PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レース講習会

   今日は、台風の影響で雨が降ったり止んだりしていましたが、
   何となく蒸暑い感じの変なお天気でした。

   イギリス在住のBridget Cookさんの講習会が東京であると言うので
   出かけてきました。
   世界中を飛び回って、レースを教えていらっしゃる先生にお会い
   出来たのはレース仲間のSさんのお蔭です。
   とても気さくな先生で、英語の分らない私にも気軽に声をかけて
   下さり、とても丁寧に教えて下さいました。
   いかに綺麗にレースを織るか!と言う指導に、目からウロコが
   沢山ありとても有意義な講習会でした。
レース0001レース0001_1
講習会での作品作成の様子です。
レース0001
   先生が本にされた作品などを持ってきて下さったのですが、
   自由に手にとって触ったり写真を撮らせて下さったりと
   とても和気あいあいとした雰囲気でした。
   色々なところで教室をされている先生方にもお会出来、
   レースの話をたっぷりと聞かせていただきました。

   そんな中、素敵な作品をみせていただきました。
   “楽糸会”を主宰されている横田朝子先生の作品の数々です。
   TEL:046-227-6620 アトリエ 厚木市
   あまりの緻密さに驚くばかりの作品ですが、とても勉強になりました。
レース0001
   バラの花の作品ですが、リボンが立体的に織られていて、
   どうやって織られたのか?伺うと、リボンの展開図を書いて
   実際に織り上がった状態をシュミレーションしてから織り上げたそうです。
   頭が数学者なのではないかと思われました。
レース0001_1
   バラ好きにはたまらない作品ばかりです。
レース0001_2
レース0001_4
    デザインもオリジナルだそうです。
レース0001_3
    切り花を忠実に表現されていて、バラのトゲまで織られているのには
    唯々驚くばかりです。
レース0001_5
    これもバラです。
    沢山の作品をみせていただいたのに、バラばかり写真におさまって
    いるではありませんか!
    レースの道具0001
レースの道具0001_1レースの道具0001_2
    レースの道具たちを表現した作品です。
    これがすべてレースの技法で織られているのですから驚きです。
    本に書かれている文字は、レースが透かし織りをされています。
    本に挟まれた栞は、本から引き出す事が出来るのです。
    さらにハサミは、ちゃんと動きます。
    針山に刺されたピンさえ抜く事が出来るのです。
    細部まで拘った作品が美しいのは勿論ですが、遊び心もたっぷり
    加わった作品にも釘付けになりました。
    こうして、
    いろんなレースの知恵が詰まった講習会に参加できたのは幸せです。
    また機会がありましたら参加してみたいものです。

    台風は直撃しないようですが、影響で大雨になりそうです。
    被害が出ないように祈るばかりです。

  
   
スポンサーサイト

| レース | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/412-5bda2077

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT