PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

有馬温泉へ

  2月25日と26日にかけて、家族三人で有馬温泉へ
  行ってきました。  
  有馬温泉の金の湯と言われている温泉は、
  含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉。
  鉄分が多いため、温泉が空気に触れると酸化し、
  赤くなるほどです。
  この赤い温泉に一度は入ってみたいと、出かけてきました。
  神戸三ノ宮からJRバスで30分ほどで到着です。
  バスからの眺めを期待したのですが、トンネルと
  高速道路で景色を眺める場がありませんでした。
有馬温泉0001_4
  バスを降りると、いきなりこんな景色が現れました。  
炭酸泉源0001
   炭酸ガスを含んだ温泉の泉源です。
   昔は砂糖を入れてサイダーとして飲まれていたそうです。
   実際に飲んで見ると、炭酸が口の中ではじけます。
   温泉なので暖かいサイダーと言う感じです。
源泉0001
   天神泉源は地下185mから汲み上げられ
   100度近い金泉がいつも勢いよく湯煙を上げている。
   泉質は含鉄強食塩泉
有馬温泉0001
有馬温泉0001_1
有馬温泉0001_2
   レトロな雰囲気のある街並みが続きます。
   こんな素敵な場所があるなんて想像もしていませんでした。
   ホッとする空間です。
     コーヒー0001_1
      茶房 堂加亭
コーヒー0001
コーヒー0001_2
   しっとりと落ち着いた雰囲気のあるお店です。
   若いオーナーは、ガラスの作家さんでもあるようです。
   コーヒー0001_3
   こんな雰囲気の中で飲むコーヒーは、とても香り豊かで
   美味しかったです。

   今日の一番の楽しみは、前々から一度訪れたいと
   思っていた有馬“中之坊瑞苑”です。
宿0001_7
     宿0001_8
   とてもゆったりとした空間で、お抹茶とお菓子が
   出迎えてくれました。
   器にはお雛様が描かれていました。
   春ですねぇ♪

       宿0001
宿0001_1宿0001_2
   温泉のもう一つの楽しみは、お料理です。
宿0001_3
        宿0001_4
宿0001_5宿0001_6
    運ばれてくる懐石料理に舌鼓です。
    なんにも考えず美味しいお料理を食べて
    ゆっくりと温泉につかって、至福のひと時でした。
    体も心も大いにリフレッシュできました。
有馬温泉0001
    部屋から温泉街の眺めです。
    ゆらゆらと湯煙があがって、夕暮れ時の
    まったりとした時が流れていました。


スポンサーサイト

| お出かけ兵庫 | 19:21 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

yokoさん こんばんは!

yokoさん こんばんは!
yokoさんも有馬温泉に行かれた事があるのですね。
旅館が温泉街の近くだったので、ゆっくりと
散策することができました。
素敵な出会いがあったのですね。
> その方から贈られた和紙でお花を創るきっかけとなりました。
繊細な和紙の花の表情は、写真の中さえ伝わってくるのですから
、実際に手に取ってみたらどれだけの感激があるのでしょうか?
土佐の手漉きの典具帖紙は、それ程の魅力があるのでしょう。
出会い…不思議です。

| katataka | 2015/03/03 00:29 | URL |

azさん こんばんは^^。

azさんも有馬温泉に反応してくださったのですね。
神戸市内からかなり遠いイメージでしたが、
意外に近いのでビックリしました。
雰囲気のある素敵な温泉街があり、
平日のも関わらず結構賑わっていました。
若い観光客の方が結構多かったのも驚きでした。
最近の温泉ブームの影響でしょうか?
> このひなびた、レトロな雰囲気が昔も今も同じで
> それなりに手入れをしているんでしょうね。
街並みを保存するのにはそれなりの努力をされているのでしょう。
次の日が雨降りだったので、観光ができませんでした。
今度ゆっくり観光に出かけたいと思います。

| katataka | 2015/03/03 00:15 | URL |

ローズマリー さん こんばんは。

ローズマリーさん こんばんは。
> わぁ残念・・お会いしたかったわ~
そう言ってくださってありがとうございます。
今回は家族が一緒だったので連絡しませんでした。
いつかゆっくりとお会いしたいですね。
> 三宮からバスだと、景色は期待できないんですよ~
バスから景色を眺めながら?なんて期待したのですが…
帰りは電車にしましたよ♪


| katataka | 2015/03/03 00:04 | URL |

katatakaさん、こんにちは。
有馬温泉・なつかしい~
数年前の夏、友達と行きました。
河原で高知の方に出会い、お話して一緒に夏祭りを楽しみました。そして今も親しくさせていただいております。
その方から贈られた和紙でお花を創るきっかけとなりました。
土佐の手漉きの典具帖紙、かげろうの羽といわれるとっても薄くて繊細な和紙です。
有馬温泉に行かなかったら私は和紙の花を創ってなかったかも知れません。
人との出会いって不思議です。高知の方、そしてあなたにも感謝です。
ありがとうございます。

| yoko | 2015/03/02 21:24 | URL |

katatakaさん

ローズマリーさん同様
私も有馬温泉に反応。

有馬温泉はお勤めしている時はこちらに旅行
そうそう、その前に、学校からは遠足。
そして近場なため、お友だちともよく泊りました。

このひなびた、レトロな雰囲気が昔も今も同じで
それなりに手入れをしているんでしょうね。

| az | 2015/03/01 18:02 | URL | ≫ EDIT

katatakaさん

こんにちは~

有馬温泉に来られたんですね~

わぁ残念・・お会いしたかったわ~

有馬温泉は、我が家から車で30分くらいのところにありますよ~

三宮からバスだと、景色は期待できないんですよ~

三宮から新開地まで行ってそこから神戸電鉄の有馬温泉行きの

電車に乗ると、車窓からゆっくりとした景色が見れるんですよ

~ 次回、是非試してみてくださいね~

あ~それにしてもお会いできなくって残念です~

| ローズマリー | 2015/03/01 13:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/535-70e7a13c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT