PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バラ講座

    今日は、今までにない冷え込みで朝の気温が
    −5℃まで下がり空気が凍るような冷たい朝を迎えました。
    日中は10℃まで上がりましたが、曇っていて空気が
    冷たく体感温度はかなり低い感じがしました。

    昨日の事ですが「県北コミュニティガーデナー養成講座
    の第五回目の講座が開催されたので参加して来ました。
    今日は、楽しみにしていた梶みゆき先生のバラ講座の日です。
    10:00~15:00までたっぷりと充実した講座です。 
バラ講座0001
    講座では、梶みゆき先生の秋の庭に咲いたバラの
    アレンジや庭に咲くバラたちの様子などを、スライドを
    使って説明していただきました。
    
    外作業は、ローズガーデンでの実践作業となりました。
    かみね公園に化学薬品に頼らないローズガーデンを
    作ろうという事で、昨年1月に梶みゆき先生のご指導で
    バラ園に苗を植え付けてから一年が経ちました。   
バラ講座ナエマ0001
    一年で大きく育ったレナエRenaeの様子です。
    梶先生は熱心にバラの様子を記録されていました。
    こんな風に記録を取る事から始めるのが大事なのですね。
    レナエRenae クライミングポリアンサ     
バラ講座ナエマ0001_2
    まずはバラの枝の様子が分かるように葉っぱを
    全部しごいて落としました。
バラ講座ナエマ0001_1
    バラの内側から古い枝と細い枝を切り落として行きました。
バラ講座レナエ0001
    ぐるぐると凄くごちゃごちゃした枝がスッキリと誘引されて
    気持ちが良いほどです。
バラ講座ラマルク0001
     お天気も良くスッキリと晴れてローズガーデンから
     太平洋の真っ青な海が見渡せます。
     沢山の葉っぱが付いているのはラマルクLamarque です。
     ラマルクLamarque ノアゼット
バラ講座ラマルク0001_1
     みんなで手分けして葉っぱをむしったらあっという間に
     スッキリしました。
     ラマルクは、黒星病に強く四季を通して良く咲いてくれる
     梶先生お薦めのバラで、年末までよく咲いてくれたそうです。
 
    ローズアンティークさんから取り寄せた挿し木苗(大苗)を
    植え付けました。
バラ講座植え付け0001
     植え付け用の穴を掘り、一番下に炭を入れます。
バラ講座植え付け0001_1
     腐葉土、馬糞、牡蠣殻、有機肥料などを入れ込み
     土とよく混ぜ合わせます。
バラ講座植え付け0001_2
     棒を渡して苗が地面より深くならないよう植えこみました。
     地面より深くなってしまうと水が溜まり苗の生育が
     著しく悪くなるそうです。
バラ講座植え付け0001_3
     植え付けた苗の周りに水鉢を作りました。
バラ講座植え付け0001_4
     バケツ3杯分のたっぷりの水を回しかけました。
     実践講座では、丁寧に一つ一つ説明されていたので、
     参加された皆さんも今までの疑問が随分解消されたのでは
     ないでしょうか。
     梶先生の講座は、何回聞いても新鮮なヒントがあり
     何回聞いても飽きない素敵な魅力がいっぱいです。
     
     ローズガーデンに新しく四本のバラ苗を植え付けました。
   Tea  アルシデュック・ジョセフ Archiduc Joseph
   Noisette プレゼント・ヒル・セマタリーPleasant Hill Cemetery
   Early Floribunda グルス・アン・アーヒェンGruss an Aachen
   Tea デュセス・デゥ・ブラバンDuchesse de Brabant
    
     こうして新しいバラが加わってさらにローズガーデンは賑やかに 
     なりました。
     春のバラシーズンが楽しみです。
     
          
スポンサーサイト

| お出かけ日立 | 19:49 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

鍵コメさんへ

鍵コメさん
おはようございます。
講座ではお世話になりました。
メモを取らなかったので大雑把になってしまいましたが、
参考にして頂ければ嬉しいです。
そしておかしい所はご指摘いただけると有難いです。

こうして実践で講習をしていただけるのは、分かり易くて有難いですね。
植え付けでは、鍵コメさんが大きな穴を掘って下さったのでスムーズに
植え付けが出来たのだと思います。

梶先生が書かれた「12ヶ月のガーデニングバイブル」はとても丁寧に
書かれているので、無農薬で植物を育てるのにヒントが沢山隠れていると思います。
こちらこそ これからもどうぞよろしくお願いします。

| katataka | 2018/01/21 09:30 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018/01/20 16:01 | |

oldroseさんへ

oldroseさん
こんばんは!
お返事遅くなってゴメンね。
梶先生の講座は、昨年かみね公園に無農薬のローズガーデンを作ると
いう事になり、梶先生のご指導から始まりました。
こうして定期的にご指導いただく機会があるのは幸せですね。
刺激をいっぱい頂いたのに、庭仕事は中々進みません(笑)

レナエ oldroseさんの所では消えてしまったのですか?
レナエは植えたことが無いので今度挑戦してみようかな?と思います。
プレゼントの方も気になっているバラです。
気になるバラが段々増えているのですが、何しろ小さな庭の事、
どれかに絞らなくてはなりません。
広いoldroseさんの庭の様に好きなバラを植えられる環境は羨ましいです。
ローズガーデン、後2年位したら0ldroseさんに見て頂けるようになると思います。
コメント ありがとうございます。

| katataka | 2018/01/19 02:01 | URL |

こんばんは~~
梶先生の講習会も定期的に開かれて そちらは素晴らしい環境ですね
真冬も刺激がいっぱい♪
katatakaさんのお庭仕事が ますますはかどりそうですね

レナエ 我が家では消えてしまいました
一年で大きく育っていて 楽しみですね
プレゼントヒルセマタリー 大好きなお気に入りの薔薇です
いつか『かみね公園』にも伺ってみたいです

| oldrose | 2018/01/17 21:46 | URL | ≫ EDIT

miyakoさんへ

miyakoさん
こんばんは~
やはり実際にこうしてバラを見ながら講習していただくのと、
本の中だけで見ているのとでは頭に入って行くのが全然違いますね。
miyakoさんは色々な所で沢山勉強されているから沢山の知識がおありでしょう。
いつも丁寧に講習の様子などブログにアップして下さるので助かっています。

miyakoさ~ん
一年なのは、かみね公園のローズガーデンですよ~。
無農薬バラ歴は恥ずかしい位長いんです(笑)
なので長い間に集まったバラが細々と咲いている次第です。

冬は寒くて、バラ仕事、重い腰が中々上がりません。
miyakoさん 風邪など引かないようにお気を付けください。
コメント ありがとうございます。

| katataka | 2018/01/17 21:00 | URL |

こんばんは♪

katatakaさんも実地講習に行かれたのですね。
こうやって実技講習を受けられることは大変ありがたいことです。
剪定をやる前とやった後ではずいぶんスッキリしましたね。
植穴に炭を用いることは良いことですね~

そして驚いたのがkatatakaさんはバラをやり始めて一年なのですか!!
すご~い(@^^)/~~~
とてもたくさん上手に咲かせておられますわぁ♪
私はまだまだダメです。。
どうしても冬場はサボってしまいます(*´ω`)

| miyako | 2018/01/17 18:51 | URL |

花咲かじいさんへ

花咲かじいさん
おはようございます。

ローズガーデンを作り始めてやっと一年が経ちました。
立ち上げの時から梶先生がご指導して下さっているのですが、
毎回「目からウロコ!」の話が聞けるのは嬉しいですね。

梶みゆきさんは、無農薬でバラを育て始めた第一人者なんです。
私も無農薬でバラを育てるきっかけになったのが梶先生でした。
無農薬でバラを育てたいと先生の講座に通ったのはもう20年近く前になります。

ヨーロッパでは生態系を守るために、バラなども化学薬品は使わなくなっているそうで、
丈夫なバラの作出がのが必須のようです。

植え付けの時に底に炭を入れると根張りが全然違うようです。
花咲かじいさんも今度試して見てください。
今年は寒い日が続いていますので、暖かくして冬のバラ仕事頑張って下さい。
コメント ありがとうございます。

| katataka | 2018/01/17 09:31 | URL |

hiroroさんへ

hiroroさん
おはようございます。
底に炭を入れると根張りが違うようです。
ボランティアで成り立っているローズガーデンも
やっと一年が経ちました。
梶先生がご指導くださっているので力強いです。
新しいバラが加わってどんな風に咲いてくれるか楽しみです。
コメント ありがとうございます。

| katataka | 2018/01/17 08:58 | URL |

こんばんは! katatakaさん

長時間の講習お疲れさまでした。
中身が濃かったようで、多分あっという間に
終了したように思われたことでしょう。
プロの方から直接手ほどきを受けると
「目からウロコ!」の事が多いことでしょう。

今ヨーロッパではバラの無農薬栽培を目指しているとの
記事を読んだことがあります。
梶みゆきさんも取り組んでいるようで嬉しく思います。

鉢植えには炭を使ったことがありますが、地植えにも
利用すると良いんですね。

とても参考になりました。
有難うございます。


| 花咲かじい | 2018/01/16 21:29 | URL | ≫ EDIT

ももいろアイスバーグさんへ

ももいろアイスバーグさん
こんばんは~
梶先生の実践は分かり易くて為になりましたね。
私もメモできなかったので、写真を見ながら思い出しながらでした。
一日半?すっかりお世話になりました。

バラ仕事もいよいよ本格的にしなければなりませんね。
お互い、春を夢見て頑張りましょう。
コメント ありがとうごじます。

| katataka | 2018/01/16 20:02 | URL |

こんにちは!

底に炭を入れるんですね。
いろんな裏技がありますね。
勉強になってしかもガーデンに新しいバラが植え込まれて。
また春のローズガーデンの楽しみが増えますね。

| hiroro | 2018/01/16 19:58 | URL |

Re: タイトルなし

mimihaさんへ
竹の支柱や底炭など自然の物を使っているのは、嬉しいですよね。
頭で分かっている事を実際に見る事によって、自分のバラ栽培に
繋げて行けるので嬉しいです。

miyakoさんの所でも大野さんの冬仕事の記事をアップして
下さっているので有難いですね。
どちらも冬のバラ仕事にヒントがたくさんあって嬉しいです。
mimihaさんの所では、雪が溶けてからのバラ仕事になるのでしょうか。
お忙しいのに、コメントありがとうございます。


| katataka | 2018/01/16 19:46 | URL |

こんにちは。

やはりkatatakaさんは詳しく書かれていて勉強になります。
メモできないから忘れてしまって(笑)こちらを読んでメモします(笑)

一日の講座と言ってもなんだかあっという間でした。
気持ちばかり焦って・・・でもまだ庭仕事してません(笑)

| ももいろアイスバーグ | 2018/01/16 13:49 | URL |

レナエに竹の支柱を使用している事。さらに底には炭を入れること、とっても嬉しくなりました。
こんな風に実際に近くで見ること、イイデスネー^^
今日はmiyakoちゃんの所では、大野耕生さんが、そしてこちらでは梶みゆきさんと、すばらしいお二人の講座を見ることが出来て、とっても嬉しかったデス☆彡

| mimiha | 2018/01/16 08:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/903-e1d2c20d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT