PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本の宿

   今日は、一日中冷たい雨が降っていました。
   寒い一日でしたが、乾燥した日が続いていたので
   庭にとっては、恵みの雨になりました。
   折角の休みに、庭仕事はできませんでしたが。。。

   2月に入り、娘が仕事が一段落したので、
   のんびり温泉に行きたいと言ってきました。
   そこで、以前主人と行ってとても印象に残った柳生の庄
   行って来ました。。。

   東京駅で、主人と娘と待ち合わせをして三人で出かけてきました。
   のんびりと、湯と料理を楽しむ目的で出かけました。
   東京駅からは、新幹線でもない特急でもない快速アクティーの
   グリーン車(750円)に乗りました。
   お昼のお弁当を買い込み、時間はかかりますが座席はラクチンです。
   美味しいお弁当を食べながら、久しぶりにのんびりゆっくり
   色々な話をする事が出来ました。
   たまには、時間を気にしない旅もいいものだなぁ!!と、ツクヅク思いました。
   踊り子0001
   三島駅に着くと、タイミング良く特急「踊り子」に接続できました。
   この特急は、三島駅からは各駅停車に変わり、
   座席は特急なのですが特急料金なしで乗車できるのです。
柳生の庄0001
 節分0001節分0001_1
   立春という事で、入口には節分飾りの柊が飾ってありました。
   良く見るとめざしが挿してありました。
   日本の四季折々、季節の行事を大切にしているのだと感じました。
  柳生の庄0001_1
  柳生の庄0001_2
   門を入ってすぐのところには、飲料用の温泉のおもてなしがあります。
柳生の庄
   3,000坪の広い庭は、沢山の竹で覆われています。
 節分0001_2節分0001_3
   部屋までは、番頭さんが案内してくれます。
   入口を入ると、こちらにも節分の豆とおたふくさんが飾ってありました。
柳生の庄
柳生の庄1
    宿を楽しむ…ために、15;00時と早めのチェックイン
    お目当てはなんと言っても、お風呂・露天風呂・のんびり極楽です。
    早めに着いたので、お風呂は貸し切り状態で本当にのんびり湯ったりです。
 呉竹0001
    今日のお部屋は、呉竹でした。
    鍵も趣があって、手にしっくり馴染みます。
    呉竹0001_6
    
呉竹0001_7
    梅や椿など、枝ぶりの使い方が素敵な投げ入れです。
    枝と花、たった2本だけなのに趣のあるおもてなしです。
呉竹0001_4
    なみなみと満たされた、部屋のお風呂です。
    檜つくりのお風呂は、三階にあるにも関わらず半露天になっていて、
    庭が眺められるようになっています。
呉竹0001_3
呉竹0001_2
   本格的数奇屋造りの2間続きの部屋は、ゆったりとしていて
   ゆっくり寛げる空間になっています。
   部屋の中にいるだけで、日本の美を堪能できるのが嬉しい限りです。
呉竹0001_1
呉竹0001
   次の間で、ゆっくりお茶をいただきました。
   温泉にゆっくりつかった後は、楽しみな懐石が待っています。。。




スポンサーサイト

| お出かけ静岡 | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/229-22f59d3b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT