PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

七ツ洞公園夏剪定

   今日は、気温が21℃まで下がり朝から雨降りで
   降ったりやんだりの一日でした。

   今日は、七ツ洞公園でMEGの会の活動日でした。
   家を出るときは雨降りでずっと降っていたのですが、
   七ツ洞公園に着く頃には雨は殆ど降っていませんでした。
   イングリッシュローズに秋に花を咲かせるための
   夏の剪定の仕方と管理を、平岡 誠さんに
   実践を交えて教えていただきました。
七ツ洞公園0001
七ツ洞公園0001_2
七ツ洞公園0001_3
   七ツ洞公園は夏の花が沢山咲いていました。

  夏剪定のイメージは、散髪だそうです。
  1ヶ月半後の秋花の姿を想像し、その時に一番ステキな髪型に
  するためにする散髪のようなものなのだそうです。
  兎に角、シュラブであるイングリッシュは、細かいことはあまり
  考えずバサバサ切ってしまって良いようです。
七ツ洞公園0001_1
剪定0001
剪定0001_1
    左側の枝が最初の枝の高さ 右が剪定後の枝の高さ               
   背の高くなるバラは、花が咲くまでに長くかかるので
   短めに剪定するそうです。
   えっ!こんなに低くしてしまって良いの?って言うくらいに
   容赦なく切っています。
剪定0001_2
   切る目安として、写真がピンボケで見難いですが
   新しい芽が見えている所の直ぐ上を切ると良いそうです。
   シュラブはどんな細い枝にも花を咲かせるので、必ず
   全部の枝に鋏を入れる事が花を沢山咲かせるコツだそうです。   
剪定0001_5
  背の低いバラは、花が咲くまでが短いので浅めに剪定
  すると良いそうです。
剪定0001_4
  平岡さんに実践していただき、それではそれぞれ剪定の作業に
  入ってください!の言葉に、一斉に剪定作業に入りました。
  公園にたどり着いた頃は、沢山のバラが咲いていたのですが、
  剪定がアッと言う間に終わってしまったので、咲いている写真が
  撮れませんでした。
  昨年も同じ時期に夏剪定を教えていただいたお蔭でしょうか?
  一度の説明だけで、MEGのみんなの行動の早さには驚きました。

  モーティマサックラー(つる系シュラブ)の扱い   
モティマサックラー0001
   低い位置でつるのような仕立てで咲かせているモティマサックラー
  ( ハイブリットティ系ではこの扱いが難しいそうです)
  シュートがビュンビュンでています。
モーティマサックラー0001
  出来るだけ伸ばしてあげるそうです。
m-ティマサックラー0001
  伸びているものは横倒しにして塀にそって止めつけます。
  倒した枝からステムが伸びて沢山の花を咲かせる予定だとか…

  
  トランクウィリティ(つる系シュラブ)の扱い
トランクウィリティ0001
トランクウィリティ0001_1
  ボタンアイの見える子の咲き方、好きですねぇ。
トランクウィリティ0001_2
   この程度の枝は、真直ぐ伸びるように支柱を立てて
   支えてあげます。 
トランクウィリティ0001_3
トランクウィリティ0001_4
トランクウィリティ0001_5
   ビロ~ンと伸びた枝は、ポールに縛り付けて真直ぐに
   誘引しています。
   シュートの伸びる時期は、春の花が終わった梅雨の時期と
   暑い真夏を乗り越えてからこれからの時期だそうです。
   伸びたシュートを大事にしましょう。 
スノーグース0001
   スノーグースは、こんな感じです。
   シュートをどんどん伸ばし、絶え間なく花を咲かせています。
   ムルティフローラ系のランブラーローズは、殆ど手を掛けなくて
   良いそうです。
   冬の誘引までそのままで…との事でした。
ハマナス系0001
   四季咲きのハマナス系のバラは、春に咲いた後には
   沢山の実をつけていました。
   花もまだ咲いています。
   実を楽しみたいのならそのままに、花だけで良いのなら
   剪定すれば良いそうです。

   夏の施肥についての質問がありました。
   夏は施肥はしない方が良いとの事でした。
   花の咲く時期まで肥料が残っていると花付が格段に
   下がってしまうという事です。
   つるバラや特に生育の悪いものやは、成長を促すために
   液肥を上げると良いそうです。
   

   公園のバラたちは、散髪が終わりとてもすっきりしました。
   剪定されたバラたちは、10月頃には綺麗な秋バラを咲かせて
   くれるでしょう。
   11月始めにはフラワーマーケットも予定されているようです。

  
 

スポンサーサイト

| 七ツ洞公園 | 22:52 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

midorinosizukuさん こんばんは^^。

midorinosizukuさん
こちらこそご無沙汰しております。
ホント!刺激がないと剪定もマンネリ化してしまいがちですが、
こうして実践などをしていただくとやる気が起こりますよ。
久しぶりに庭を見回ったら、木屑が出ているバラが何本か…
midorinosizukuさんの所は、被害はなさそうですか?

> 八ケ岳の庭ではバラがちらほら咲き続けています。
八ヶ岳で咲くバラたちは、一層深い色合いで咲いているのでしょう。

涼しくなったと思ったら雨ばかりです。
お蔭で庭は生き生きしていますが、宿根草などが繁り過ぎです。
庭の手入れや種蒔も控えているので、早目に活動したいと思います。
お言葉に甘えて、又お邪魔させてください。

| katataka | 2015/09/04 00:59 | URL |

katatakaさん
お久しぶりです。この時期の剪定をしなければと思っていましたが、katatakaさんのこの記事を拝見させていただきやる気がでました。
八ケ岳の庭ではバラがちらほら咲き続けています。
咲いたら切る、ちょっと切る・・・なんてことを繰り返しています。
やっと涼しくなり、お出かけ日和、庭仕事日和の日々になりますね。またお出かけ下さい。

| midorinosizuku | 2015/09/02 19:22 | URL | ≫ EDIT

ちょしっちさん 参考になりましたか?

ちょしっちさん こんばんは!
写真が見辛くてゴメンなさい。
> 詳しいお世話の情報ありがとうございます!
少しでもお役に立てて嬉しいです。

> モティマサックラーの扱い方がわかってうれしいです。
イングリッシュローズのつる系は、シュラブ扱いでもつる扱でも
自分が仕立てたいようにすれば良いそうです。
横に倒した時、沢山のステムが上がってそれぞれに花が咲くそうです。
モーティマサックラー 大好きなバラです。
バラはお世話しただけ答えてくれるので、バラ仕事頑張ってください。

| katataka | 2015/09/01 00:43 | URL |

mimihaさん こんばんは!

mimihaさんの所にもイチイの垣根があるのですか?
すぐ背が高くなってしまうので、まめに刈り込んでいるようです。
剪定、大変ですが頑張ってね。
可愛らしい赤い実がなっていましたよ。

> そして、テキパキと進むバラの選定とツルバラの誘引。
> 勉強になりました!!!
ちょっとでも参考にしていただけて嬉しいです。

> こちらでは冬に備えての下準備です。
こちらでは想像が出来ない準備が控えているのですね。
まだまだ楽しめるmimihaさんのお庭、楽しみにしています。



| katataka | 2015/09/01 00:35 | URL |

こんばんは!
詳しいお世話の情報ありがとうございます!
とってもわかりやすくて勉強になりました。
モティマサックラーの扱い方がわかってうれしいです。
たまにガーデンで見るのですが、なかなか参考になるほどの大株を見ることがなくて、なんとなく適当に誘引してたので^^
来週がんばってバラのお世話をしてみます♪

| ちょしっち | 2015/08/31 09:29 | URL | ≫ EDIT

最初に美しく整えられた生け垣が飛び込んできました。

こんなに綺麗な生け垣・・・ あぅぅ 我が家のイチイが剪定を待っていると・・

そして、テキパキと進むバラの選定とツルバラの誘引。
勉強になりました!!!

そちらでは秋のバラが控えているのですものね^ ^

こちらでは冬に備えての下準備です。

| mimiha | 2015/08/30 10:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/606-e4cde0ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT