PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

実は赤く

   今日は、気温23℃と温かく感じる一日でしたが、
   強風が吹き荒れていました。  
   春一番のように暖かい風が吹いていました。

   朝晩は、気温がぐ~んと低くなりお布団の中から
   出られなくなってきています。
   庭では、バラの実が赤く色づき始めました。

 ロサ・マレッティ0001
   ロサ・マレッティの実は、そろそろ終わりのようです。
   シワシワになってきました。
   紅葉が始まり黄色く色づき始めました。
 ノバラ0001
 ノバラ0001_1
 ノバラ0001_2
 ノバラ0001_3
    ノバラは、色々な形をした実がなっています。
    花の色や大きさ、蕊などもそれぞれ咲き方が違っています。
    実の形や大きさなど様々です。
    
 サクラバラ0001
   サクラバラ
 群星0001
   群星
 オオタカネバラ0001
   オオタカネバラ
 オドラータ0001
   ロサ・オドラータ
 ベイシーズ・パープルローズ0001
   ベイシーズ・パープルローズに実がついたのは初めて
   かも知れません。
   実の色もシックな赤い色をしています。     
 ベイシーズ・パープルローズに0001
   見上げると、花も咲いていました。
   葉っぱは黄色へと変わってきています。

   秋バラもポツポツ咲いています。
 銀河0001
 銀河0001
   銀河は、春よりベージュががかっていて
   ふっさりと咲いています。
   見とれてしまいました。
   庭で目立っていましたよ。
 レープ・ドール0001
 レープ・ドール0001_1
   レープ・ドールは、お日様が当たるところと
   蔭になるところでは色合いが違っています。
   どちらも好きですねぇ。
 ペニーレイン0001
 ペニー・レイン0001
   ペニーレインは、上の写真はかなり濃いベージュになっています。
   気温が下がってきたせいでしょうか?
   下はいつものペニーレインの色合いです。
 ブール・ド・ネージュ0001
   ブールド・ネージュは、コロンと丸みを帯びた真っ白な
   花がなんとも可愛らしいです。
 セリーヌ・フォレスティエ0001
   セリーヌ・フォレスティエは、カミキリに入られて大不調です。
   上手く退治できたかな?
 クロチドスペール0001
 クロチドスペール0001_1
   つるクロチドスペールは、ここ数日雨降りが無かったので
   良い感じに咲いてきました。
   何とも言えない色合いです。
 シャンプニー・ピンク・クラスター0001
   シャンプニー・ピンク・クラスターは、可愛らしいですね。
 オールドブラッシュ0001
   オールドブラッシュは、色に深みが増して秋色で
   咲いています。
 フランシーヌ・オースチン0001
   フランシーヌ・オースチンは、調子が今一です。   
 パット・オースチン0001
  パット・オースチンは、春のような派手さが無くなり
  しっくりと落ち着いた色合いで咲いています。

   秋バラは、色に深みが加わって花数は少ないけれど
   気温が低いせいで長い間じっくり眺めることが出来ます。
   一つ一つの花に見とれて時間がたつのを忘れてしまいます。
   庭仕事、進みません。
 ユーパトリウム0001
 ユーパトリウム0001_1

 柳葉フジバカマ0001
 柳葉フジバカマ0001
    フジバカマつながりで、西洋フジバカマ=ユーパトリウム
    と柳葉フジバカマ
    
    種蒔きした種は、順調に発芽しています。
    そろそろポットあげをしてあげようと思います。
スポンサーサイト

| バラ | 23:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

hana さん またまたありがとう!

hanaさんのところにもルゴサがあるのですね。
日本や中国原産のハマナス=ルゴサの交配種ロズレ・ド・レイは、
フランスのラ・レイ・ローズバラ園にちなんで名付けられたバラなんですね。
ハマナスは沢山のヒップが付きますが、交配種という事でヒップが付かないのかも
知れませんが、次から次へと花を咲かせる様は、とても美しいのでしょう。

> 次はシンプルなルゴサにしようかと考え中です。
ルゴサは寒冷地では良く育って良く花をつけてくれるようです。
色々な交配種がでているので、私もお迎えしたいルゴサを検討中です。
カタログを見てのバラ選びは、冬の愉しみでもありますね。

| katataka | 2015/11/15 00:51 | URL |

katatakaさん、私のブログに訪問、そしてコメントまで頂きまして、ありがとうございました!
とっても嬉しかったです。

原種系のバラ、うちでもルゴサのロズレ・ド・レイと言う子を植えているのですが、
この子はヒップはほとんど付かないのです・・・

次はシンプルなルゴサにしようかと考え中です。

こちらは冬が長いので、その間にじっくり考えたいと思います(笑)。

| hana | 2015/11/13 02:44 | URL | ≫ EDIT

hanaさん はじめまして。

hanaさん こちらこそはじめまして。
私の拙いブログに遊びに来てくださって、ありがとうございます。

トロントにお住まいなんですね。
hanaさんのブログ 拝見して来ました。
素敵にガーデニングをされているのですね。
夏の厳しい日本と違って、色々な花がなが~く咲いている様子に
驚きました。

> ローズヒップのなる子、気になってます。
ローズヒップ いいでしょう!
ローズヒプの成る薔薇は、原種系が多いのでそれこそ
手間いらずの薔薇ばかりです。
トロントでしたら、綺麗な紅葉も見られるのではないでしょうか?
日本の原種 野ばらは沢山のローズヒップが楽しめるので特にお薦めです。
ルゴサ系も寒冷地では良く育つのではないでしょうか?

やさしい庭の薔薇たちは、無農薬でなるべく手間を掛けないで育てています。
手抜き園芸で恥ずかしいのですが、お役に立てると嬉しいです。
これからもよろしくお願いいたします。





| katataka | 2015/11/12 02:14 | URL |

katatakaさん、はじめまして。

「ふたつの庭」のMayさんのブログから来ました。

ローズヒップ、どれも素敵ですねー。

私はカナダ・トロントに住んでいまして、
寒冷地なので育てられる薔薇に限りがあるのと、
平日は仕事で週末しか庭作業も出来ない、
プラス・エコガーデナーを目指しているので、
薔薇は本当に少ないのですが・・・

でもローズヒップのなる子、気になってます。

またお邪魔させて頂きますね。

| hana | 2015/11/11 01:01 | URL | ≫ EDIT

oldroseさん お久しぶりです。

お返事が遅くなってゴメンね。
夏の手入れを怠ったせいで、秋の薔薇はかなりしょぼい感じです。
それでも咲いてくれると嬉しいですね。
今年もカミキリの被害が凄くて、まだ全部退治できないでいます。

> 花が高い所で咲いている・・・って そんなに丈が伸びるのですか?
多分2メートル位は伸びていると思われます。
こちらもカミキリの被害で、1匹は退治したのですがまだいる感じです。
先日の梶先生の講座で、カミキリの被害にあわない為の対策として
ネットを巻き付けるのに銅線を使うと良いと言っていました。
試して無る価値あるかも?です。

> マリポサの講座 しばらくお休みなのね。
残念ですが、そのようですね。
また復活したら参加したいと思います。

| katataka | 2015/11/01 01:51 | URL |

mimihaさん こんばんは!

mimihaさん
お返事が遅くなってゴメンなさい。
秋バラは、花数は少ないけれどゆっくり眺られるのが
嬉しいですね。
こちらもそろそろ秋バラの季節も終わりでしょうか。

mimihaさんの所は、これから厳しい寒さがやって来るのですね。
園芸雑誌やバラカタログなど冬の誘惑が始まっているのでは
ないでしょうか?

| katataka | 2015/11/01 01:34 | URL |

こんにちは~~
秋の薔薇も綺麗に咲いてますね
春とはまた違った楽しみがいっぱいだわ
一季のものもヒップが楽しめるから嬉しいですね

ベーシーズのヒップは やっぱりシック♪
花が高い所で咲いている・・・って そんなに丈が伸びるのですか? 
ウチのはリベンジ3株目(汗)だけど なかなか大きくならないわ 冬の施肥を頑張ってみます

マリポサの講座 しばらくお休みなのね

| oldrose | 2015/10/28 17:46 | URL | ≫ EDIT

優しく咲いたバラの数々、どれも優雅という言葉が
相応しいさきかたですね。
冬に向けて、囲われてしまった我が家のバラたちは、来春まで
もう触ることもありません。
やはり、内地は良いなぁ。うっとりと眺めました。

| mimiha | 2015/10/28 07:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/618-175a5ada

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT