2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バラは終盤

     今日は、気温が28℃まで上がり良く晴れた
     暑い一日でした。

    咲き誇っていた庭のバラたちもいよいよ終盤を迎えています。
庭0001
    マダム・プランティエ Madame Plantier の手前では
    ポールズ・ヒマラヤン・ムスクPaul's Himalayan Musk
    咲き始め後ろではフランソワ・ジュランビル Francois Juranville
    咲き出しました。
オルレア0001
    真っ白いカスミのようなオルレアにもグリーンの
    種が付き始めています。
クレマチス0001
     紫玉と色合わせをしようと植えてあるクレマチスですが
     今年は開花時期がずれてしまいました。
     オルレアがクレマチスを引き立ててくれています。    
群星0001
群星0001_1
群星0001_2
     群星は茨城県の菊地利吉さんが作出したバラで、
     1985年JRC試作場国際コンクールで金賞を獲得した
     品種なのです。
     棘がないので扱いがとっても楽です。
     真っ白い小花が大きな房になって咲く様は好いものです。     
群舞0001_1
群舞0001
群舞0001_2
    群星との交配から生まれたのが群舞です。
    群星をひと回り小さくした花は咲き進むにつれて
    ピンクのグランデーションが素敵なバラです。
ラベンダー・ラッシー0001
ラベンダー・ラッシー0001_1
    ラベンダー・ラッシーLavender Lassieも次々に
    開花しています。
    ラベンダーピンクをしたバラは甘い香りを振りまいています。
ペネロープ0001
    今年のペネロープPenelopeはいつもより
     小さい花をしています。
     淡いアプリコットの蕾が開いた様が美しいバラです。
セリーヌ・フォレスティエ0001
     セリーヌ・フォレスティエ Celine Forestier
中心がアプリコット色で黄色味を帯びた花も咲いて
     なんともやさし気な雰囲気をしています。
名無しのバラ0001
     名前の分からなくなってしまったバラです。
     ころんとした姿が可愛らしいバラです。
タワー・ブリッジ0001
     タワーブリッジTower Bridgモいつの間にか
     咲いていました。
     ロサ・マレッティの陰に隠れて咲いています。
ペニーレイン0001
     ペニー・レイン Penny Lane
アルバ・マキシマ0001
     ロサ・アルバ・マキシマ Rosa alba Maxima は飾りガク
     に守られているように清楚な感じに咲き始めました。
サレ0001
     モスのサレSaletは濃い目のピンク色
     で咲き始めました。
ファンタン・ラトゥール0001
     大株に育っていたファンタン・ラトゥールFantin-Latour
     カミキリの被害で枯れてしまいました。
     大好きなバラなのでまたまたリベンジです。
     少し小ぶりな花姿は、まだ本来の咲き姿ではないかも
     知れません。
     
      バラの足元で咲いている草花たちにもスポットを
      照らしてあげたいと思います。

スポンサーサイト

| | 22:09 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT