PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第17回東京国際キルトフェスティバルⅠ

    今日は、朝起きたら一面銀世界でした。夜になって雨が
    降り出した記憶があるのですが、いつの間にか雪に
    なっていたようです。先日のような大雪では無かったので
    日中はかなりの勢いで溶けていました。
    最低気温が−3℃日中は5℃までしか上がらずかなり寒い
    空気の冷たい一日でした。

    今年も、妹からキルト展の招待券があるから行かない?と
    連絡があったので、日曜日に出かけて来ました。
    久しぶりの妹とのお出かけは嬉しく楽しかったです。

    第17回東京国際キルトフェスティバル
      ~2018年1月31日 
  
     特別企画展 若草物語をテーマにしたキルトたちの
     メインを鷲沢玲子先生が作られていました。  
キルト0001
キルト0001_1
キルト0001_2
キルト0001_40
     木の葉っぱや果物、食器や草花までみ~んなキルトの
     世界です。
     スライスのりんごやティポットもこんなものまで布?キルト?
     本当に繊細で素敵な作品です。
キルト0001_37
キルト0001_4
     鷲沢 玲子先生の作品は
     メグのウウェディングリングと言う題名が付いていました。

     そのお隣には、三浦百恵さんの作品です。
キルト0001_6
キルト0001_39
    私の人生~メグの場合~
    若草物語の四姉妹の長女メグをキルトで
    表現したそうです。
    旅先で出会った布やビンテージのリボンを使っているそうです。

    日本キルト大賞の作品です。
キルト0001_14
キルト0001_15
    眞田 雅子さんの作品です。
    華曼荼羅 古い着物や布団などの布地やビーズなどを
    あしらって華やかなキルトになっています。

    「はらぺこあおむし」で知られる絵本作家
    エリック・カールの額絵キルトたちです。
キルト0001_19
キルト0001_20
    福井暁子先生の立体的になっているキルトは
    前から見ても横から見ても楽しい作品です。
キルト0001_21
キルト0001_41
キルト0001_22
キルト0001_23
    色の表現を絵本と同じに表現されているのにも驚き、
    それぞれの作品の中に作家の方々の細やかな
    手法が使われていて、これが布?糸?驚くばかりです。
   
    つづく・・  
スポンサーサイト

| お出かけ東京 | 21:37 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

亜麻さんへ

亜麻さん
おはようございます。
鷲沢玲子さんのキルトは繊細で本当に素敵な色合いでした。
ティポットもお皿も花も果物もみ~んなキルトなんです。
布で何でもできるんだ~って思いました。
亜麻さんの所もお孫ちゃん男の子なんですね♡

おままごとの道具、男の子色で作ってあげたら喜ぶでしょうね。
投げても危なくないし(笑)
たーくんたまにやって来て愛そう振りまています。
孫って可愛いですね。
コメント ありがとうございます。

| katataka | 2018/02/01 09:01 | URL |

azさんへ

azさん
おはようございます。
azのキルトの作品は、キルト展に出品出来るくらいの腕前ですよね。
色合いも私好みで素敵でした。
また何かの機会の見せて頂けたら嬉しいです。

> 鷲沢玲子さんの作品当時から好きでした。
とても繊細な色合いの作品を作られる方なのですね。
私も好きな作品ばかりでした。

キルト展に行くたびに、技術や素材、デザインなどそれはそれは
素晴らしいものばかりで、芸術作品と言って良い位です。
いったいどれだけの時間をついやしているんだろうと、
気の遠くなってしまうような作品ばかりでした。
もう少し写真を撮って来たのでつづき見てくださいね。
コメント ありがとうございます。

| katataka | 2018/02/01 08:54 | URL |

miyakoさんへ

miyakoさん
おはようございます。
miyakoさんもキルトをされる方なんですね。
キルトをされる方って本当に尊敬してしまいます。
あんな細かい手仕事と布合わせが出来るなんて素晴らしいですね。

昔のパッチワークと全然違っていて、キルト展に並んでいる作品は
美大生以上のデザイン力と素材選び、技術力、どれもが合わさっていなければ
展示してもらえないんじゃないかと思える作品ばかりでした。
沢山の刺激を貰って来ました。

miyakoさん いつか作品が出来上がったら見せて下さいね。
楽しみにしています。
コメント ありがとうございます。

| katataka | 2018/02/01 08:52 | URL |

katatakaさん こんばんは。
鷲沢玲子さんのメグのウエディングキルト、素敵ですね~v-343
色使いがとっても好きです。
果物や野菜もキルトで作られているんですね。
私のもうじき2歳になる孫は男の子ですが、おままごとも好きなので作ってあげたら喜びそうです。
katatakaさんのお孫さんのたーくん、すごく可愛いですね^^

| 亜麻 | 2018/01/31 23:23 | URL |

ishidaさんへ

ishidaさん
こんばんは!
昔は古着の布を使って作られたキルトが今では芸術作品に変化しています。
こうしてブログにアップしてみると、さらに素晴らしさを実感しています。

三浦百恵さん=山口百恵さんですよー!
毎年キルト展に出品されています。

ishidaさんの奥様もキルトの作品を作られていたのですね。
あんな細かい手仕事の出来る人って素晴らしいと思います。
私はもっぱら拝見するのみです(笑)
いつもコメント ありがとうございます

| katataka | 2018/01/31 23:20 | URL |

yokkoさんへ

yokkoさん
こんばんは~
今年も行って来ました。
昔のキルトと違って、素材も技法も様々で驚きました。
デザイン力の素晴らしさも味わって来ました。
先日yokkoさんがアップしていた下田さんのニットの作品も
展示してありました。
日曜日のせいか、昨年より空いていた気がします。
コメント ありがとうございます。

| katataka | 2018/01/31 23:09 | URL |

こんにちは♪

わぁ、キルト展に行かれたのですね。
テレビでやっていて録画してあります。
今時のキルト展はすごいですよね。
手芸の手法がオンパレードで、ただのパッチワークではありませんよね。
刺激を受けて、昔のやりかけを仕上げようかと思いましたわ。
目が悪くなって根気が続かなくなりました。
もうだいぶ前の話なんですけど、材料がわんさか残っています。

| miyako | 2018/01/31 16:52 | URL |

katatakaさん

キルト大好きな私
よく見に行きましたけど
こんな大きなキルト展には出向かなかったと思います。

鷲沢玲子さんの作品
当時から好きでした。
懐かしい名前だ~

キルトも絵も写真もみんな創造の世界
それぞれの個性が光って見ていてワクワクするでしょ。

キルト展には行けないけど
こうしてkatatakaさんから詳しく魅せてもらって
久しぶりにキルトの♡になったわ。

| az | 2018/01/31 10:43 | URL | ≫ EDIT

キルト勉強になります!

katatakaさん

おはようございます。
キルトと云えば、スコットランドの民族衣装であるスカート状の伝統衣装を思い出しますが・・・。
キルトの新しい世界を紹介して頂きありがとうございます。キルトには色々な作品があるんですね。どれも素晴らしく心が癒されます。
ところで、三浦百恵さんとは、かつてスーパースターであった山口百恵さんのことですか? 紫色の作品は百恵さんそのものを表現しているようにもみえますが。
以前、私の家内は似たようなパッチワークをやっていました。

| ishida | 2018/01/31 10:21 | URL |

去年も見せて頂きましたね。
気持ちがほっこり、暖か苦なる作品ばかりですね。

NHKの番組ハンドメイドでも木をテーマに一般の方の作品を募り
日膣の作品に仕上げていると紹介がありました。

| yokko | 2018/01/31 10:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/910-df171891

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT