PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

久しぶりに庭仕事

   今日は、最高気温11℃と12月らしい一日でした。
   
   畳の表替えをするので、朝8時に畳やさんがやってきました。
   古い畳を持っていって、夕方には表替えした新しい畳が
   やってきました。
   い草のなんとも言えないいい香りが家中に広がっています。
   暫く消臭剤のお世話にならなくて良さそうです。
   畳屋さんから色々と畳の扱いなどを教えていただきました。
   掃除機で掃除するのがもったいない気がして、畳み用の
   ほうきが欲しくなりました(笑)
   
   初冬を迎え、庭もそろそろ冬支度をしなければと、
   久しぶりに一日中庭仕事をしました。
  バラの枝0001
   バラの葉っぱをむしり軽く剪定をして、ボサボサだったバラが
   すっきりとこんな感じになりました。
   床屋さんで散髪した後みたいでしょう?
   葉っぱをむしる事により、病虫害を来春に残さないようにするのと
   根っこに栄養を蓄える目的があるそです。
   冬に向かって根っこを育てるために、草木灰をまくのが有効だそうです。


   まだ霜の降りる日が少ないせいか庭は青々としています。
   それでも葉っぱをむしる頃になると、いよいよ最後のバラに
   なるのでしょうか?
   お馴染みのバラばかりです。 
  ペニー・レイン0001
   ペニー・レインは、まだまだ小さな苗ですが、春から絶え間なく
   よく咲いてくれました。
   ほんのりピンクが強く表れています。
   春よりフワフワしている気がします。
  バロンヌ・アンリエット・ド・スノイ0001
   バロンヌ・アンリエット・ド・スノイは、ころころして
   やっぱり春よりかなり濃いピンク色をしています。
  シャンプニー・ピンク・クラスター0001
  シャンプニー・ピンク・クラスター0001_1
    シャンプニー・ピンク・クラスターもよく咲いてくれました。
    ゆるゆるの花びらが可愛らしいです。
    青空に映えますねぇ。
 コーネリア0001
    カミキリに入られて穴ぼこだらけのコーネリアですが、
    上のほうでやたら元気にしています。
    こんなに濃い色をして、春の色とは随分違う気がします。
  フランシーヌ・オースチン0001
    我が家のフランシーヌ・オースチンは、なんだかあまり大きく
    なりません。
    春からポツリポツリと絶え間なく咲いています。
    いつになったら大きくなるのでしょうか?
    小さな庭には丁度いいのかも知れません。
  ブール・ド・ネージュ0001
    ブール・ド・ネージュも今頃になって随分咲いています。
    夏が暑かったので休眠する時期が長かったのかも知れません。
  粉粧楼0001
    粉粧楼がこんなフワフワになっていました。
    いよいよ最後の花になってしまったようです。
    春までゆっくりお休みください。
  ベイシーズ・パープル・ローズ0001
    ベイシーズ・パープル・ローズもいよいよ紅葉して来ました。
    緑色と黄色と赤が入り混じって、太陽の光を浴びると
    美しいです。
  トキンバラ0001トキンバラ0001_1
    トキンバラの葉っぱが紫を帯びてきたと思っていたら、
    こんなにハッキリ紅葉するものなのですね。
  ロサ・マレッティ0001_2
  ロサ・マレッティ0001ロサ・マレッティ0001_1
    ロサ・マレッティのすっかり葉っぱを落としている枝は
    こんなに赤く色づいています。
    そうかと思えば、赤みを帯びた葉っぱや黄色く色づいた
    葉っぱがあったりと変化を楽しめるバラです。

    バラの実が、色んな場面でアクセントになっています。
  野バラ0001
    ピンクの野バラの実が、赤く熟してきました。
  コナンバラ0001コナンバラ0001_1
    コナンバラの実は、写真では分りませんが、野バラより
    少し大きくてさらに赤い実をしています。
  オドラータ0001
    オドラータの実は、黄色から大分オレンジ色になってきました。
    かなり大き目です。
    この真ん丸い実が沢山なって可愛らしいです。
  オオタカネバラ0001
    オオタカネバラの実は、さらに赤く色づいています。
  シャンプニー・ピンク・クラスター0001_1
    シャンプニー・ピンク・クラスターにもこんな可愛らしい
    実がなっていました。
    
  シルホサ0001
    気がつけばシルホサに花が咲いていました。
    ツルをぐんぐん伸ばしているので、まだまだ花を楽しめそうです。
  トマト0001
    こぼれ種で育った中玉トマトがまだまだ沢山の実を生らせています。
    白っぽくなった実を家の中に入れて、赤くしながら食べていたのですが、
    いよいよ霜が降りる季節になっては、庭で育てるには限界でしょうか?

    久しぶりの庭仕事は、やっぱり楽しいですね。
    この時期でしか楽しめないバラの魅力にふれられたり、
    こぼれ種の芽があちこちに出現していて、目移りしてしまいます。
    バラの葉っぱや剪定してチョキチョキした枝は、庭の栄養にと
    庭にまいてあげました。
    サボっていた庭仕事は、春に向けての準備が山積みです。
    
    



スポンサーサイト

| | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/426-7e0beb65

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT