2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

漫遊号

     今日は、気温が16℃まで上がりポカポカ陽気の
     穏やかな一日でした。

    いよいよ偕楽園の梅まつりもピークを迎えています。
    梅まつり期間中昔なつかしいボンネットバスが運行
    していると言うので娘とたーくんと三人で乗車して来ました。
    地元にいるのにプチ旅行気分でです。
    なんとも嬉しい無料循環バスなのです。 
    お陰様でたーくんも7ヶ月になりお座りが出来るようになりました。
    こちらのいう事に面白い位反応して良く笑ってくれます。 
ボンネットバス0001
ボンネットバス0001_1
ボンネットバス0001_4
ボンネットバス0001_2ボンネットバス0001_3
     昭和41年製造のボンネットバスは、山形交通が
     新庄から肘折温泉まで“ぎんれい号”として運行
     していたものだそうでボンネットバスとしては最終
     のものだそうです。
     バスの床が木の床になっているのを見て、娘が
     「そう言えば小学校に通っている頃はバスは木の
     床だったよね!」
     なつかしさがいっぱい詰まっていました。
     兎に角ゆれるゆれる♬
     しっかり舗装している道なのに驚きの揺れ具合です。
     昔の砂利道だったらどんなに大揺れだったのでしょう?
     バス酔いするのも分かる気がします。 

     偕楽園公園を出発して向かったのは徳川ミュージアム
     ですがここはパスして水戸市植物公園まで乗車して
     途中下車です。

     水戸市植物公園に“水戸養命酒薬用ハーブ園”が
     4月29日にオープンするそうでハーブ園の入口に
     ドライ・ストーン・ヲーリングが作成されていると言うので見て来ました。
     国際バラとガーデニングショーなどでお目にかかっていた
     あのイギリスのコッツウォールズで有名なハニーストーンを
     使ったものでした。
大賞0001
     ガーデニングショーで大賞を撮った時の作品です。
石積み0001_9
     その時この作品を手がけた神谷造園の神谷輝紀さんが
     ドライ・ストーン・ウォーリングの説明をして下さいました。
     神谷さんは英国の石積ライセンス保持者でもあるそうです。
     英国伝統石の空積みの事を“Dry Stone Walling“”
     と言い、接着材を使わないで石だけで積み上げて行く手法だそうで
     あの3.11でも倒壊しなかったそうです。
     接着剤を使っていないので、それを崩して半永久的に再利用
     できるそうで、100%天然物なので植物や動物などと自然に
     共存する事が出来るそうです。
     正にエコそのものですね。    
石積み0001
石積み0001_1
    道具は主にハンマーと石ノミだけで一石づつ積んで
    いくそうですが、すべて計算された上での作業だそうです。
    カンカンと石を叩く音が響いて、石を叩いているこの姿が
    とても素敵でした。
石積み0001_2
    ただ並べているだけでなく、石積みは厚みがあって重いもの
    から積んでいくそうで、こうして縦に並べると厚みが一目瞭然で
    分かるそうです。
石積み0001_5
    石積みの様子は見ていて飽きない作業です。
    どんな風に出来上がっているのか?後日見学に
    行きたいと思います。
キハダ0001
    薬用ハーブ園入り口にはもう一つ、シンボルツリーが
    お目見えしていました。
    植物園が開園して4月で30周年になるそうです。
    開園当時植えられた木がこんなに成長してシンボルツリーとして
    育っていました。
    シンボルツリー“キハダ”だそうです。
    ベルベリンを含む抗菌作用があり、強い苦みと健胃整腸作用
    があるそうです。
    ハーブ園が開園するのも楽しみです。
石積み0001_6
石積み0001_7
石積み0001_8
    こんな話を伺ったら、植物公園にもありました。
    日本の伝統である石積みです。
    こちらも接着剤を使わず、それこそ手でコツコツと切り出した
    石を積んで作られたものでやはり3.11にはびくともしませんでした。
    日本の技術の方が本当は勝っているのかも知れません。
    
クリスマスローズ0001
クリスマスローズ0001_1
クリスマスローズ0001_2
クリスマスローズ0001_3
クリスマスローズ0001_5
クリスマスローズ0001_4
     植物公園には無数のクリスマスローズが植えられています。
     今年4月で30周年ですから長い年月をかけて植えられてきた
     クリスマスローズが一斉に開花している様子は見ごたえがあります。
     鉢植えのクリスマスローズたちも素敵に咲いていました。
水仙0001
     水仙が群生して咲く姿も良いものです。
アイリスレチクラタ0001
アイリスレチクラタ0001_1
    アイリスレチクラタも素敵に咲いていました。
    広~いところで自然な感じで咲く姿は美しいですね。
    お昼は植物公園で薬膳ランチを食べました。
    体にやさしいランチは1000円で飲み物とデザート付き
    でとても美味しかったです。
    美味しくてペロリと平らげたら写真を撮り忘れました@@

    植物公園を後にして漫遊号は美術館を経由して
    偕楽園へ戻って来ました。
偕楽園0001
    連休の梅まつりは沢山の人で賑わっていました。
    満開の梅林を通り抜けると梅のやさしい香りが体を
    包み込んでくれます。
    梅林を抜けて好文亭から吐玉泉を抜けて下の出口から
    直ぐの所にhanatokoがあります。
    プチ旅行のあとはhanatokoで休憩です。
お茶0001_2お茶0001_3
    娘は梅蜜ソーダ、私はローズヒップとりんごのハーブティ
    にしました。
    歩き疲れたあとのお茶の美味しい事♬
    ゆっくりと時間が流れた一日でした。
    たーくんも一日上機嫌で、久しぶりに娘ともゆっくりおしゃべり
    出来て楽しい一日になりました。

    ブルーつながりで
    我が家のプルモナリアも沢山開花していました。
プルモナリア0001
プルモナリア0001_1

| 偕楽園公園 | 22:17 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT