PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日は薔薇三昧つづき

   今日は、朝から雨降りの肌寒い一日でした。
   しとしとと降る雨は、薔薇にとって恵みの雨になりました。

   花菜ガーデンで薔薇三昧の至福の時間を過ごした後は、
   無農薬で薔薇を育てているオーガニック仲間のガーデンめぐりです。

   花菜ガーデン近くにお住まいのmidorinosizukuさんの庭です。
   和の庭と薔薇の庭とふたつの贅沢な庭にお邪魔させていただきました。
midorinoshizuku0001_1.jpg
   ゆったりとした空間に、薔薇や宿根草、一年草などがバランスよく
   植えられていて、とても気持ちの良い空間です。
midorinoshizuku0001.jpg
   住宅街とは思えないくらいみどり豊かなでゆったりしています。
midorinoshizuku0001_3.jpg
   丁度ポールズ・ヒマラヤン・ムスクが咲き始めていました。
   木に絡みついて木々の間から覗いた様子に大らかさを感じます。
   無農薬で育った薔薇は、生き生きとしていました。
   midorinoshizuku0001_2.jpg
   フクちゃんがデッキでごろごろごろん!
   まわりに気遣う事の無い庭はフクちゃんにとって至福の空間なのでしょう。
  アトリエ0001
  アトリエ0001_1
   アレンジを教えていらっしゃると言うアトリエにもお邪魔させていただきました。
   素敵な庭を眺めながらレッスンを受けられる生徒さんは、幸せですね。

   オーガニック仲間のランチの場所を提供してくださったのは、yukikoさんです。
yukiko0001_4.jpg
   はっきりとした薔薇が中心にあるとこんなに庭がしまった感じになるのですね。
   薔薇の配色など、真似をしたいところが盛り沢山の庭です。
   手前のギボウシサガエがきいています。
yukiko0001_3.jpg
   コーネリアがたわわに咲いていました。
   コーネリアのアプリコット色が、とてもいい感じです。
yukiko0001_6.jpg
   ラベンダー・ラッシーも元気に咲いています。
   無農薬で育てた薔薇たちは、年々手をかけなくても元気になって行くようです。
   葉っぱもみんな青々として元気いっぱいでした。
yukiko0001.jpg
   Hさんの庭の薔薇で作られたアレンジです。
   みんな無農薬で育てられた薔薇たちです。
   ブノワ・マジメルが100輪も花が咲いたそうです。
     ランチ0001_2>
     ランチ0001
     ランチ0001_1
   お楽しみは、何と言っても“花よりだんご”の持ち寄りランチです。
   薔薇マダムたちはお料理上手な方ばかりで、何を食べても美味しい!♪

 お腹いっぱいになった後は、kadononekoさんの庭にお邪魔させていただきました。
kadononeko0001_7.jpg
kadononeko0001_8.jpg
   まるで外国の庭に訪れたような錯覚を起こしてしまいそうな
   素敵な空間でした。
kadononeko0001_6.jpg
   クレア・オースチン やっぱり無農薬の薔薇たちは、葉っぱが
   つやつやで元気いっぱい!薔薇の香りを感じます。
kadononeko0001_1.jpgkadononeko0001_4.jpg
        kadononeko0001_3.jpg
     寄せ植えやハンギングなどを教えていらっやるので、とてもお忙しく
     されているそうです。
     薔薇は無農薬で、庭は宿根草や樹木を上手に植栽して、
     手をかけなくても良い庭にしているそうです。
     宿根草同士の組み合わせは、真似したい所が沢山ありました。     
kadononeko0001_5.jpg
     家の中からバリエガタ・ボローニャをのぞんで…
     中も外も、何処を切り取っても絵になる素敵な空間でした。

     朝から晩まで、本当に盛り沢山の薔薇三昧でした。
     どの庭も、もっとゆっくり一日中居たい!!と思える庭ばかりでした。
     薬品の臭いの無い薔薇の香りは、とびっきりの香りがした気がします。
          
     本0001
     yukikoさんこと小竹幸子さんが、4月に出版された本です。
     無農薬で薔薇を育てるノウハウが凝縮された1冊です。
     何時も前向きで研究熱心なyukikoさんに刺激をもらっています。

     みなさんからいただいた刺激を、自分の庭に取り入れたいと思います。




スポンサーサイト

| お出かけ東京 | 00:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/357-ce3cc1bb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT