PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

炭のこと

    今日は、どんよりとした曇りの一日でした。
    特に寒いという事はなく、この時期としては暖かい気がします。

    仕事の帰りに本屋さんを覗いたら、「現代農業」が炭の特集でした。
    無農薬でバラを育てるようになって15年になりますが、
    その当時から、少しずつ炭を庭の土に混ぜています。
    また、鉢植のバラの土の中にも入れています。
    12月号の「現代農業」には、
    炭は微生物を元気にすることや、根張りをよくしたり、炭の役目など
    とても分かり易く書いてあります。
    興味のある方は、本屋さんで覗いて見て下さい。

    炭0001

    庭に撒く炭はやわらかい炭が良いそうです。
    近くの農産物直売所には、安い炭がおいてあるので助かっています。
    また地元の森林組合(車で1時間位)では、木酢や炭の販売をしています。
    成分分析がきちんとされているので、安心して使えるのが嬉しいです。

    スモークツリー0001

    スモークツリーの葉っぱが、こんなに赤く色づきました。
    
  コバノズイナ0001

    コバノズイナも赤くなっていました。
    花も魅力的ですが、この赤い葉っぱも魅力的です。

     リースと0001

    こぼれ種からのピラカンサにも、やっと赤い実がなるようになりました。
    なんとなくクリスマスリースに見えるでしょうか?
    ルイスは、ここから外を眺めるのが大好きです。
    
スポンサーサイト

| バラ | 19:04 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ぴぴんさんへ

炭のこと 奥が深いです。
何でも試して見るのが良いですね。
ぴぴんさんのポインセチアも、次の年は大丈夫だったのですね。
ベランダでの作業は大変ですね。
土の処理など苦労することも多いと思います。
今日の「趣味の園芸」で、鉢底のゴロ石の上に不織布を敷くと、
土が流れ出さないので、ベランダの汚れが少なくてすむと言っていました。
> オーガニックでやれることは限られています。
オーガニックでしていても、ピンポイントで薬品を使わなくてならない時は、
被害が拡大しない内に使うのは、良いと思っています。
拘ったばかりに、ストレスがたまったのでは意味が無いと思います。
楽しくバラを楽しむのが目的ですから、自分にあった方法が見つかれば
良いと思います。
> ただ、みなさんがさまざまな実践をされているのを読むのが楽しいです。
> 本としてまとまったおかげで、とても読みやすくなったと感じました。
私も、みなさんの実践が本になった事によってさらに分かり易く、
無農薬の方法も、色々なのだと実感しました。
ぴぴんさんに、この様に言って頂けるとこの本に参加して良かったと思います。
読んでいて気になる所は、遠慮なく仰ってください。

| katataka | 2010/11/28 22:54 | URL |

>鉢の中の炭は、全体の5%以内にした方がいい気がします。

わたしは2割くらいは混ぜていました。
katatakaさんの茗荷同様、真っ黒くなったのはその年だけでしたし、
バラには影響がありませんでしたが、
いちど雨ざらしか木酢液につけると、
粉になった炭も流れていいかもしれないと思いました。
ありがとうございました。

わたしの場合は高層階のベランダでのバラ栽培で、
地面がなく・隣家とベランダで接してもいるので、
オーガニックでやれることは限られています。
ただ、みなさんがさまざまな実践をされているのを読むのが楽しいです。
本としてまとまったおかげで、とても読みやすくなったと感じました。

| ぴぴん | 2010/11/28 10:42 | URL | ≫ EDIT

つぐみさんへ

つぐみさんも炭を使っていらっしゃるのですね。
> じゃんじゃん使っていいのですね?(笑)
鉢の場合は、気をつけなければならない事が多少あると思います。
↓ぴぴんさんのコメントに書いてみました。
地面は結構大丈夫かも?(笑)
> まずは正しい使いかたを学ばなくては・・
> 現代農業、読んでみます!
是非読んで見て下さい。
リースの事、ルイスの事ありがとうございます。

> 追伸です^^
> 生ゴミ堆肥、無事にホカホカになりました。
良かったです。嬉しいです。嵌ってくださーい。
> これからの季節、蜜柑の皮が大量に出るのですが
> 投入しちゃっても大丈夫なものでしょうか?
直接地面に入れると、柑橘類は分解が遅いのですが、
米ぬかで発酵させてからだと、土に撒いた時分解がかなり早くなります。
みかんの皮は殺菌力があるので、私はそれを期待して庭に撒いています。
なので、勿論投入okです。

| katataka | 2010/11/27 20:46 | URL |

ぴぴんさんへ

ぴぴんさんも炭を使っているのですね。
> ポインセチアの苞が黒く染まったのは誤算でした。
そうなんですね@@
私も、地植えの茗荷の周りに炭を沢山撒いて、
出て来た茗荷をみたら黒く染まっていて、ビックリした事があります。
これは炭を撒いた年だけで、次の年には茗荷は黒くなっていませんでした。
ピピンさんのポインセチアは、新しい炭だったのでしょうか?
新しい炭は弱アルカリ性なの事と、
保水力があるので、入れすぎると鉢の中の水分が飽和状態になって、
何時も鉢の中が湿った状態になったりします。
そのため鉢の中の炭は、全体の5%以内にした方がいい気がします。
> PH調整が必要と聞いたこともあるのですが、
PHが気になるようでしたら、対策として、炭を雨ざらしにしてから鉢に入れたり、
炭を木酢液に漬けてから入れたりと、工夫をされると良いと思います。
ちなみに私は、買い求めた炭をそのまま入れています。
> 近所のピラカンサを見ながら、
> katatakaさんの生け垣のピラカンサ・リースはどうなってるかなと思っていました。
気に掛けて下さっていたのですね。
お蔭さまで、やっとクリスマスリースらしくなってきました。
> また、遅くなりましたが『バラはだんぜん無農薬』を買いました。
ありがとうございます。
無農薬の方法はみなさんそれぞれで、その中から自分にあう方法を
見つけて下さると嬉しいです。
また気になる所など、アドバイスを頂けると嬉しいです。
>この秋 おそらく気温の高かったおかけでウドンコゼロだったベランダの
> 気持ちの良さを味わいながら、思っています。
ウドンコは、気温の変化の激しい時、気温が高くなってから
急に気温が下がる時に発生し易いそうです。
次の春もウドンコが改善されると良いですね。
現代農業、本屋さんで覗いて見て下さい。

| katataka | 2010/11/27 20:29 | URL |

アンジェラさんへ

アンジェラさんも炭を使っているのですね。
現代農業も、みなさんそれぞれ実践されていることやポイントなどが
とても分かり易く書いてあるので、是非読んでみてください。
ピラカンサは鳥さんの落し物なんですよ。
垣根の外に出てきてしまったので、自然のリースになるかな?と育てましたが、
やっとクリスマスリースに見える?くらいに赤い実がなってくれました。
> ルイスちゃんの覗き穴もリースみたい。
主人が、ルイスの特等席にしてくれました。
でも最初に穴をあけたのはルイスなのです(笑)
> いつも穏やかな表情のルイスちゃん、本当に可愛いわ!
ルイスのことありがとう!褒められると嬉しいです(親バカ)

| katataka | 2010/11/27 19:55 | URL |

katatakaさん、こんばんは^^
炭・・いいですねぇ。
鉢底に入れる程度しか使ったことがなかったですが
じゃんじゃん使っていいのですね?(笑)
まずは正しい使いかたを学ばなくては・・
現代農業、読んでみます!

ばっちりクリスマスリースに見えますよ♪
とても素敵*^^*
ルイスちゃん・・伸ばした両手がかわいい~~

追伸です^^
生ゴミ堆肥、無事にホカホカになりました。
面白いです。すっかり嵌りそう^^
これからの季節、蜜柑の皮が大量に出るのですが
投入しちゃっても大丈夫なものでしょうか?


| つぐみ | 2010/11/27 19:14 | URL | ≫ EDIT

うちも鉢の土に炭を混ぜています。
ポインセチアの苞が黒く染まったのは誤算でした。
PH調整が必要と聞いたこともあるのですが、
katatakaさんは、鉢バラの土に混ぜるに当たって、
何かされていますか?

近所のピラカンサを見ながら、
katatakaさんの生け垣のピラカンサ・リースは
どうなってるかなと思っていました。
クリスマス・カラーで、可愛いです!

また、遅くなりましたが『バラはだんぜん無農薬』を買いました。
何年経ってもウドンコに悩んでいるわがベランダを、
無農薬のままも改善したいと、この秋、
おそらく気温の高かったおかけでウドンコゼロだったベランダの
気持ちの良さを味わいながら、思っています。

| ぴぴん | 2010/11/27 08:54 | URL | ≫ EDIT

炭は使っていますが、適当なので、ぜひ、この現代農業を見てみたいです。
本屋さんへ行ってみますね。

ピラカンサ、こぼれ種、って敷地内のものからですか?
それとも鳥さんの落し物?
クリスマスリースに見えますね。素敵です。
ルイスちゃんの覗き穴もリースみたい。
いつも穏やかな表情のルイスちゃん、本当に可愛いわ!
すごく絵になってますよ。

| アンジェラ | 2010/11/26 23:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/106-3d2828f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT