PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニードルポイントレース

   今日は、とても穏やかな一日でした。
   昨日はうっすらと雪がふりましたが、明日はまた雪マークのようです。
   せっかくの連休なので、なんとかお天気になって欲しいです。

   先日、アンティークレースとの出会いがありました。
   あまりに素晴らしい作品だったので、持ち主の方に許可をいただいて、
   写真を撮らせて頂きました。
   刺しゅうから発展したと言われるレース、ニードルポイントレースです。
   当時、4センチ四方を作るのに、70時間も掛かったといわれています。
   一針一針、ボタンホールステッチをしていくレースです。
   
   今回のレースは、アランソンレースといいます。
   フランスのレースといえば、アランソンといわれるほど、
   代表的なレースになっています。
   18世紀~19世紀 マリー・アントワネットやジョセフィーヌが、
   愛したというレースです。

 アランソンレース20001

   18世紀、ルイ14世の代には、自然の美を愛する傾向があり、
   あらゆる種類の花が自然のままに写され、フランスは「花の王国」と
   いわれるほどだったそうです。
   このため、レースのデザインも花模様にリボンを配したり、
   花束をリボンで結んだものなどが多くあらわれたそうです。
   まさしく当時の流行そのものの作品です。

  アランソンレース30001
  アランソンレース40001

    これらが全て手作業とは、いったいどれくらいの時間を
    費やしたのでしょうか?気が遠くなりそうです。

     アランソンレース50001

   当時欧州には、50万人のレース工がいたといわれています。
   そのうち25万人がフランス人であったそうです。
   いかに贅沢にレースが用いられ流行っていたかがうかがわれます。
   こうして、レースの歴史を紐といてみると、
   現在存在するアンティークレースの値段には、なるほどと思われます。
   
   
スポンサーサイト

| レース | 19:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

みゆさんへ

> 昨日は、お会い出来て嬉しかったです♪♪
こちらこそ、お会い出来て嬉しかったです。
今度は、お教室前にランチでもお誘いください。
> アンティークのアランソンレースを拝見して、細やかさに脱帽ですね~。
> 昔の方の手は一体どんなだったのでしょう。。。
長さが2~2.5メートル幅が35~40センチ位あったでしょうか?
アランソンで、あんなに大きな作品を見たのは初めてです。
> 昨日の課題で逃げ腰になっていては、、、いけませんね~(A^^;)
ホント!この作品を見たら、自分の課題がチッポケに見えてきます。
次回の教室までに、ちゃんと仕上げたいものです。
雪は、思ったより少なくて助かりました。
今日は、穏やかな一日でした。

| katataka | 2011/02/13 23:22 | URL |

雪、大丈夫かしら~?

こんばんは~(*^0^*)
昨日は、お会い出来て嬉しかったです♪♪
ゆっくりとお話、、、とはいきませんでしたが、それでもお教室で同じ時間を過ごすことができて楽しかったです(*^-^*)
アンティークのアランソンレースを拝見して、細やかさに脱帽ですね~。
昔の方の手は一体どんなだったのでしょう。。。
昨日の課題で逃げ腰になっていては、、、いけませんね~(A^^;)

| みゆ | 2011/02/10 20:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/124-51e32d73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT