2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

七ツ洞公園

    今日は、気温が28℃しか上がらなかったのでとても
    過ごし易い一日でした。

    昨日の事ですが、七ツ洞公園でMEGの会がありました。
    イングリッシュローズの夏剪定の時期になりましたので、
    デビッド・オースチンテクニカルスペシャリスト・
    平岡誠さんの実践講座がありました。
七ツ洞公園0001
七ツ洞公園0001_19
    七ツ洞公園のバラたちは葉っぱを落とすことなく
    沢山のバラが咲き誇っていました。
七ツ洞公園0001_1
    夏剪定は、人間の都合で剪定すると言うのが前提のようです。
    剪定することなく咲きたい時に咲かせて、その都度花柄摘み程度に
    剪定するのもOKだそうです。
    自分の咲かせたい時期に一斉に咲かせたい時は、剪定をする必要が
    あるという事でした。
    七ツ洞公園では10月中旬位に一斉に咲いてほしいという事で剪定を
    しました。
    バラは剪定してから40日~45日位で花が咲くそうです。
    一番大事なのは、育てているバラの性格を知る事だそうです。
七ツ洞公園0001_14
七ツ洞公園0001_13
    草花もバラもこんなに沢山咲いていました。
七ツ洞公園0001_7
七ツ洞公園0001_8
    高さを決めたら、同じ高さに惜しげもなく枝を剪定しています。
    イングリッシュローズ(シュラブローズ)は、すべての枝にハサミ
    を入れる事によってそれぞれの枝に花が咲くそうです。
    同じ高さに揃えると、若い枝は早目の開花で古い枝は遅めの
    開花となり若い枝と古い枝では開花時期が一週間位ずれる
    そうです。
    こうして同じ株で長い時期花を楽しむには、若い枝と古い枝を
    混在させると良いそうです。
七ツ洞公園0001_9
    ハサミを入れる時は、目の上1センチ~5ミリの所を斜めに
    剪定すると良いそうです。
七ツ洞公園0001_18
    一斉に咲かせたい時はこんな新芽は切り取ってしまうそうです。

    スタンダード仕立ての剪定
七ツ洞公園0001_2
七ツ洞公園0001_3
    生育旺盛なバラはこんなに短く剪定していました。
七ツ洞公園0001_4
七ツ洞公園0001_5
    生育の悪いバラは5枚葉の上で揃えるくらいにした方が
    良いそうです。

    つるの様に伸びるバラ
モーティマー・サックラー0001
    このバラはモーティマー・サックラー. Mortimer Sackler
    ビュンビュンシュートが出ています。
    冬に新しい枝と古い枝を入れ替えるために、つるバラの様に
    伸びるので伸びているシュートは出来るだけ真直ぐに伸ばして、
    12月に新旧枝を更新してから誘引するそうです。
    細い枝や枯れ込んだ枝などは切り取った方が良いそうです。
アリスターステラグレイ0001
    こちらはアリスターステラ グレイ lister Stella Gray
    自由奔放に細めの枝がが伸びるのですが、こちらは低い位置に
    誘引しているのでそのまま伸ばしたままにするそうです。
    やはり枯れ込んだ枝などはきちんと切り取った方が良いそうです。
七ツ洞公園0001_6
    このバラはスノー グース Snow Goose
    ランブラーローズで四季を通してよく咲くしヒップも楽しめる
    バラです。
    柱に紐で縛って出来るだけ上に伸ばしてあげると良いそうです。
七ツ洞公園0001_16
    剪定された沢山のバラたちです。
七ツ洞公園0001_12
    MEGの会員の方々は手慣れたもので、平岡さんの説明が終わると
    サクサク剪定をするのでアッと言う間に終わってしまいます。
    きれいさっぱり散髪が終わったバラたちは、10月になったらまた
    美しい花を咲かせてくれるでしょう。
    施肥は冬に一度だけで良いそうで、追肥を上げたい方は
    花後すぐに上げた方が良いそうです。
    夏剪定時、肥料切れの株があった時は薄めの液肥が良いそうです。
    何回聞いても成る程・・がいっぱいでとっても楽しい講習会でした。
七ツ洞公園0001_11
七ツ洞公園0001_10
七ツ洞公園0001_15
    七ツ洞公園にはバラ以外の花も沢山咲いていました。
    これから涼しくなるとサルビア類が咲いて来るので、
    また違った雰囲気の公園を楽しめると思います。


    
スポンサーサイト

| 七ツ洞公園 | 22:33 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT