PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

七ツ洞公園

    今日は、気温が28℃しか上がらなかったのでとても
    過ごし易い一日でした。

    昨日の事ですが、七ツ洞公園でMEGの会がありました。
    イングリッシュローズの夏剪定の時期になりましたので、
    デビッド・オースチンテクニカルスペシャリスト・
    平岡誠さんの実践講座がありました。
七ツ洞公園0001
七ツ洞公園0001_19
    七ツ洞公園のバラたちは葉っぱを落とすことなく
    沢山のバラが咲き誇っていました。
七ツ洞公園0001_1
    夏剪定は、人間の都合で剪定すると言うのが前提のようです。
    剪定することなく咲きたい時に咲かせて、その都度花柄摘み程度に
    剪定するのもOKだそうです。
    自分の咲かせたい時期に一斉に咲かせたい時は、剪定をする必要が
    あるという事でした。
    七ツ洞公園では10月中旬位に一斉に咲いてほしいという事で剪定を
    しました。
    バラは剪定してから40日~45日位で花が咲くそうです。
    一番大事なのは、育てているバラの性格を知る事だそうです。
七ツ洞公園0001_14
七ツ洞公園0001_13
    草花もバラもこんなに沢山咲いていました。
七ツ洞公園0001_7
七ツ洞公園0001_8
    高さを決めたら、同じ高さに惜しげもなく枝を剪定しています。
    イングリッシュローズ(シュラブローズ)は、すべての枝にハサミ
    を入れる事によってそれぞれの枝に花が咲くそうです。
    同じ高さに揃えると、若い枝は早目の開花で古い枝は遅めの
    開花となり若い枝と古い枝では開花時期が一週間位ずれる
    そうです。
    こうして同じ株で長い時期花を楽しむには、若い枝と古い枝を
    混在させると良いそうです。
七ツ洞公園0001_9
    ハサミを入れる時は、目の上1センチ~5ミリの所を斜めに
    剪定すると良いそうです。
七ツ洞公園0001_18
    一斉に咲かせたい時はこんな新芽は切り取ってしまうそうです。

    スタンダード仕立ての剪定
七ツ洞公園0001_2
七ツ洞公園0001_3
    生育旺盛なバラはこんなに短く剪定していました。
七ツ洞公園0001_4
七ツ洞公園0001_5
    生育の悪いバラは5枚葉の上で揃えるくらいにした方が
    良いそうです。

    つるの様に伸びるバラ
モーティマー・サックラー0001
    このバラはモーティマー・サックラー. Mortimer Sackler
    ビュンビュンシュートが出ています。
    冬に新しい枝と古い枝を入れ替えるために、つるバラの様に
    伸びるので伸びているシュートは出来るだけ真直ぐに伸ばして、
    12月に新旧枝を更新してから誘引するそうです。
    細い枝や枯れ込んだ枝などは切り取った方が良いそうです。
アリスターステラグレイ0001
    こちらはアリスターステラ グレイ lister Stella Gray
    自由奔放に細めの枝がが伸びるのですが、こちらは低い位置に
    誘引しているのでそのまま伸ばしたままにするそうです。
    やはり枯れ込んだ枝などはきちんと切り取った方が良いそうです。
七ツ洞公園0001_6
    このバラはスノー グース Snow Goose
    ランブラーローズで四季を通してよく咲くしヒップも楽しめる
    バラです。
    柱に紐で縛って出来るだけ上に伸ばしてあげると良いそうです。
七ツ洞公園0001_16
    剪定された沢山のバラたちです。
七ツ洞公園0001_12
    MEGの会員の方々は手慣れたもので、平岡さんの説明が終わると
    サクサク剪定をするのでアッと言う間に終わってしまいます。
    きれいさっぱり散髪が終わったバラたちは、10月になったらまた
    美しい花を咲かせてくれるでしょう。
    施肥は冬に一度だけで良いそうで、追肥を上げたい方は
    花後すぐに上げた方が良いそうです。
    夏剪定時、肥料切れの株があった時は薄めの液肥が良いそうです。
    何回聞いても成る程・・がいっぱいでとっても楽しい講習会でした。
七ツ洞公園0001_11
七ツ洞公園0001_10
七ツ洞公園0001_15
    七ツ洞公園にはバラ以外の花も沢山咲いていました。
    これから涼しくなるとサルビア類が咲いて来るので、
    また違った雰囲気の公園を楽しめると思います。


    
スポンサーサイト

| 七ツ洞公園 | 22:33 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

花ぐるまさんへ

花ぐるまさん
こんばんは~!
ホント!今日はとんでもなく湿度の多い一日でしたね。

花ぐるまさんは、京成バラ園芸のお近くにお住まいなんですね。
身近にそんな素晴らしいお知り合いがいらっしゃるとは羨ましい限りです。
京成バラ園ではバラの誘惑も沢山あるのではないでしょうか?
バラにまつわるイベントも沢山ありそうですね。
こちらからは少し遠くて中々行けませんが、バラシーズン出かけて見たいと思います。

好きなバラを自然な雰囲気で咲かせられたらいいなぁ!と思って育てています。

| katataka | 2017/08/30 21:06 | URL |

七ツ洞公園

こんにちは
今日30日はムシムシした日になりました

七ツ洞公園はどこにあるのかな~って調べてみると水戸なんですね
ちょっと遠いな~と思いながら一度は行きたい所です

私の近くには京成バラ園というバラ園があってそれはそれはバラの殿堂のようなところです
バラを剪定した後、45日くらいで咲くことは知っていましたが、これは人間の都合のよいようにしているんですね
私の友人の息子さんにバラ育苗家がいらっしゃって、その人はNHKにも出演なさっている人なんですが薔薇のことは何でもよく知っている専門家です
そう言う人がいてもバラは難しいですね

| 花ぐるま | 2017/08/30 08:22 | URL |

ももいろアイスバーグさんへ

ももいろアイスバーグ さん
こんばんは!
実践の作業はとっても勉強になります。
何回聞いても忘れている所や新しい情報などが聞けるので有難いです。
ボランティアと言うより無料の園芸実習と言った感じがします。

> バラの剪定も咲かせたい時期に合わせて。。。なんですね。
> 何でもかんでも夏剪定しなくても大丈夫なんですね。
そうなんですよ。何だか安心してバラに向き合えるように
ピンポイントで教えていただけるので有難いです。
ブログではいい加減な事は言えない気がするので、一応メモを取っています。
それでも勝手な解釈をしている場合もあるかも知れません。
その所は許して下さいね。
剪定の様子見て下さってありがとうございます。

| katataka | 2017/08/30 00:46 | URL |

hiroroさんへ

hiroroさん
こんばんは~♪
公園のバラは見せるための薔薇で、家の薔薇は自分が楽しむための薔薇
だと思っています。
> なのでうちは咲きたい時に咲いてて頂戴って感じになってます。
私もhiroroさんとおんなじですよー。
その方が自分もストレスが無い気がします。

ROKAさんのブログの事、わざわざ教えて下さってありがとうございます。
今年は無理そうなので、来年同じ案内がありましたらお願いしてみようと思います。
今年はROKAさんの苗が出回るのを楽しみにしたいと思います。
hiroroさんの種まきの苗たち、どんな花が咲いてくれるか?とっても楽しみです。
一つだけの花が咲いてくれると嬉しいですね。

| katataka | 2017/08/30 00:38 | URL |

まあむさんへ

まあむさん
こんばんは~☆
こうして専門の方のお話はとっても参考になります。
夏剪定、自分の都合でいいんだ!っていう方が頭にインプットされて
極小庭は、まあむさんとおんなじエンドレス剪定です(笑)
施肥は年一回で良いとか・・自分が出来そうな、これでいいんだ!
と思うとより手抜きの方向へいってしまいます。
それでもバラが咲いてくれると嬉しいです。

| katataka | 2017/08/30 00:31 | URL |

RENOVAさんへ

RENOVAさん
こんばんは!
そして初めまして。
“やさしい庭”へお越しいただきありがとうございます。

七ツ洞公園は、同じ市内でも車で30分位の所にある
素敵な公園です。
RENOVAこそお近くに素敵な講演が沢山ありそうですね。

バラの剪定悩むところですよね。
公園のバラは見せるためのバラなので今回のような剪定をしていますが、
私のような極小の庭は、花が咲いたら随時剪定をしています。
バラは三年目の古い枝を切り取って新しい枝に更新するのが元気の秘訣だと思います。
初期段階の“切る勇気”が必要なのですが、この一歩が中々難しいんですよね。
一度切る勇気を経験してしまえば、後の手入れは楽になる気がします。

兎に角ずぼらなので、まぁいっか!ばっかりの自然任せの庭なんですよ。
なのでバラとの関わりも超適当なんです。
そんなブログですが、また気軽に遊びに来て下さったら嬉しいです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

| katataka | 2017/08/30 00:18 | URL |

こんにちは。七ツ洞公園の作業ご苦労様です。
みなさんベタランばかりでスムーズに作業が進んでいるんですね。
講義もなるほどと読んで思いました。バラの剪定も咲かせたい時期に合わせて。。。なんですね。
何でもかんでも夏剪定しなくても大丈夫なんですね。勉強になります。
katatakaさん、作業しながらメモしてるんですかすごいですね。
詳しく載せてくださってありがとうございます。(*^^*)

| ももいろアイスバーグ | 2017/08/28 21:22 | URL |

こんにちは!

いつ見ても素敵なところですね。
薔薇の夏剪定。
秋に一斉に咲かせるために、ですね。
なかなかうちで同じことやっても一斉には咲いてくれません・・・
なのでうちは咲きたい時に咲いてて頂戴、って感じになってます。

ROKAさんのブログで6月に種の無料配布の案内がありました。
https://ameblo.jp/pansy-tane/entry-12280061004.html
まだ残ってるか聞いてみられてはいかがでしょうか。

| hiroro | 2017/08/28 19:58 | URL |

こんにちは~♪

本とかネットとか育て方のレクチャーはいろいろあるけど
専門家のお話を直接聞けて、見ることができるのはいいですね。

それにしても、今咲いてるのをバサバサ切るのは
やっぱりできないかも。
私は結局いつもエンドレス剪定になってしまいます。

| まあむ | 2017/08/28 17:01 | URL |

はじめまして!!
ご自宅の近くにこんなすてきな公園があるんですか? 
しかもパラの講座も開かれるんですね。うらやましいです!

毎回、ガーデニングのプロやお上手な方々のわざを見たり、
話を聞いたりすると、思い切り良く剪定してらして、
もったいなくて中途半端になっている自分を反省するのですが、
なかなかできません。(万年シロートの理由ですね)

夏もお花の途切れないkatatakaさんの涼やかなお庭、
どんだけ手がかかってるんだろーといつも楽しみに拝見しております!

| RENOVA | 2017/08/28 15:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/844-7f3e2467

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT