PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

奥久慈

      今日は、朝は曇りでしたが昼近くから晴れ間の見える
      とても蒸し暑い一日でした。

     連休初日という事で、どこかに出かけたい病が始まりました。
     遠出は出来ないので、車で1時間ほどの奥久慈へ出かけました。
     普段関東平野のど真ん中に住んでいるので、山へ出かけるのが、
     たまらなく嬉しいのです。
     山の空気は、特別美味しく感じられました。

     日本三名瀑の一つ袋田の滝へ行って来ました。
     四段に落下するところから四度の滝とよばれています。
     梅雨の合い間で、水量がかなりあったので流れが速く、迫力満点でした。

     袋田の滝へは、この長いトンネルを抜けて行きます。
    
袋田の滝IMG_0001

     中へ入った途端、ひんやりとした空気がたまらなく気持ちよく感じられました。
     外は真夏のような蒸し暑さなので、温度差に驚かされました。

トンネルIMG_0001

     トンネルを抜けて行くとエレベーターがあります。
     エレベーターは、44メートルの高さまで一気に上昇し、観瀑台に到着します。
     そこから、さらに階段を登った所からの眺めです。
     木々の緑の中に現れた滝の姿は、とても大らかに見えました。
     
滝1IMG_0001

      一番上から一つ下がった観瀑台からの眺めです。

滝2IMG_0001

      さらにまた一つ下がった観瀑台からの眺めです。

滝3IMG_0001

      エレベーターのところ所の観瀑台からの眺めです。
      下に行くほど、流れの速さを実感しています。

滝4IMG_0001

      エレべーターからまた一気に下りて、そこの観瀑台からの眺めです。
      下から見上げる滝は、水かさを増して流れが速く水しぶきが顔にかかるので、
      かなりの清涼感があります。

滝5IMG_0001

      滝つぼに落ちて行く迫力もまた凄い物があります。
      水しぶきも半端なものではありません。
      じーっと、滝の流れに見入ってしまいました。

滝6IMG_0001

      つり橋を渡って、反対側の見晴台からの眺めです。
      先ほどの、近くからの眺めとは全く違う顔をしています。
      何だか大人の滝が、そこにあるようでした。
      ここ何年も、袋田の滝には訪れていませんでしたが、
      四季折々訪れたい場所になりそうです。

     滝7IMG_0001

      滝からの帰り道、紫陽花が沢山咲いていました。
      私の住んでいるところではほぼ終わっているのに、こちらでは満開でした。
      車で一時間北へ走ると、こんなに温度差があるのですね。

アジサイIMG_0001

      鮎漁のための鮎やなです。
      早朝にかけて、鮎が上がって来るそうです。
      昼間だったので、鮎の上がって来る様子は観られませんでした。
      その代わり、美味しい天然鮎を食べることが出来ました。
      小さめの鮎だったので、頭からしっぽまで丸かじりで全部食べられました。
      とっても美味しかったです。

やなIMG_0001

      鮎漁の様子です。
      奥久慈の久慈川は、水がとても澄んでいて鮎が住むのに最適です。
      鮎の生産量は、茨城県が断突一番だそうです。

鮎つりIMG_0001
       
      今日は蒸し暑いはずなのに、とても爽やかな気分で過ごせました。
                           つづく…
スポンサーサイト

| お出かけ奥久慈 | 23:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

クミンさんへ

袋田の滝
浄化のパワースポットのようですね。
娘が、みどりの多い山の方へ行きたい!と言うので行って来ました。
滝から、元気のパワーをいっぱい貰ってきましたよー^^。
クミンさんの所は、もっと沢山のパワースポットがありそうですね。
思い切って出かけて見て下さい。

| katataka | 2010/07/18 23:35 | URL |

katatakaさん、こんにちは^^。

>袋田の滝
見せていただき、有難うございます!
これは間違いなく、今人気の『パワースポット』ですね。
いいな~。
私もどこかパワースポットに行きたくなりました^^。

| クミン | 2010/07/18 11:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/57-38caca5a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT