PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

梅仕事

    今日は、朝から土砂降りの雨降りです。  
    気温が24℃まであがりましたが相変わらず蒸し暑い
    一日でした。

    七ツ洞公園のMEGの作業でしたが、何故か作業の時間だけは
    雨が止んでしっかりと作業が出来ました。
    咲き終わったカンパニュラやラベンダーなどのハーブ類を
    切戻したり、倒れ込んだラムズイヤーの花を切戻し蒸れて茶色
    になった葉っぱを取り除いたり、繁り過ぎた草花を間引いたりと
    盛りだくさんの作業となりました。
    梅雨の時期、植物たちは風通しを良くしてあげないと蒸れて腐って
    しまうそうです。
    自分に庭も梅雨の合間に草花たちを見回る必要がありそうですね。

    今年もKさんから梅が届きました。
    りっぱな南高梅がキロ300円ととってもお安くて助かります。
梅0001
    熟した黄色い梅から爽やかな香りが部屋中に漂っています。
    まあるくて大きな梅は梅干になるとジューシーでとっても美味しいんです。
梅干0001_1
    梅5キロ 塩(今回は天塩)480グラム
    後でもみ紫蘇を入れるのでその分の塩分を抜いています。
    塩分は出来上がりが梅の一割で収まるようにしています。
    梅の一番上に塩を乗せて終わりです。
梅干0001_2
    ターッパーの蓋をピッタリと空気の入らないように閉めて
    気が向いた時、時々ゴロゴロ回しています。
    少ない塩でも、密閉したターッパーなのでその空気圧と
    ゴロゴロする事によりまんべんなく梅に塩が絡まるので
    ちゃんと梅酢が上がっています。
    漬け上がった頃を見計らって塩もみした紫蘇を入れ込んで
    仕上げます。
    後は天日に干して出来上がりです。    
    梅干0001
    昨年漬けた梅干です。
    塩分が少ないのでとっても好評です。
    蓋をしてつけるので、埃を気にすることもなく家の中に
    匂いが漏れる事もないので少ない量を付ける方にはお薦めです。
 
    梅の甘露煮   
  甘露煮0001
    完熟した南高梅の甘露煮は、破れないように仕上げるのは
    中々手ごわいです。
    針で穴を刺し人肌より少し熱いお湯になるまで煮て、
    お湯になったら取り替えてを何回か繰り返します。
    この作業をきちんとすると梅のアクが抜け皮が破け
    難くなります。
    最近50℃洗いが注目を浴びていますが、この温度と
    関係があるかも知れません。
    クッキングシートに切り込みを入れ、梅が踊らないよう
    弱火でシロップの中で煮ます。
    味がしみて自分好みの甘さになったら冷ましてさらに味を
    しみ込ませます。    
    梅甘露煮0001
    ひんやりと冷やした甘露煮はとても美味しいんです。

    それと美味しくて重宝しているのが梅味噌です。
    梅味噌0001
    梅1キロ  自家製黒豆味噌1キロ  砂糖1キロ (1:1:1)
    交互に重ねて常温で保存します。
    加熱する方法もあるようですが、自然の糀菌などが
    残ると思うのであえて加熱はしない方法で仕上げています。
    なんせ.ずぼらな性格なもんで・・(笑)

    そしてそしてルバーブのジャムです。
   ルバーブジャム0001
    真っ赤でしょう!
   ルバーブジャム0001
    ルバーブを2センチ位のザク切りにして砂糖を入れて煮ます。
    甘さは自分好みに調整して入れると良いと思います。
   ルバーブジャム0001_1
    強火で20分も煮ると繊維が崩れてジャムらしくなってきます。
     仕上げにレモン汁を入れると色合いが良くなります。
          ルバーブジャム0001
     そのままパンに付けてもヨーグルトにかけても美味しいです。
     ジャムとヨーグルトとオリーブオイルなどでドレッシングにしても、
     パウンドケーキなども美味しいですよー♪

     そして、今年も桑の実が沢山生りました。
桑0001
     狭い庭では小さく小さく剪定しているのですが
     毎年ちゃんと実を付けてくれます。
     大きく育てたらどれだけの実を付けてくれるのでしょうか?
     ちょっぴりかわいそうですね。
    桑ジャム0001
     桑はブルーベリーよりアントシアニンが多いとか。
     甘酸っぱくて桑(マルベリー)ジャムも美味しいですよ。

     季節季節の収穫物で作る保存食は楽しみがいっぱいです。

スポンサーサイト

| 暮らし | 21:59 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

リンさんへ

リンさん
こんばんは~
梅干 タッパーで漬けるやり方は簡単ですよー。
必ず完熟梅を使うのがコツでしょうか!
梅は4キロ以上あった方が失敗しないようです。
梅が手に入ったら試して見て下さい。
自家製は塩分調整が出来るのでお薦めですよー。

原村で初めて真っ赤なルバーブを見つけた時は感激しました。
緑のルバーブでも味は変わらないと思います。
こちらでも真っ赤なのは見当たらないですね。
原村で沢山買った筈なのに、ジャムにしたら少しになってしまいました。
また来年のお楽しみになりました。
ちなみに通販で手に入るようです。

| katataka | 2017/07/06 21:04 | URL |

おはよう~ございます~

梅・・・良いですね~
梅干し作った事なくて一度挑戦してみたいです

ルバーブ・・・近くで売ってるのは
赤い所が少なくって綺麗な色に仕上がらない
真っ赤なルバーブ羨ましいです

| リン | 2017/07/06 06:13 | URL |

azさんへ

azさん
おはようございます。
庭巡りも一段落したと思ったらたーくんがやって来ました(笑)
季節の物を旬にいただくのは美味しいし楽しみです。

梅干作りも味噌作りもターッパー販売の方に教えて頂きました。
とっても簡単で塩分少なめなので今まで続けられているのだと思います。
手作りは楽しいですね。

| katataka | 2017/07/05 08:06 | URL |

ssrgさんへ

ssrgさん
おはようございます。
庭つくりはエンドレス、気長に楽しみましょう♪
> 今年は我が家も梅干しを作る予定です。黄色くなってから収穫ですよね。
庭の梅で梅干が作れるなんて贅沢ですね。
タッパーさんが作ったタッパーを気密性に優れているいます。
今は日本タッパーウェアhttp://www.tupperwarebrands.jp/の通販で買えるようです。
梅漬けに使ったのはマキシクイーンデコレーターです。
もう20年近く使っているものです。

> やはり寒くないとダメなのかしら?
標高が高い所で栽培されているようですが、どうなんでしょう?
もしかしたらssrgさんの所なら栽培できるかも知れませんね。
好きな野菜を自由に作れるssrgさんの環境は羨ましい限りです。

| katataka | 2017/07/05 07:57 | URL |

masaさんへ

masaさん
おはようございます。
梅の収穫が一ヶ月も違うんですね。
甘露煮は冷たく冷やしてお茶うけにっぴたりです。
シロップを多めに作って梅ジュースの代わりにしています。
masaの梅シロップもそろそろ飲み頃でしょうか?
季節季節の物を食するのは、最高の贅沢ですね。

| katataka | 2017/07/05 07:39 | URL |

katatakaさん

この季節お忙しそうね。
でも庭仕事もそうですが
こういう仕事も後に繋がる楽しみ。

塩分少な目でも美味しそうにできていますね。
katatakaさんの長年の知恵。

| az | 2017/07/04 15:38 | URL | ≫ EDIT

前回はとても丁寧に教えて頂きありがとうございました。
これからうまくやっていけるといいのですが(#^.^#)

今年は我が家も梅干しを作る予定です。黄色くなってから収穫ですよね。
便利そうなタッパーですね。どこでも手に入りますか?

ルバーブジャム本当に真っ赤ですね。
お友達が信州で買ってくるルバーブも真っ赤でした。
やはり寒くないとダメなのかしら?

ご近所の桑の木が大木で2階の屋根くらいありそうで、えらいこっちゃと我が家の桑の木庭の横に移動しました。
残念ですが色づく頃は動物の餌になってしまいます。

| ssrg2015 | 2017/07/03 22:56 | URL |

katatakaさん こんにちは
梅の香りが漂ってきそうです。
寒露にもおいしそうですね。
梅シロップをつけたのが5月31日だったので、
こちらとは、約1ヶ月ぐらい違う感じなんですね。
自然の贈り物たくさんで、楽しい季節ですね。

| masa | 2017/07/03 14:12 | URL |

yokkoさんへ

ルバーブって手で折るのが正しいのですか?
知りませんでしした。
ルバーブを買った時についていたレシピに刻んでと書いてあったので
その通りにしましたが、手で折った方が良いのかも知れませんね。

生り物が鉢だと起こりがちですね。
私もジューンベリーに水遣りを忘れたら、真っ赤な実が干しレーズン
状態になってしまいました。
お互い、来年は水切れしないよう注意しましょう。

| katataka | 2017/07/03 03:37 | URL |

て仕事の成果が一杯ですね。

ルバーブは切ら無いで折って作ると教えてもらいました。
何かが違うのでしょうね。

我が家の桑の木も80センチ位の盆栽仕立で
長く晴天が続いた時に実が乾燥してしまい今年はお預けです。

| yokko | 2017/07/02 16:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/829-6c8e9282

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT