PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夜・梅・祭

     今日は、最低気温が4℃と随分暖かく感じられましたが
     日中は意外に気温が11℃までしか上がらず
     風の冷たい一日でした。

     今日は、偕楽園の“夜・梅・祭”でした。
     日本三大名園の偕楽園は、水戸藩第九代藩主徳川斉昭公に
     よって造園され、領民とともに皆で楽しむ庭園という由来で
     偕楽園と名付けられたのです。
     辺りが暗くなりかけた頃に歩いて偕楽園へ向かいました。
     心配された雨も止んで夜は雲もなく澄み切ったお天気になりました。
道路0001
     偕楽園近辺はかなり混雑していて車の列が連なっています。     
偕楽園0001
夜梅祭0001
    梅の花はほぼ満開を迎えライトアップされた梅林が
    幻想的な姿を現していました。
    先ずは好文亭の上(三階)から偕楽園を眺めようと
    入館しました。
    好文亭の中では色々な催し物をしていました。
七面焼き0001
    水戸の焼き物“七面焼き”の展示をしていました。
    水戸藩主 徳川斉昭公が取り組んだ焼き物だそうです。
    水府提灯の展示もありました。
提灯0001
水府提灯0001
提灯0001_1
    水府提灯は江戸時代に水戸藩の産業振興として生まれたのだそうです。
    また日本三大提灯の一つにもなっています。
    最近は色々な工夫がされていて、パンパンと手を叩いたりする
    と音に反応して点灯する提灯なども展示されていました。
てまり0001_1
てまり0001
    伝統工芸の常陸てまりの展示もありました。
    丸くて角が立たないという縁起物です。
    繊細な手仕事は色とりどりに仕立てられていてとても綺麗でした。
    薄暗い灯りの中の展示でしたのでもう少し明るい所で見たいと
    思いました。
夜梅祭0001_3
夜梅祭0001_4
    好文亭からの偕楽園の眺めです。
夜梅祭0001_2
夜梅祭0001_1
夜梅祭0001_5
    梅の花を模ったキャンドルアートが並んだ小道を散策するのも
    楽しいものです。
    偕楽園の孟宗丈を使った“竹ドーム”は色々な色に変化しています。
    そしてフィナーレを飾ったのは、大曲の花火で優秀賞をとった
    野村花火工業の花火でした。
花火0001_2
花火0001_4
花火0001_5
花火0001_7
花火0001_3
花火0001_1
花火0001_8
花火0001_9
花火0001_10
      短い時間でしたがそれは美しい花火の祭典でした。      
花火0001
     
      夜・梅・祭 一夜限りの祭典でしたが見どころが沢山あって
      とても楽しかったです。
      今年はさらに参加される人数が増えて気がしました。
      偕楽園の梅は満開を迎えています。
      今度は昼間梅祭に出かけたいと思います。

スポンサーサイト

| 偕楽園公園 | 21:25 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

azさんへ

azさん
おはようございます。
夜・梅・祭 灯りの演出も素敵でした。
三脚をもった人たちが花火を写そうと早くから陣取っていました。
azさんに足を止めていただいて嬉しかったです。
コメント ありがとうございます。

| katataka | 2018/03/18 08:24 | URL |

katatakaさん

幻想的な画像や夏を想像する画像
かわいいてまりの画像
コメントが遅くなってしまったけど
残して帰りたくなりました。

| az | 2018/03/17 12:48 | URL | ≫ EDIT

はたらき虫さんへ

はたらき虫さん
こんばんは~☆
お返事が遅くなって申し訳ありません。
こちらこそはたらき虫さんの所で読み逃げばかりで失礼しています。

はたらき虫さんも偕楽園を訪れた事があったのですね。
今では公園が整備されて随分と綺麗になり見どころも増えました。
夜の偕楽園を写真で楽しんで頂けたら嬉しいです。
コメント ありがとうございます。

| katataka | 2018/03/15 19:58 | URL |

まあむさんへ

まあむさん
こんばんは~
お返事がすっかり遅くなってごめんなさい。
まあむさんも偕楽園に訪れた事があったのですね。
偕楽園は偕楽園公園を散策して歩くと色々な見どころがあって
とても楽しい所です。

もう少し日にちがあればもっと多くの方々の夜の偕楽園の魅力を
見てもらえるのに残念です。

またいつか機会がありましたら水戸方面へお出かけくださいね。
コメント ありがとうございます。

| katataka | 2018/03/15 19:44 | URL |

katataka さん
いつも拝見させていただいてます
今回の偕楽園情報を感慨深く見せてもらいました
20年ぐらい前に、梅を観に行きました
一段と素晴らしくなった夜景!v-212
居ながらにして目にすることができて嬉しいです
ありがとうございます

| はたらき虫 | 2018/03/13 12:42 | URL |

こんにちは~♪

偕楽園は数年前の梅の季節に一度行ったことがあるのですが
夜の梅も素敵ですね~!
提灯や行燈の光に照らされた好文亭も
また風情がありますね。
1日限りのイベントではもったいない気がしてしまいましたが
でも、1日だからこそいいのかな… (*^^)

| まあむ | 2018/03/13 10:07 | URL |

ishidaさんへ

ishidaさん
こんばんは!
「夜・梅・祭」とても素敵なイベントでしょう?
日中から色々なイベントをしているので、早くから来園されている方も
多かったようです。

斉昭公が取り組んだ七面焼きは明治以降幻となっていたものを
復活させたものだそうです。
水戸に住んでいるのに中々水戸の文化に触れる機会がないので
このような催し物は有難いですね。
キャンドルは西の内和紙(茨城の手すき和紙)を使ったものだそうです。

花火を撮ろうと陣取ったカメラマンたちが素晴らしいカメラで撮影している脇で
バカチョンオートのカメラで撮った拙い写真なんです(笑)
日立でも河原子の花火は有名ですね。
コメント ありがとうございます。

| katataka | 2018/03/13 00:59 | URL |

ももいろアイスバーグさんへ

ももいろアイスバーグさん
こんばんは!
夜・梅・祭はとっても素敵なイベントなんです。
日本三大・・の中にいくつも入っているのですからもっと頑張って欲しいですよね。
水府提灯も日本三大・・だしね。
私も常陸てまりと言うのをこの年になって始めて知りました。

偕楽園の梅は満開を迎えています。
今週末位までは大丈夫そうなので時間があったらお出かけください。
コメント ありがとうございます。

| katataka | 2018/03/13 00:37 | URL |

ゆーさんへ

ゆーさん
こんばんは~
夜・梅・祭 今年もお天気に恵まれて一夜限りのイベントを
満喫する事が出来ました。
キャンドルや提灯の灯りに照らし出された梅の花は
何とも言えない風情を漂わせていました。
年々人出が多くなっているようです。

昔はどの家にも梅の木があった気がします。
梅の便りはゆーさんにとって懐かしい思い出なのですね。
ゆーさんの所も春を感じる季節になったようですね。
春が近づくとワクワク感が止まらなくなりますね。
楽しい季節の到来です。

ゆーさんの所は今頃が母の日なんですね。
素敵なご主人とかわいいお嬢さんとのお食事はそれは楽しかったでしょう。
マルウちゃんのお利口さんな事、ちゃんと場を弁えているなんて凄いです。
益々可愛くなってしまいますね。
コメント ありがとうございます。

| katataka | 2018/03/13 00:23 | URL |

夜・梅・祭 水戸は素晴らしいです!

katatakaさん

こんにちは。

偕楽園「夜・梅・祭」やはり車は混むんですね。
ライトアップされた夜の梅は、なかなか幻想的で素晴らしいです。
七面焼き、水府提灯、常陸てまり・・・
水戸地域の文化を生かした展示が楽しめて良いですね。
梅の花を模ったキャンドルアートや孟宗竹を使った竹ドームも
水戸を強く感じます。
野村花火工業の花火は、今までで一番「花」を感じとれる花火です。
写真うまく撮れていますね。一度、本物の花火が見たくなりました。
やはり水戸は素晴らしいです。

| ishida | 2018/03/12 14:37 | URL |

こんにちは。

水戸もいろんなイベントをしてるんですね(^^♪
これが一日限りなんてもったいないですね。こういうのをもっと
上手くアピールすれば茨城ももっと観光客が増えたり最下位に
なったりしないのかも(笑)
常陸手毬という伝統工芸も始めて知りました。

| ももいろアイスバーグ | 2018/03/12 12:30 | URL |

こんにちは。
夜・梅・祭、とっても幻想的で癒されそう~。
一夜限りだけとあって、多くの方が足を運ばれたのですね。
毎年人気アップな予感のイベントですね。

日本に居たころは庭の梅の香りが辺りに漂うと
春だなぁって実感できたものでした。
これから日本は良い季節に向かっていきますね!

| ゆー2010 | 2018/03/12 01:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://telesarose.blog98.fc2.com/tb.php/920-b05ef699

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT