・ブラウ0001
   カミキリに入られて大不調のファイルフェン・ブラウも
   咲き出しました。
   咲き始めはこんな濃い色をしていますが、退色すると
   シックな色合いへと変化して行きます。
レダ0001
レダ0001_1
   レダが可愛らしく清楚に咲いています。
   鉢で育てているので大きくなり過ぎないのが
   気に入っています。
ファンタン・ラトゥール0001
  ファンタン・ラトゥールは、葉っぱが出始めたのが
  凄く遅かったので心配しましたが、いつものように
  咲いてくれました。
シャルル・ド・ミル0001
  シャルル・ド・ミルは、今年は少し小ぶりな感じです。
  このくらいで咲いてくれるのも良いものです。
ルイ・ジマール0001
  ルイ・ジマールは、濃い色のモスに覆われた蕾から
  こぼれるような柔らかい花びらをふんわりと覗かせた
  様子が大好きです。
  香りも素敵です。

  そろそろバラは終盤ですが、まだ楽しめそうです。
  色々な所でバラが咲いています。
  庭主さんそれぞれにバラの好みが違っていて、
  それぞれの庭で大切に育てられたバラたちは
  輝いています。
  そんなバラたちに出会えるのも、この季節ならではですね。


スポンサーサイト

| バラ | 23:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT