PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三番目は

    今日は、気温が24℃まで上がり爽やかなお天気
    の良い一日でした。
    良く晴れたので紫外線バリバリな感じでした。

    今日も庭に茂った草花たちを抜いたり縛ったり、
    咲いている花を眺めたりと庭仕事をして愉しみました。

    ドワーフコンフリーは繁り過ぎて他の草花を追いやっています。
    まだまだ沢山の花を咲かせていますが、半分にしました。   
    キャンピオン類は、庭のあちこちに出没しています。
    大きく育ったものは小さく細っり♪と紐で縛ってあげました。

ナニワイバラ0001
     ナニワイバラは次々と花を咲かせています。
     真っ白な透明感のある花びらがお日様に透けて美しいです。
ナニワイバラ0001_1
     黒く見える点々は・・コガネムシです。
     バラが咲き始め虫たちの活動が活発になったので
     毎日の見回りが忙しくなりそうです。
     即テデト~ル&フミツブ~スの目にあいました。
ナニワイバラ0001_2
     真っ白な花びらに黄色の蕊がお似合いです。
     咲き終わったら直ぐに切り詰めたいと思います。    
黄モッコウバラ0001
黄モッコウバラ0001_1
     5日前は殆ど蕾だった黄モッコウバラも沢山咲いてきました。
     北側に植えてあるので家人以外の目にとまる事はないのですが、
     やっぱりこのやさし気な黄色に会いたくて植えています。
     黄モッコウバラ0001_2
       枝垂れて咲く様子も良いものです。
黄モッコウバラ0001_5
     お日様が当たっている所は、やっぱり元気に見えますね。
黄モッコウバラ0001_4
     水色の空にモッコウバラの黄色は良く似合いますね。
     こちらも咲き終わったら古い枝は根元から切り取りたいと
     思います。
    
オールドブラッシュ0001
    そして三番目に咲いたのは
    オールド・ブラッシュ・チャイナ Old Blush Chinaです。
    調子が悪かったので切り詰めたせいか、草花に埋もれて
    上を向いて咲いていました。    
スウィートロケット0001 
    スウィート・ロケットもさらに沢山の花を咲かせています。
    背が高くなり過ぎたものは少し切戻してあげました。
    横枝が分岐してさらに沢山の花を咲かせてくれるのを
    期待したいと思います。
    
    他のバラたちにも蕾に色が見えて来ました。
    次に咲くのは何のバラでしょう。
    庭仕事の愉しみはまだまだ続きます。    

    

| | 21:10 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は庭仕事

    今日はお天気も良く庭仕事にはうってつけの
    一日でした。
    バラが爆発する前の庭仕事は盛り沢山です。
    こぼれ種から発芽した草花や宿根草などが大きく
    育ち過ぎて、他の草花に覆いかぶさっています。
    それらを間引いたり切り戻しをしたりしていると、
    中から小さな草花が隠れていたりしています。
    こんな事をしているとアッと言う間に庭仕事の時間は
    過ぎてしまい、お昼を食べるのも忘れてしまいます。   
ナニワイバラ0001
    ナニワイバラはまだポツリポツリと咲いている感じです。
    気温がそれ程上がらないのでゆっくりの開花になっています。
    こんな風に他のバラたちもゆっくり咲き進んでくれると、
    ゆっくりバラを眺めるられるのですが、今年のバラシーズンは
    どんな風になるのでしょう?
庭0001_1
庭0001
    真っ白なキャンピオンも咲き出しました。
ヤグルマギク0001_1
ヤグルマギク0001
    ヤグルマギクは、ピンクや紫など色別に種を撒いたのですが
    交配されてしまっているようで、色々な色が出て来ました。
    ここに陣取ったのはシックな赤黒い色をしたヤグルマギクでした。
    咲いてみないと何色か?分からないので、バラと上手くコラボして
    くれるのかちょっぴり心配です。
スウィートロケット0001
    スウィートロケットも咲いていました。
    こちらもこぼれ種から育ったものです。
    去年より少しピンクが強い気がします。
    やさしい香りを振りまいています。   
クレマチス0001
    気が付けば、バラの陰で真っ白なクレマチスも
    咲いていました。
八重ユキヤナギ0001_2
八重コユキヤナギ0001
八重ユキヤナギ0001_1
       プツプツと粟のような蕾を付けていた
       八重のユキヤナギもいよいよ咲き始めました。

| | 22:23 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二番目は

    今日は、気温が26℃まで上がり暑さを感じましたが
    午後に雷が鳴り雨は夕方まで続き急に寒くなってしまいました。
    気が付けば今日から5月、いよいよ嬉しいバラの季節が
    やって来ました。
    “やさしい庭”は、ブログを始めて
    8年目を迎えることが出来ました。
    こんなに長く続けられるとは思ってもいませんでしたが、
    皆さんの暖かい応援があって続けられたんだなぁ!
    しみじみ思います。
    これからもどうぞよろしくお願いします。
 
    庭は、緑のジャングルに少しずつ色が付き始めました。
    カナーバードに次いで咲いたのは・・
モッコウバラ0001
    やっぱりモッコウバラでした。
    ご近所さんでもモッコウバラを植えている所を
    沢山見かけます。   
カナリーバード0001
    カナリー・バードCanary Birdもさらに咲き進みました。
ヒメウツギ0001
ヒメウツギ0001_1
    アーチの足元では、ヒメウツギが真っ白い花を咲かせています。
    小さな苗を植えてから何年たつでしょうか?
    毎年少しずつ増えて沢山の花を咲かせてくれます。
クロバナフウロソウ0001_2
クロバナフウロソウ0001
クロバナフウロソウ0001_1
クロバナフウロソウ0001_3
    気が付けばクロバナフウロソウも咲き出しました。
    東側のこの場所が気に入ってくれたようです。
    年々大株になってくれて嬉しい限りです。
ブルネラ0001
    大好きなブルネラもクロバナフウロソウの脇で
    競争しているかのように良く咲いてくれています。
チョウジソウ0001
チョウジソウ0001_1
    淡い青紫色の星型の花を咲かせているのは丁字草です。
    この何とも言えない色合いも大好きです。   
ゴールドコイン0001
キャンピオン0001
    ラナンキュラス・ゴールドコインがまあるい黄色の花を
    咲かせています。
    ランナーでどんどん増えるので花が咲いた後は半分に
    減らそうと思います。
    でも花のない時期には欠かせない花なんです。
    手前では、こぼれ種からのキャンピオンが咲いています。   
オダマキ0001
オダマキ0001_1
    こんなオダマキも咲いていました。
    ピンク色をしているのはオダマキピンクランタンです。
    絶えたと思っていたので咲いてるのを見つけた時は
    とっても嬉しかったです♪

    さあ次はなんのバラが咲くのかな?
  
    

| | 22:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラは足踏み

     庭のバラたちはちょっぴり足踏みをしています。
     そんな中、雫をまとった山芍薬が可愛いと言うか?
     美しいと言うか?うっとり眺めてしまいました。     
山芍薬0001
山芍薬0001_1
山芍薬0001_2
     雫に朝日が差し込んでとってもやさし気に咲いています。
山芍薬0001_1
山芍薬0001
     日中は花びらが開いて覗いた赤い蕊もいいでしょう♪
     バラの咲く前のお楽しみです。
バラのしずく0001
     バラの葉っぱに溜まった雫が何とも可愛らしい♡
庭0001
     庭は草花がぐ~んと背を伸ばし緑のジャングルは
     バージョンアップした気がします。
オダマキ0001
オダマキ0001_1
     オダマキ・ブラックバードがこぼれ種から咲いていました。
オダマキ0001_2
     毎年色々な所にこぼれ種から咲いていたオダマキですが、
     今年は少なくなってしまいました。
     やっぱり種蒔きをしないと絶えてしまうのでしょうか?
エンゴサク0001
エンゴサク0001_1
      コリダス・チャイナブルー(エンゴサク)も次々に花が
      上がって来て嬉しい♪
      この花色 好きなんです♡

*************************************
      水戸市植物公園で先日石積みの見学をした
      ドライ・ストーン・ウォーリングの石積が出来上げっていました。
石積0001_1
石積み0001
石積0001
      木々の緑と石積みの色合いがとってもお似合いで、
      素敵なハーブ園が出来上がっていました。     
植物公園0001
      植物公園にはバラが無かったのですが、いつの間にか
      イングリッシュローズが沢山植えられていました。
      今月最終週には沢山のバラが咲き誇っている事でしょう。
      このバラは今日植栽したばかりのバラだそうです。

      水戸市植物公園では開園30年記念のイベントとして、
      薬草のトークショーなども催されていました。
      またフラワーマーケットが開催されていて、会員の方々
      が丹精込めて作られた誘惑の多い草花たちが沢山並んでいました。
      お値段もお安くて超お買い得でしたので、ついつい手が伸びて
      しまいました。
      アストランティア・ホワイト  ワタナベソウ  山あじさいオーレア
      ルドベキア・ヘンリーアイラーズ  イングリッシュ・ポピー
      ウィンターヘリオトープなど
      庭はもりもり、さあ何処へ植えこみましょうか?  

| | 20:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラが咲きました。

    今日は、気温が21℃まで上がり爽やかに晴れ渡り
    とてもおだやかな一日でした。

    桜の開花が遅かったので、今年のバラは例年通りなのでは?
    と思っていましたが、その後暑い日が続いたせいか昨年と
    同じ日にバラが咲き始めました。
カナリーバード0001_3
    今年の一番乗りもカナリー・バードCanary Birdでした。
    始まりはやっぱり黄色なんですね。
カナリーバード0001_2
カナリーバード0001_1
カナリーバード0001
    一重の花は、花も蕊も黄色。時間と共に白っぽく
    退色して行きます。
    本来はとんでもなく大きく育つ品種のようですが、
    もう十数年になるでしょうか?小さな庭では肥料を
    上げないで大きくならないよう育てています。
    枝垂れるように咲くので垂れ下がる場所に植えています。   
ナニワイバラ0001
    ナニワイバラもパーゴラの上の方で咲き始めました。
    こちらも自由にしておくと大暴れする品種ですが、小さく剪定しても
    毎年裏切る事無く咲いてくれます。
    椿のようなツヤツヤの葉っぱに一重の白いバラはお似合いです。
    一度しか咲かないのにこの花に会いたくて手放す事が出来ません。
    いよいよバラシーズンの幕開けです🌹
庭0001
庭0001_1
    庭は緑のジャングルと化しています。
    そんな緑色の中に少しずつ色が入って来ました。
白山吹0001
    黄色い山吹より一足遅れて白い花も咲き出しました。
    花後黒い実がなりますが、そこら中に種がこぼれて
    芽を出しています。
    大きくなり過ぎるので鉢の中に植えています。
山芍薬0001
    山芍薬はまんまるい蕾が真っ白に変わりいよいよ咲きそうです。
    先日アップしたのより少し花が大きい気がします。
    やっぱり可愛いな♪
シラユキゲシ0001_1
シラユキゲシ0001
    可憐な花を咲かせているのはシラユキゲシ 白雪芥子 です。
    花は可憐なのですが、とっても繁殖力旺盛で手間いらずなんです。
利休梅0001
    利休梅は実生の苗を頂いてからもう数年たっています。
    鉢植えにしておいたのですが一向に花が咲く様子は
    なかったのですが、やっと咲いてくれました。
    地植えにすると3mにも成長するそうです。
    暫く鉢植えのまんまで様子を見て見たいと思います。
チューリップ0001
    いつの間にか原種のチューリップが咲き出しました。
    黄色は苦手・・と言いながら色々な黄色が登場しますね(笑)
    去年はもっと花首が長かったような・・
ホウチャクソウ0001
    ホウチャクソウにも沢山の花がさいていました。
ハッカクレン0001
    気が付けば八角蓮ハッカクレンがこんなに大きくなって
    蕾までついているではありませんか。
    赤い花に会えるのももう直ぐです。   
ハッカクレン0001_1
    こぼれ種から子供が増えていました。
    二年目の八角連にも蕾が付いています。
    こんなに増える品種だとは思いませんでした。
    北側の薄日の差す所に植えています。
    もらって下さる方がいたらお嫁にだそうと思います。

    一番乗りのカナリーバードが咲き始め次に咲くのは
    モッコウバラでしょうか?
    バラは次々に蕾を上げています。
    ワクワク感が止まらない嬉しい季節、庭に出るのが楽しみです。  

| | 19:13 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT