PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クリスマスローズに蕾

   今日は、最低気温が氷点下と霜柱のたつ寒い朝を迎えました。
   日中も10℃に満たない冷たい一日でした。


   あっと言う間に立春が過ぎ、日に日に日が長くなって来ました。
   クリスマスローズに蕾が見え始め、春が着実に近づいているのを感じます。

 クリスマスローズ0001_1
   こんなコロンとした蕾は、本当に可愛いです。
 クリスマスローズ0001_3
   赤系の蕾は、どんなクリスマスローズだったかしら?
 クリスマスローズ0001_2
   しっかりと上を向いて咲こうとしている蕾もあります。
 クリスマスローズ0001
   ぷっくりとした蕾を見つけては、思わずニッコリ。。
   
 ベロニカオックスフォード0001
   ベロニカ・オックスフォードは、どんどん紫色を増しています。
   ちょっぴり蕾らしきものが見えてきました。
   クリスマスローズが咲く頃には、可愛らしい花が見られるでしょうか?
 ヒメウズ0001
   ヒメウズが、グランドカバーのように沢山増えました。
   小さな可愛らしい花が咲くのが楽しみです。
   庭には、日一日と春らしくなっていく楽しみがいっぱいです。

   昨年のバラの続きです。
   フィンブリアータ Fimbriata 系統HRG
フィンブリアータ0001_3
   地植えで2m位に育っています。
   無農薬で育てていますが、病気知らずの丈夫なバラです。
   昨年カミキリに入られましたが、無事退治できました。
   今年も沢山の花を咲かせてくれそうです。
  フィンブリアータ0001
   黄緑色の葉っぱはサラダに出来そうな感じがします。
   瑞々しい葉っぱに覆われたルゴサらしい蕾、好きですねぇ♪   
  フィンブリアータ0001_4
   蕾のひらき始めは、可愛らしいベビーピンクをしています。
  フィンブリアータ0001_1
   白に近い花びらはほんのりさくら色、とてもやさしい感じがします。
   カーネーションのような花びらをしています。   
  フィンブリアータ0001_2
   沢山の花を次々に咲かせてくれます。
  フィンビリアータ0001
   花が散った後の蘂もいい感じでしょう!
   やわらかな葉っぱが展開し、蕾が見え始め、蕾に色がついて花が咲き
   花が散る様まで長い間楽しめるバラです。
   片親にマダム・アルフレッド・キャリエール   

スポンサーサイト

| バラ | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/327-14d84669

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT