PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

次のバラは。。

   今日は、昨日の寒さと違って汗ばむような一日でした。

   ムタビリスに続き、次はやっぱりカナリーバードとモッコウバラでした。
カナリー・バード0001
カナリー・バード0001_1
   カナリー・バードがゆっくりと開き始めました。
   このバラが咲き始めるといよいよバラシーズンの幕開けです。
モッコウバラ0001
   黄モッコウバラも咲いていました。
   北側に植えてあるのに、沢山の蕾でいっぱいです。

   オダマキ色々
オダマキ0001_1
オダマキ0001
オダマキ0001
オダマキ0001_3
オダマキ0001_4
オダマキ0001_5
   またまたオダマキです。
   こぼれ種からのオダマキは、庭のあちこちに出没しています。
   何が咲くか?分らないのですが、咲いて見ると回りの草花と
   意外にシックリと合っているから不思議です。
   自分で好きな場所に種を飛ばしているのかも知れません。
クロバナフウロ0001
クロバナフウロ_0001
   クロバナフロソウが咲き出しました。
   以前はもっと黒い色をしていた筈なのに、随分色が薄くなりました。
   土のせいなのでしょうか?だんだん元の色に成っていくのでしょうか?
   植物の不思議ですね。
丁子草0001
   宿根の丁子草も花が咲きそうです。
   ほったらかしでも、季節になるとちゃんと出てきてくれます。
   花の咲く前の濃い目のブルーグレーの葉っぱが好きです。
セリンセ0001
   こぼれ種からのセリンセはさらに大株になってきました。
   沢山の花を咲かせています。
   花の少ないこの時期、存在感ありです。
キャットミント0001
   やわかな色合いのキャットミントも沢山咲いてきました。
   黄緑色の葉っぱとこの薄紫の組み合わせが、いかにも春らしい感じです。
キャンピオン0001
   宿根した薄いピンクのキャンピオンです。
   マダム・プランティエが咲く頃まで咲いてくれると嬉しいのですが…
ゴ^ルデンシモツケ0001
   ゴールデンシモツケの芽だしは美しいですね。
 ホウチャクソウ0001ホウチャクソウ0001
   ホウチャクソウって、芽が出て来たときから花を蓄えているのですね。   
姫ウツギ0001
   姫ウツギも咲いています。
   みどりだらけだった庭に少しずつ色が入ってきました。
   ファンタン・ラ・トゥールの葉っぱの展開があまりにゆっくりなので
   気になって根っこを見てみたら、一本の根っこの様子が変なのです。
   削って見るといるではありませんか!カミキリムシの幼虫が…
   捕殺したのでこれで元気になってくれるでしょう!
   昨年庭植えのバラは殆どにカミキリが入ってしまったので、
   今年のバラはどうなる事やら心配でしたが今の所順調のようです。
   バラが爆発する前のこの時期は、ゆっくり庭を眺められます。
   今日は、チュウレンバチを見かけました。
   虫も一斉に動き出したようです。
   益々庭から目が離せません。。。



スポンサーサイト

| バラ | 23:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

りさこままさん こんばんは^^。

りさこままさん こんばんは^^。
お返事遅くなってしまい申し訳ありせん。
オダマキはこぼれ種で庭のあちこちに出没しているのですが、
何が咲くのか分らないのでちょっぴり困り物です。
種をとって種蒔きすれば良いのでしょうけれど、つい忘れてしまいます。
土作りは、年月がたつと段々に良い感じになってくると思います。
> また、katatakaさんはニームオイル等は散布していないと仰っていましたが…
ニームオイルは今まで使った事がなかっただけなのです。
オーガニックでバラを育てている方々で使っている方は沢山います。
イモムシ類を窒息させる働きがあると聞きますので、ヨトウムシ退治に
地面にまいてみようと思うのですがいかがでしょうか。
今年はさらに手抜きの庭になっていてビックリされるでしょうが、
バラの時期、是非お出かけください。

| katataka | 2013/05/04 02:11 | URL |

YOKOさん こんにちは。^^

狭い庭はぎゅうぎゅうで悲鳴をあげています。
相変わらず色々植え込んでいます(笑)
> 足元に広がる下草のどれもが魅力的で…
ありがとうございます。
YOKOさんも来年は種まきしてみますか?
秋に種が出来たらお送りします。
直播okの種ばかりなので、広い庭にはそれでokかな?と思います。
> そして、2回にわたって記事の最初に登場するカナリーバード
毎年春一番に咲くバラで、ピンピの葉っぱは可愛らしいですね。
狭い庭では大きくなると困るので、殆ど無施肥で育てています。
広いところでノビノビ育てられたらどれだけいいでしょう。
> 詳しい内容を、うちの黄バラの参考にさせていただきました。
少しはお役にたてたのでしょうか?良かったです。
> ひと口にピンピの黄色といってもずいぶん違いがあるものなんですね~。
原種系は特に個体差があるような気がします。
同じ品種でも、育った環境や土などによって別物に見える事さえある気がします。
そこが面白いところなんでしょうね。
YOKOさんの庭の様子も楽しみにしていますよー♪

| katataka | 2013/04/28 12:54 | URL |

こんにちは

いつも楽しみにしています。
私もオダマキを植えているのですが、こぼれ種での発芽は全然ありません・・・。やっぱり土が違うのですね!
教えて頂いたとおり、私も草花の剪定した物を庭に撒いてみました!
また、katatakaさんはニームオイル等は散布していないと仰っていましたが、確かに自分で作った物ではないし、全く安全かは分からない物なので、しない方がより一層庭仕事が楽しめる気がしてきました。散布中に吸い込んでしまうと、少し嫌な気分になります・・。
いつも参考になるご助言有難うございます。
そして、厚かましいお願いで恥ずかしいのですが、是非バラの綺麗な時期にお庭を拝見させて頂きたいのですが・・・。
宜しくお願い致します。

| りさこまま | 2013/04/28 11:34 | URL |

katatakaさんこんにちは。^^

バラも草花も、あふれるほどに庭にひろがっていますね!
ほんとにすばらしいです。
足元に広がる下草のどれもが魅力的で、私もまねっこさせてもらおうかななんて、わくわくします。
そして、2回にわたって記事の最初に登場するカナリーバード
詳しい内容を、うちの黄バラの参考にさせていただきました。
ピンピのバラを見る機会は少ないので、ほんとに助かりました。
ひと口にピンピの黄色といってもずいぶん違いがあるものなんですね~。
良い勉強になりました。^^ ありがとうございました。

| YOKO | 2013/04/27 11:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/345-5d2bfd94

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT