≫ EDIT

梅仕事

    今日は、朝から土砂降りの雨降りです。  
    気温が24℃まであがりましたが相変わらず蒸し暑い
    一日でした。

    七ツ洞公園のMEGの作業でしたが、何故か作業の時間だけは
    雨が止んでしっかりと作業が出来ました。
    咲き終わったカンパニュラやラベンダーなどのハーブ類を
    切戻したり、倒れ込んだラムズイヤーの花を切戻し蒸れて茶色
    になった葉っぱを取り除いたり、繁り過ぎた草花を間引いたりと
    盛りだくさんの作業となりました。
    梅雨の時期、植物たちは風通しを良くしてあげないと蒸れて腐って
    しまうそうです。
    自分に庭も梅雨の合間に草花たちを見回る必要がありそうですね。

    今年もKさんから梅が届きました。
    りっぱな南高梅がキロ300円ととってもお安くて助かります。
梅0001
    熟した黄色い梅から爽やかな香りが部屋中に漂っています。
    まあるくて大きな梅は梅干になるとジューシーでとっても美味しいんです。
梅干0001_1
    梅5キロ 塩(今回は天塩)480グラム
    後でもみ紫蘇を入れるのでその分の塩分を抜いています。
    塩分は出来上がりが梅の一割で収まるようにしています。
    梅の一番上に塩を乗せて終わりです。
梅干0001_2
    ターッパーの蓋をピッタリと空気の入らないように閉めて
    気が向いた時、時々ゴロゴロ回しています。
    少ない塩でも、密閉したターッパーなのでその空気圧と
    ゴロゴロする事によりまんべんなく梅に塩が絡まるので
    ちゃんと梅酢が上がっています。
    漬け上がった頃を見計らって塩もみした紫蘇を入れ込んで
    仕上げます。
    後は天日に干して出来上がりです。    
    梅干0001
    昨年漬けた梅干です。
    塩分が少ないのでとっても好評です。
    蓋をしてつけるので、埃を気にすることもなく家の中に
    匂いが漏れる事もないので少ない量を付ける方にはお薦めです。
 
    梅の甘露煮   
  甘露煮0001
    完熟した南高梅の甘露煮は、破れないように仕上げるのは
    中々手ごわいです。
    針で穴を刺し人肌より少し熱いお湯になるまで煮て、
    お湯になったら取り替えてを何回か繰り返します。
    この作業をきちんとすると梅のアクが抜け皮が破け
    難くなります。
    最近50℃洗いが注目を浴びていますが、この温度と
    関係があるかも知れません。
    クッキングシートに切り込みを入れ、梅が踊らないよう
    弱火でシロップの中で煮ます。
    味がしみて自分好みの甘さになったら冷ましてさらに味を
    しみ込ませます。    
    梅甘露煮0001
    ひんやりと冷やした甘露煮はとても美味しいんです。

    それと美味しくて重宝しているのが梅味噌です。
    梅味噌0001
    梅1キロ  自家製黒豆味噌1キロ  砂糖1キロ (1:1:1)
    交互に重ねて常温で保存します。
    加熱する方法もあるようですが、自然の糀菌などが
    残ると思うのであえて加熱はしない方法で仕上げています。
    なんせ.ずぼらな性格なもんで・・(笑)

    そしてそしてルバーブのジャムです。
   ルバーブジャム0001
    真っ赤でしょう!
   ルバーブジャム0001
    ルバーブを2センチ位のザク切りにして砂糖を入れて煮ます。
    甘さは自分好みに調整して入れると良いと思います。
   ルバーブジャム0001_1
    強火で20分も煮ると繊維が崩れてジャムらしくなってきます。
     仕上げにレモン汁を入れると色合いが良くなります。
          ルバーブジャム0001
     そのままパンに付けてもヨーグルトにかけても美味しいです。
     ジャムとヨーグルトとオリーブオイルなどでドレッシングにしても、
     パウンドケーキなども美味しいですよー♪

     そして、今年も桑の実が沢山生りました。
桑0001
     狭い庭では小さく小さく剪定しているのですが
     毎年ちゃんと実を付けてくれます。
     大きく育てたらどれだけの実を付けてくれるのでしょうか?
     ちょっぴりかわいそうですね。
    桑ジャム0001
     桑はブルーベリーよりアントシアニンが多いとか。
     甘酸っぱくて桑(マルベリー)ジャムも美味しいですよ。

     季節季節の収穫物で作る保存食は楽しみがいっぱいです。

| 暮らし | 21:59 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガーデンソイル

    今日は、気温が27℃で一日中曇りの過ごし易い
    一日でした。

    気が付けば、ガーデンソイルに出かけてから一週間も
    経ってしまいました。
    今頃ですがガーデンソイルに今年も行って来ました。
    爽やかな八ヶ岳の後だったので、ソイルは30℃近く気温が
    上がってとても蒸し暑いカンカン照りの暑い日でした。
唐沢鉱泉0001
    八ヶ岳庭巡りの後に宿泊した八ヶ岳唐沢鉱泉です。
    炭酸温泉で有名な秘湯と言うので泊まって来ました。
    舗装した道路から砂利道に変わって6キロの山道を
    走ると到着します。
    炭酸温泉の源泉かけ流しの鉱泉は、じんわりと炭酸の気泡が
    体にまとわりついて体を芯から温めてくれました。
    体ポカポカお肌ツルツルとっても良い温泉でした。
    朝起きて窓を開けた時の空気の美味しい事♪
    ここに泊まった理由の一つには、原村の自由農園が
    近くなのでそこで真っ赤なルバーブを買いたかったのでした(笑)

    朝食を済ませ向かったのは自由農園です。
    目的のルバーブをゲット出来ました。
    この時期だけにしかお目にかかれないルバーブは店頭に並ぶと
    直ぐに売り切れてしまうそうです。
    そして一番のメイン、ガーデンソイルに向かいました。
    一般道、高速を使って約2時間の道のりです。
ガーデンソイル0001
    見慣れた風景のガーデンソイルに到着です。    
ガーデンソイル0001_2
    お店には素敵なガーデングッズや苗などが所狭しと
    並んでいました。
ガーデンソイル0001_17
    ガーデンソイルのシンボルツリーのフリーシアは
    年々大きくなっています。
ガーデンソイル0001_1
    少し前に長野のアンジェラさんの所に訪れた時バラが
    満開でしたが、ガーデンソイルの方が少し涼しいのでょうか。
    ランブラーが満開で出迎えてくれました。
ガーデンソイル0001
    ボビージェームスでしょうか?
    少し大きめの一重のバラとファンタンラトゥールが
    駐車場で出迎えてくれました。
    バラの甘い香りが漂っています。
ガーデンソイル0001_3
ガーデンソイル0001_4
    ガーデンの中に足を踏み入れると、大きく育った
    ランブラー(バラ)たちが草花と共演しています。
    広い所で伸び伸びと育ったバラたちが
    ニコニコしているように見えました。
    真っ白な花が塊りになって降り注いでいます。
    ランブリングレクターでしょうか?
    バラだけでな宿根草や一年草などが気持ち良く植栽さえています。
ガーデンソイル0001_10
ガーデンソイル0001_11
    ポールズ・ヒマラヤンムスクのアーチは、終盤を迎えて
    いましたが少し咲いているだけで周りを明るくしてくれています。
ガーデンソイル0001_8
ガーデンソイル0001_7
ガーデンソイル0001_4
     小さな庭では持て余してしまうブラッシュランブラーですが
      こうして小屋に絡ませて風景の中に入り込んでしますと
      素敵な演出が出来るのですね。
      黄色い花穂のバーバスカム、ホーリホック、アナベル、
      ヒルザキツキミソウ、ノラニンジンなどなど、数えきれない
      程植物が植えられています。
ガーデンソイル0001_9
     ローブリッターがコロンとまあるい可愛らしい花を
     咲かせています。     

ガーデンソイル0001_12
ガーデンソイル0001_7
ガーデンソイル0001_5
ガーデンソイル0001_14
     こんなアーチの咲くバラも素敵です。
     アーチの下では銅葉のフェンネルが良い味だしています。
ガーデンソイル0001_1
    サクシセラが色々な所に咲いていて庭の演出に
     役立っていました。

ガーデンソイル0001_2
ガーデンソイル0001_5
     ホーリーホックも見事に咲いています。
     ブラックと組み合わせたクラリーセージも素敵です。
ガーデンソイル0001_16
ガーデンソイル0001_15
ガーデンソイル0001_6
     何処をどんな風に切り取っても絵になるガーデンです。
     こんなに広いのに地面が見えない位草花が植えこんで
     いるのも凄いです。
     初めて訪れたのは何年前だったでしょうか?
     ガーデンはまだ今の半分ぐらいで、バラはあまり姿を見
     なかった気がします。
     年々素晴らしい庭に仕上がっています。
     秋のガーデンソイルも素敵だそうです。
     
     八ヶ岳庭めぐりはこれで最終章となりました。
     長い事お付き合いくださったみなさんありがとうございました。
     
     










| お出かけ長野 | 22:33 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七ツ洞公園

   今日は、七ツ洞公園でマルシェがあり、
   園芸王子こと三上真史さんが来園し
   MEGがそのサポートをする予定なのにまさかの雨降りです。
   天気予報も午前中は雨マーク!ガッカリです。
   所が所がです。時間になったら雨はすっかり止んだでは
   ありませんか。
   嬉しいことに一日中曇りになりました。
七ツ洞公園0001
   早めに出かけたので各店舗準備中でした。
   そんな中地元野菜の販売は始まっていて、
   キャベツ・キュウリ・ダイコン・ジャガイモなどの新鮮野菜が
   なんと100円!朝いちばんのお買い上げとなりました(ニコニコ)
七ツ洞公園0001_5
七ツ洞公園0001_1
   ヒペリカムが黄色い花を咲かせて出迎えてくれました。
七ツ洞公園0001_3
七ツ洞公園0001_6
   バラたちは一番花が終わって一休み、二番花の蕾を
   沢山つけていました。
   夏の花が咲き始めるまえの小休止と言った所でしょうか。
七ツ洞公園0001_8
   三上さんが秘密の花苑を案内してくれるイベントには
   沢山の方々が参加して下さいました。
   水戸市植物公園園長西川さんと三上さんとのトークも
   とても楽しかったです。
   三上真史さん、一日ご一緒させて頂きましたが、趣味園での
   爽やかイメージはそのまんまで一日中爽やかを振りまいて
   いました。
   園芸界の人気者なのもうなずけました。
七ツ洞公園0001_4
   三上さんが公園内のバラやハーブなどを摘み取って、
   即興でタッジーマッジーを作って下しました。
   アレンジメントの資格も取得していると言う三上さん
   アッと言う間に香りの花束の出来上がりです。
   ハーブの効用や花言葉など、花の知識がポンポン
   飛び出します。
   花束の作り方も、国際バラとガーデニングショーで
   お馴染みのローラン・ボニッシュさんに伝授されたそうです。
   ジャンケン大会で花束を受け取られた方はラーッキーですね。 
七ツ洞公園0001_2
七ツ洞公園0001_10
七ツ洞公園0001_7
七ツ洞公園0001_9
   花の少ない時期でも、葉っぱの色で色々な風景が
   楽しめるよう植栽されています。
   アナベルが真っ白いアナベルが咲きアナベルに合わせた
   ヘメロカリスが良い具合に咲き始めています。
   黄色のヤロー(ノコギリソウ)と赤いバラもお似合いです。
   ハーブたちも伸び伸びと花を咲かせています。
   これから夏の宿根草たちが花を咲かせてくると思います。
   梅雨の合間に七ツ洞公園へお出かけください。
   

| 七ツ洞公園 | 21:41 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八ヶ岳庭めぐりⅢ

     今日は、気温が29℃まであがり真夏の様に
     蒸し暑い一日でした。

     八ヶ岳二日目はとても爽やかなひんやりとした
     空気に目覚めました。
八ヶ岳0001
八ヶ岳0001_2
     お天気最高!澄み渡った空気の美味しい事!
     富士山やアルプス北岳から八ヶ岳まで見えました。
     山々が重なった奥に見える富士山の姿も良いものです。
八ヶ岳0001_3
八ヶ岳0001_4
八ヶ岳0001_1
     八ヶ岳0001_4
     九輪草(クリンソウ)の群生地に行って来ました。
     木々の木漏れ日の中で咲く九輪草の美しさに驚きました。
     期待していなかった分感激が倍増された感じです。
八ヶ岳0001
八ヶ岳0001_1
八ヶ岳0001_3
八ヶ岳0001_2
     自生のドウダンツツジなどが満開を迎え、自生の物は
     こんなに大きくなるのかと思わず見上げてしまいました。

     今年もNさんの庭を見せて頂けると言うので行って来ました。
     九州からやって来て永住されて三年目の庭です。
     三年目と言ってもガーデニング歴は何十年?バラや草花を
     九州からコンテナで運んで来たそうです。
N邸0001
N邸0001_1
     midorinosizukuさんの所から車で7~8分の所ですが、
     標高が少し低くなるそうでバラが見事に咲いていました。
N邸0001_2
     フロックスやジュバタムなどが効果的に使われています。
N邸0001_6
N邸0001_7
     群星がアーチに絡んで見事に咲いていました。
      N邸0001_3
      N邸0001_9
     ブルーフォーユーとジュード・ジ・オブスキュアも良い感じで
     咲いていました。
      N邸0001_10
    こんな色のエルムルスを見たのは初めてです。
    良い色だなぁ♪
    Nさ~ん お忙しいのに急に見せて頂きありがとうございました。

    そろそろお腹も空いてきたので、かたかごと言う素敵な
    お店に案内して頂きました。
         かたかご0001_2
かたかご0001かたかご0001_1
    旬の野菜を使った創作料理のお店で
    私が頼んだ野菜のちまきがメチャクチャ美味しかったです。

    美味しいランチの後はシンプリーガーデンへと向かいました。
    こちらも車で30分位の所ですが標高がグンと低くなり600m位
    でしたので、暑い暑い30℃越えの暑さでした。
    春に水戸市の植物公園で、神谷さんの
    英国伝統石の空積み“Dry Stone Walling”の様子を見たので、
    神谷さんの手が入った石積を見て見たいと訪れました。
シンプリーガーデン0001_8
    黄緑色のフリーシアが大きく育ち爽やかな葉色が
    暑さを和らげてくれます。
シンプリーガーデン0001_1
シンプリーガーデン0001
    イギリスで買い求めたステンドグラスやオーナメントなどを
    上手に石積みの中に入れ込んでイギリスらしい雰囲気を
    出しています。
    こちらの石積は、オーナーの佐藤春子さんが手積みした
    物だそうです。
シンプリーガーデン0001_2
    庭の奥には背丈よりも遥かに高い石積があり、こちらは
    神谷さんの作品だそうです。   
シンプリーガーデン0001_6
シンプリーガーデン0001_3
シンプリーガーデン0001_5
シンプリーガーデン0001_4
    石積みを借景にしたガーデンはそれはそれは沢山の
    草花が咲き乱れていました。
    それぞれの草花の色の組み合わせがとっても素敵でした。
シンプリーガーデン0001_9
    パーゴラに誘引されたバラが咲いていました。
    こちらはいよいよバラシーズンも終盤を迎えていました。
    シンプリーガーデン0001_7
     木蔭のテラスでお茶とケーキをご馳走になりました。
     採れたてのジューンベリーのケーキは洋菓子研究家
     加藤千恵さん直伝だそうです。
     しっとりとしてとっても美味しかったです。
     ゆったりとテラスでお茶を頂きながら庭を眺めるのは
     最高の気分ですね。

     さらに車で30分、原村のペンションわれもこうさんの
     庭も見せて頂きました。
     こちらは標高1300mという事で随分涼しく感じました。
     バラは原種のバラが咲き始めていました。
     中でもよく咲いていたのがこのオリエンタルポピーです。
われもこう0001
われもこう0001_2
われもこう0001_1
      われもこう0001_3
      われもこう0001_4
    広い庭にはオリエンタルポピーがお似合いです。
    この花色は魅力的ですね。
    まあるい蕾も咲き終わった後の蕊も魅力的です。
    毎年こぼれ種で増えているそうです。
    合わせているアリウム ブルガリカムも素敵でした。
    
    とっても中身の濃い庭めぐりの旅でした。
    midorinosizukuさん二日間お付き合いくださって
    ありがとうございました。
    長い記事にお付き合いくださった皆さんも
    ありがとうございました。
    
    実は、ガーデンソイルへとつづく・・
    

| 山梨 | 21:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八ヶ岳庭めぐりII

    今日は、気温が22℃と気温が低く激しい雨と
   風が一日中吹いて台風のようなお天気でした。

   萌木の村を後にして、車で10分位のmidorinosizukuさんの
   庭へ向かいました。
   今年は気温の低い日が続いてバラが少し遅れているそうです。.
   それでも早咲きのバラが咲いていました。
M邸0001_3
M邸0001
M邸0001_2
   それぞれがさらに大きく育って、バラや草花で地面が見えない程に
   なっていました。
   草花を沢山植えこんでいるお蔭で草があまり生えないそうです。
M邸0001_4
M邸0001_6
M邸0001_5
   母屋を通り抜けて庭に出ると、ブラッシュダマスクの
   甘い香りが漂っています。
   香りが良くかわいらしいこのバラはジャムにするのに
   最適だそうです。
M邸0001_17
M邸0001_21
   コーネリアが随分濃い色で咲いていました。
   アーチはご主人の手作りだそうで、色々な所に
   素敵な構造物がありました。
   バラを邪魔しない工夫がとても繊細に施されていて、
   上から見るとバラの葉っぱの様にも見えました。
M邸0001_14
M邸0001_15
M邸0001_16
    ハイブリットルゴサのスノーペイブメントが大きく育ち
    素敵さをアピールしていました。
M邸0001_18
M邸0001_19
    自生しているエゴの木には沢山の花が咲いていました。
    首が痛くなるほどつい上を見上げてしまいます。
   M邸0001_9
   M邸0001_22
    マダム・ハーディやクイーン・オブ・デンマークなどの
    オールドローズは、花が咲く前のこの飾り額の美しさが
    たまりませんね。
   M邸0001_13
M邸0001_10M邸0001_11
     ムンスッテドウッドやレイニーブルー
     アグネスなどが咲き始めていました。
   M邸0001_12
   M邸0001_7
     フロックスやゲラニウムなど下草も素敵に
     植栽されていて、バラだけでなく草花と木々との
     バランスがとても良く、とても落ち着ける素敵な庭でした。
M邸0001_20
     庭の草花を使ったアレンジのなんて素敵なんでしょう。
     アレンジに新鮮な花を使いたくて色々な種類の草花を
     植えているそうです。
     八ヶ岳の生徒さんは、庭の新鮮なバラや草花を使って
     レッスンが出来るそうです。
     なんて贅沢なレッスン何でしょう。
     これからがバラ本番と言った所でしょうか?
     近かったら毎日でも通いたいそんな素敵な庭でした。
     
    次に向かったのはご近所のKさんの庭です。
    週末ガーデナーのKさんですが、今年もお会いできて
    嬉しかったです。
K邸0001
K邸0001_4
    庭で出迎えてくれたのはハイブリットルゴサの
    ピエレットペイブメントです。
    年々大株になり今年は沢山の大きな花が咲いていました。
    広~い庭には、こんな大型種がお似合いです。
K邸0001_1
    シャクヤクも大きく育っていました。
    鹿の通り道になっていて鹿が食べない植物しか
    生き残れないそうです。
    鹿に食べられない植物を試行錯誤して上手に庭を
    作られています。
K邸0001_2
K邸0001_5
    アンチューサのブルーが素敵です。
    日あたりと乾燥気味の土地がお気に入りなのでしょう。
    私の小さな庭では蒸れて無くなってしまいました(涙)
K邸0001_8
    斑入りのエゴポディウム(岩三つ葉)とキャットミントの
    色合わせが素敵です。
K邸0001_6
    アストランティアも大きく育って沢山の花が
    咲いています。
K邸0001_3
K邸0001_7
    ベランダからの眺めです。
    オルレアの白とキャットミントのラベンダー色の組み合わせが
    とっても素敵です。
    こんな広~い庭を週末ガーデナーとして作られているのです
    から素晴らしいですね。
    テラスでお茶を頂きながら庭を眺めるのは最高に素敵な
    気分でした。
    根っ子が生えそうになってしまいました。
  
    お二人の自然な雰囲気の庭は全て無農薬です。
    そんな素敵な庭を見せて頂きありがとうございました。
    midorinosizukuさんには次の日も目一杯お付き合い頂きました。
    二日目へとつづく・・

 


  

| 山梨 | 23:02 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT