PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏も生ごみ醗酵

    関東地方も梅雨明け宣言がだされ、本格的な夏がやってきました。
    今日は、朝から厳しい暑さで、窓を全開にしてなんとかクーラーなしで、
    過ごしていました。
    夕方になっても昼間の暑さから開放されず、温度計は30℃を示しています。
    風があるので、何とか乗り切れそうな感じです。

    生ごみ醗酵は一年中しているのですが、夏は特に生ごみの分解が早いです。
    夏こそ、生ごみを米ぬか醗酵させてものを作っておくと、生ごみの臭いに
    悩まされる事がないので安心です。

  生ごみ0001
    これは、何回も生ごみを投入して、カラカラに乾燥したものです。
    サラサラな状態にしておくと、コバエなども発生しないので安心です。
    この状態で庭に撒いてやると、夏の時期は、一週間もすると分解されて
    土になってしまいます。
    
  生ゴミ0001
  生ごみ0001
    暑い夏にスイカを食べると、体がスーッと涼しくなります。
    スイカは、そのままにしておくと虫の発生源になってしまいますが、
    米ぬかに混ぜて醗酵させてあげると、虫がこないので不思議です。
    細かく刻んだスイカは、手で水分をしぼってから投入した方が、
    米ぬかの量が少なくてすみます。
    水分量を調整してこのまま置くと、夏は一日で40℃以上に醗酵します。
    醗酵して水分が蒸発したら、醗酵した生ごみはサラサラになります。
    その後、生ごみを投入するときは、なるべく水分を減らして乾燥気味
    にすると失敗がない気がします。
    家の中に入れてあるので、外の虫たちがやってくる事がないので、
    虫の発生が無いのかも知れません。
    
スポンサーサイト

| 醗酵 | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/174-9a2c5e7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT